日本通信テザリング vs イーモバテザリング

日本通信のSIMカードを使ったテザリング(以下、日本通信テザリング)とイーモバのEMチャージを使ったテザリング(イーモバテザリング)を比較してみました。使用条件や制約によって当然違いがありますので、参考まで。

初期費用は同等とみなして運用コストで比較

日本通信のスマホ電話SIMカードでテザリングを使う場合、Turboチャージよりも1GB付や2GB付の月額定額のデータ通信プランが断然お得ですが、今回の使い方ではかなり費用がかかりそうです。

イーモバのEMチャージを使う場合初期費用が必要です。元々2年縛りを中途解約したpocketWifiをもっていました。なのでEMチャージ自体の初期費用がよくわかっておりません。

以下、初期費用は同等とみなして純粋に運用コスト等で比較してみたいと思います。

自宅と同じ使い方で2GB/日の通信量だった

大阪にて夏休みにいろいろ周りホテルや知人宅などの宿泊先でゆっくりと自宅と同じような使い方をしたい。具体的には、YouTubeで動画鑑賞、メールやSNS、フォトストリームといった使い方です。

今回6日間で使った通信量は、

  • 受信 1.8GB/日
  • 送信 0.2GB/日

でしたので、2GB/日でした。

日本通信テザリングでの費用見積もり

2,000円(*1) + 3,600円/1GB(*2) x 10GB = 38,000円
(*1:月額定額プラン(2GB)を選択したと想定)
(*2:Turboチャージ(500MB)を選択したと想定)

日本通信の月額定額プランではこの場合2GBまで実行速度5Mpps程度で通信可能ですが、それ以降は150Kbpsになってしまいます。上記のような自宅と同じ使い方は到底望めませんのでオプションとしてTurboチャージを10GB分繰り返したと想定して算出しています。

イーモバテザリングでの費用見積もり

315円/日(*3) x 6日 = 1890円
(*3:一日定額プランを選択したと想定。10末までのキャンペーン価格。通常価格は2倍の630円/日)

現在一日定額プランが315円のキャンペーン価格でお得でした。今回は6日なので一日定額を6回連続プラン更新するという方法です。これがもし7日以上(一週間)だと一日定額よりは一週定額の方が割安になります。キャンペーン期間でなければ「一日定額7日以上」でなく「一日定額4日以上」なら一週定額の方が割安ですね。

まとめ

日本通信テザリングでは帯域制限のない定額プランがないので、今回のように旅行先にて自宅と同等の通信環境を家族に提供するには全く力不足という結果でした。

イーモバテザリングの場合は、通信環境としては申し分ないものの費用はそれなりに掛かります。元々2年縛りがイヤでEMチャージにしたのですが、年数ヶ月以上このような使い方をするなら契約を見直した方がよいかも知れません。

旅行先(家族に自宅環境提供)や出張先(業務用にモバイル環境構築)での使用を想定した場合には、それぞれイーモバのEMチャージによるテザリング、日本通信のSIMカードによるテザリングで十分のようです。

以上です。

これは脅威!?「消せない火」の次は「壊せない巨大HDD」のある世界

さまざまなネットサービスを通してクラウドに保存された個人情報や行動記録などのデータが削除不可能なことは間違いないでしょう。あるクラウドサービスのメニューに「削除」があるからといって本当に「削除」できると考えるひとはいないと思いますがどうでしょう。実際巨大クラウドサービスのひとつであるGmailでは削除できるメールはひとつもありません。「すべてのメール」を見れば全部出てきます。

もしかすると、「そんなことはないですよ。見れなくなるメールもあります」という方がおられるかも知れません。

問題は「完全消去できているか」検証できないこと

問題はユーザの提供した個人情報や行動記録が本当に削除された(完全消去)か検証できないことです。数学理論と違い、「存在すること」は証明不要ですが、「無いこと」は証明できません。データが削除されたかどうかは検証不可能なのです。

また、「昨今のクラウドでは、データ量があまりに膨大すぎて、データの追加はできるが更新や削除のような処理にコストをかけている余裕はない。更新はデータ追加とポインタの付け替えで、削除はポインタの削除で済ます。元データに触る手間をかける必要はない」と見ます。Hadoop(MapReduce)のような究極的なデータ処理技術の根底にある思想や仕組みをみてもそれは明らかであるように思います。

企業はデータ削除にコストを掛けられない

誰も証明できないことのために、しかも誰も気にしていないもののために、わざわざコストをかけることを企業はしません。この場合の「企業」を「NPO」や「個人」に置き換えても同じでしょうが、データ追加のための設備保全に巨額を投資する企業の場合、それは切実な命題でしょう。

