日本通信Turboチャージ vs 公衆無線LAN

日本通信のSIMカードを使ったTurboチャージによる高速通信(以下、日本通信Turboチャージ)とモバイルポイントなどの公衆無線LAN(以下、公衆無線LAN)の使用感を比較してみました。使用条件や制約によって当然違いがありますので、参考まで。

高速通信の目的は「いざというときの通信環境確保」を想定

携帯メールやSNS、地図アプリなどいつでもどこでもその場で使いたいものについては、いちいち「近くの公衆無線LANを探して」などというのはあまり現実的ではありませんよね。家族など親しい間なら、携帯メールよりも、2011年から解禁となったキャリア間SMSを使うのも手と思います。文字数制限がありますが非常に便利です。海外とも送受信できますしね。また、最近では高齢者向けに「LINE」による簡単な通信手段が提案されているようです。こちらも試してみる価値がありますね。

以下、仕事で資料をやり取りする、画像データをUP/DOWNする、アプリをインストールするなどしたいとき、とにかく大きな帯域がほしい場合の両者の使用感について報告します。

日本通信Turboチャージの使用感

日本通信Turboチャージは私が計測した地点(JR町田駅そばのMAC)では実効速度3Mpps程度で通信可能でした。ここ数ヶ月で設備の改善があったのか、実はちょっと前まで実効速度300Kpps程度だったのです。それが今ではその10倍です。時間軸を常に考慮しないといろいろ判断を誤りそうです。

公衆無線LANの使用感

ワイアレスゲートの月額定額プラン(385円)を試してみました。主にmobilepointですが(というかこれしか繋がらなかった)、これが遅くてとても公衆無線LANとは思えない程悲しい速度(実効速度200Kbps程度)でした。都心など別な地点で測定すると結構出てましたので、これが実力ではないですよね。ここ(JR町田駅そばのMAC)では、何度かアプリのインストールをキャンセルした覚えがあります。

まとめ

日本通信Turboチャージでは月額定額プランがないので高額になってしまう可能性がありますが、いざというときには大変頼もしい存在でした。

公衆無線LANの場合は、場所によってはよいのでしょうが、自宅を含め私の周りではとても「公衆無線LAN」とは言えない通信環境でした。実効速度さえよければ、安価ですし、非常に強力なツールになるには違いありません。上にも書いたように、こうした環境はあっという間に良くなります(悪くもなる?)ので、時間軸の考慮も必要ですね。半年や1年に一度見直す機会を設けるなどしたいです。

以上です。

 

タイ・バンコクの市場で異形の金魚に遭遇した!?

もう数年前の話になりますが、タイ・バンコクのホテルのそばにある有名な市場にいったときの話です。

もともと古本か何かを探すためだったかと思いますが、回ってみるとかなりやばいところのような気がしました。

bangkok_ichiba_320x220

この市場にはいわゆる稀少生物のようなものも扱われているようで、「ワシントン条約もへったくれもない」というような、「これどうやって手に入れたの?」「買ってもどうやって運ぶの?」「どうやって国外に持ち出すの?」というようなものがワンサカでした。だからかどうか知りませんが、撮影禁止の張り紙を掲示しているところもありました。

異形の金魚を発見

ここで見つけたのが、

bangkok_goldfish_359x269

これです。目の玉が異常に膨らんだのでしょうか。そこにうっすら血管が見えるのが痛々しい。

買ってどこかに放してやるわけにもいかず、このままここで餌をもらいながら生かしてあげるのがいいのでしょうね。案外タフなのかな。

携帯をスラれてしまいました

この市場には観光客も多いですがタイ人も多いです。Gパンなどの衣料品やら磁器やら工芸品やらありとあらゆるものが結構安く出ているからでしょう。ひとが多いので悪いひともいます。この日も携帯をスラれました。背負っていたリュックがちょっと空いていて抜き取られたようです。日本で使用していた携帯がなくなっていました。ほぼ同じところにあったSIMフリーの海外携帯は無事でした。その市場で売り場を持つタイ人の知人に聞いたところ、よくある話だそうです。中国にあるような泥棒市はないかとたずねると笑っていました

盗まれた携帯は海外旅行傷害保険携行品損害で賄えるのですが、皆さんよくご存知のように日本の携帯はかなり安く手に入るので、免責金額(そのときは3000円でした)とほぼ相殺されてしまうため、請求はやめにしました。

以上です。

タイ・バンコクのホテルでジュースが爆発

[追記しました@20131022]

もう数年前の話になりますが、タイ・バンコクのホテルに滞在したとき買い置きしておいたジュースが爆発してしまった話です。

タイ・バンコクのBTSを降りるときいつも飲むのが、パッションフルーツジュースでした。

バンコク・BTS駅構内「soontra」 パッションフルーツ 18B ※1B=約3円 – なんちゃってグルメレポーターの食日記

にも紹介されているパッションフルーツのジュースがとにかくうまくて、何本かまとめて買っておいてあとで冷やして飲もうと考えていました。

パッションフルーツジュースを大人買い

数本買ってホテルのテレビの上に置いて、そのまま夜のバンコクへ。

ホテルの部屋に帰ってきてビックリ!