先般のE.S.(江戸語雪電、つまらない当て字で申し訳ありません)による告発以前と以後でクラウドに対するユーザの接し方が変わっていくように予想しますが、当局に情報を渡す/渡さない以前に、クラウドに一旦保存した個人データは完全消去されることなく保存されているものだという認識が果たしてユーザにあるのかどうか。

クラウドのデータが完全消去不能である事実が、いつまで「誰も気にしていないもの」でありつづけるんでしょうね。

ほんの10年ほど前でも、情報流出回避のためPC内のハードディスクの内容を完全消去するというポリシーは希薄でした。今では当たり前のポリシーですが、当時、そうした情報流出の可能性を技術的に理解していた技術者は大勢いたと思いますが、個人データや企業データや顧客データがそんなところから流出するという危機感は、社会としても、あまりありませんでした。フランスなどとは違い本当に日本人は性善説を信奉する国民です。技術を知らないひとが「HDDをフォーマットしたからいいだろう」と技術の本質を知らずに判断していたのでしょう。どなたかのたとえにありましたが、「HDDのフォーマットは、本でいうと目次のページを破り捨てたり白塗りしたりしたに過ぎない。そのあとの膨大な内容本体は一切改変されずに残っている」と。日々クラウドに蓄えられる膨大な情報は、これからも完全消去されることなく積み上げられていくことでしょう。

原発を「消せない火」とするなら、クラウドは「壊れない巨大HDD」です

クラウドの方の表現は黙示録に出てきませんが、いまやクラウドは、HDDが一定確率で壊れることを想定したフォルト耐性が極めて高いシステムになっています。格納された情報は、決して損なわれることのないシステムの中で、しかも瞬時に検索可能なものになっています。砂浜で落とした指輪のように、「存在することは明らかだが探しだすのは不可能に近い」ものでは決してなく、「どこかに行っちゃった。ごめんね」で済ませられない問題になるかも知れません。

やはりある程度の自己防衛が必要では?

こうしたことは杞憂に過ぎないのかも知れませんが、やはり

  1. そもそも電子データを作らない
  2. 必要なデータもクラウドには保存しないでバックアップも含め自分で管理する
  3. どうしてもクラウドに保存する場合には、暗号化するか、生データではなく流出しても問題ないものに改変しておく
  4. なにが起こっても自己責任であると考える

等の優先順位を心がけてある程度の自己防衛を施すべきでしょう。

関連記事

これは脅威!?「消せない火」の次は「壊せない巨大HDD」のある世界
伏兵がいたとは!?パスワード管理の話
遺伝子にまでパッチが当てられる時代なんですね、現代は!
日本では既に情報提供が行われていると見るべきでしょうかね!?

以上です

改題しました「ES告発後の情報社会 クラウドに保存したデータは削除できるのか!?」

微生物の500億「匹」?カビ退治に効きそうですね!

産経新聞のコラム「オススメ!助かりグッズ」で紹介されていた

「バイオお風呂のカビきれい」

bio_ofurokabukirei_200x200

を試そうと取り寄せてみました。家の近くにハンズ等ありますが、面倒なので楽天の通信販売で取り寄せました。ものが小さいためかメール便での送付が可能なようで送料も安く、ハンズは定価だろうからお得かなと。

微生物の500億「匹」の表現がいかにもじわじわ効きそうな気がした

【オススメ!助かりグッズ】「バイオお風呂のカビきれい」 – MSN産経ニュース

この中に、

お風呂の掃除が終わったら、仕上げにこれを天井の中央部分に貼り付けるだけ。およそ1カ月で本体内部の約500億匹の微生物が活動を始め、カビを二酸化炭素と無機物に分解してくれるため、気になるカビの繁殖や嫌なにおいを防いでくれます。

という記載があります。

蝶々の数え方に一「頭」があるのをご存知かも知れませんが、微生物の場合500億「匹」なんですね。ちなみにウイルスも「匹」なんですね。それと関連してか、コンピュータウイルスの場合も「何万匹というCVがCD内にウヨウヨしている」なんて表現を見たことがあります。どれも肉眼では見えませんが何か「ウヨウヨ」感が凄くて、「いかにも効きそう」って感じました

実際の効きは?

これから使い始めるのでまだなんとも言えませんが1ヶ月ほどで違いが出てくるのでしょう。夏ならもっと短いのかな。主な使用目的は、「部屋干し」ならぬ「お風呂干し」で、洗濯物の臭い(移り香?)が改善できないかというところなんですが...

以上です。

海外SIMでテザリング使用時のiCloudの盲点、他

定額ブロードバンドに慣れた生活をしていると、海外での仕事や旅行時にネット接続で思わぬ出費になることがあります。乏しい経験の中からですが注意すべきポイントをいくつか紹介します。

モバイルというのは、ネット接続が前提で便利になっています。メールしかりTwitterしかりFacebookしかりです。

ただ、モバイルの通信コストは、FTTHやADSL等の固定型の通信コストに比べて、かなりの割高になります。日本国内ではモバイル定額が当たり前になってきていますが、実速度は固定型の10分の1以下であるのが実情です。なのでかなりの割高であるといわざるを得ません。

これが、海外旅行等で使う機会の多い海外SIMの場合、

  • 500MBいくらというような容量従量制のものを選択
  • 主に使うのはメールやTwitterやFacebookや写真SNS

という前提でネット環境を設計される方が多いのではないでしょうか。

海外SIMでテザリング使用時のiCloudの盲点

最近では、大容量のデータをネット経由で送受信するサービスの中にも、ネット種別によりサービスを制御してくれるものが出てきました。iOSでいうと「FaceTime」にしても「フォトストリーム」にしても、3GやLTEなどのモバイル通信では陽に設定しないと起動しません。

ところが、WIFI経由だと有無を言わさず起動されます。Wifiのもとが定額ブロードバンドだと問題ありませんがPocketWifiなどのルータを使った海外SIMのテザリングによるWifiの場合、困ったことが起こります。

たとえば、

  • フォトストリーム
  • 産経新聞の無料紙面ダウンロード

の場合、WIFI経由だとデフォルトで起動されます。そしてあっという間に大容量を消費してしまいます。とくに、私の場合、産経新聞の紙面のスナップショットを保存する習慣があるのでこれには参ります。

  • フォトストリーム。テザリングしていると、2台構成で2倍に増幅されますので本当に注意が必要です。スナップショット自体はネットを経由しませんがフォトストリームで怒濤の転送が始まります。海外SIM経由の端末はすべて設定変更しなければいけないようです。もちろん、写真を撮る端末がひとつと決まっている場合はそれだけiCloudのフォトストリームを「オフ」すれば他に転送されないので心配ありません。問題なのはいろいろな端末で写真をとって、ひとつの端末でブログなどの記事にそれらを使う場合などです。
  • 産経新聞の紙面コピー。こちらは2台構成で3倍に増幅されます。サーバからのダウンロード。スナップショットを契機としたフォトストリーム(2台分)。こちらはダウンロード自体を諦めるのがいいかと。

海外SIM運用時のdropboxの盲点

上記のように容量の喰うサービスというのは結構3GやLTEモードのとき自動識別してネット転送を制御してくれたりしますが、サービスによっては、うまく認識してくれない場合があります。

そのひとつがDropboxのカメラアップロードです。自動処理なので本当に知らぬ間に貴重なネット資源が消費されてしまいます。短時間に、しかも大量に。

他にも結構あるのかも知れません。この手の盲点は。

以上です。

町田にできた懐かしのラーメン店「なんでんかんでん」に行ってきました

町田に関するTwitterアカウント

  • 変わりゆく町田の町並み@km_machida、
  • WithMACHIDA@withmachida、
  • 町田市観光コンベンション、
  • 町田経済新聞@machidakeizai

さんからの情報で知りました。

町田にできた懐かしのラーメン店「なんでんかんでん」に行ってきました

nandenkanden_320x240x90p

今から20年程まえのことですが、確か環七沿いに本店があったんですよね。当時、ア無線仲間とラーメン屋めぐりをしていて、みなで行ったのを覚えています。本当にうまかったですね。生きててよかったと感じてましたね。その想いも蘇りました。

それがこの町田店で蘇りました。海苔の文字も懐かしい

ただ座敷調の家族席と違いカウンタは足元がちょっと暗めだからか昼なのに蚊がいたようで、Gパンをはいてくればよかったなあと、ちょっと後悔。メニューは文字も大きく中高年に優しいと感じました。

自宅から歩くと、ちょっと遠いけれど自転車だと(坂が大変ですが)すぐの距離なので、これからもお世話になると思います。

町田は本当にいろいろあるところです。

最近気付いたのですが、町田には英語等の外国語表記が異常に少ないですね。よく外国の方を見かけるし観光資源も結構揃っている土地だと思うのですが、中国語、韓国語、英語等の外国語表記が少ないのは、ビジネスの機会損失のような...

以上です。