数本あった色とりどりのジュースのフタがすべて空いていて、あたり一面ジュースで汚れている。

「なんじゃこりゃ!?」と思い一瞬で納得。暑さでフタがはじけ飛んだのでした。普段BTSなどで売られており、買ってすぐ冷たいうちに飲むもので、私の行った耐久試験のような消費の仕方は想定されてないのですね。

チェックアウトのときクリーニング代として200B取られました。

みなさんもバンコクにいったときには是非飲んでみてください。日本で見たことありませんが、恐らく癖になりますよ。飲料メーカには是非販売してほしいですね。くれぐれも高温放置しないでくださいね。

[追記:20131022]

日本で売っていない、なんて嘘八百でした!

上で日本で見たことがないなどと書いてますが、ネットで「パッションフルーツ」で調べるとたんと出てきていますね。日経新聞あたりで紹介されたもの等もあるようで、本当に知らないことは恐ろしい。バンコクのとどれだけ違うか早速試してみようと思います。

以上です。

焼けるんプレート、オススメ!助かりグッズ

[追記しました@20180818]

産経新聞5/30のオススメ!助かりグッズで紹介されていた

「焼けるんプレート」

が気になっていたのですが、とうとうGETしました。以下その紹介です。

楽天ショップで購入しました。定価1420円だけど1020円は消費税込みなので、ポチっとしてみました。

お盆に実家に帰省したとき、ひと世代前(?)の「焼けるんプレート」を発見しました。そういえば親父もそうしたものをGETしたと話していました。

ひと世代前のものとの大きな違いは「フタ」があること

実家のと今回購入したものとの大きな違いは「フタ」があること。新しいものに「フタ」があるのですから、それなりに意味がありそうに思いました。

そしてその意味はすぐに分かりました。サンマの開きで初めて調理してみたとき、フタがあるにも係わらず、かなり身がはじけ飛んでいたので、フタが無ければ凄いことになるでしょうね。実は、たとえフタがあったとしても、(「開き」ではなく)「新物」だと電子レンジ庫内の6面すべてを掃除することになりましたので、フタがあってもなくても、材料がはじける場合にはキッチンペーパでうまくカバーしてあげる必要がありそうです。

で、サンマの味はというと、今回大根を切らしていたのでおろしは添えられませんでしたので、うすくち醤油のみでいただきました。うまかったです。

完全電化のマンションなどで重宝するのでは

焼き魚特有の煙などとは無縁に美味しいものをいただけるので、特にガスの使えない完全電化のマンションなどで重宝するのではないでしょうか。

[追記:20180818]

電子レンジ内の魚の臭いは、他にもいろいろ使う機器ですので、普段魚料理をしていないひとには特に耐えられないかも知れませんね。取り扱い説明書に、少量の茶葉と水を沸騰させて電子レンジ庫内の臭いを取る(消す?)方法が載っていますが、これが効果テキメンでした。他にも応用できるTipsですね。

以上です。

ちょっと掃除するだけでPCの性能が4倍になった

実はこれはちょっと嘘が混じっています。性能が4倍になるはずがなくて、買った当初の性能に戻ったというべきで、逆にいうと掃除しないと性能が極端に下がってしまうことの裏返しでもあります。

工業製品には、想定する使用環境というのがあって、よくPCソフトなどの注意書きで、

CPUはこの世代以上、
搭載メモリはxxGB以上、
HDD容量はxxGB以上、

などというものを目にします。あと温度のところでよく「結露しないこと」などと書かれています。

そこには「定期的に掃除してください」とはあまり書かれていません。

PCの性能が4倍にアップするのを体験

でもこれで掃除前に比べ性能が4倍にアップするのを体験しました。

メーカや技術者や部品調達者が4倍の性能を出すにはそれこそ血の滲むような努力と辛抱が必要なのですが、「定期的に掃除する」だけで4倍の性能が出せる(注:実際は本来の性能が出ているに過ぎない)のですから、やらない手はありません。

掃除といっても難しいことはありません。PCなら「埃」を取るだけです。家電量販店などでエアークリーナを入手して、PCの前面やら側面やらPC内部が透けて見えそうなところに吹きかけてみてください。埃が舞い散るのが見えるはずです。それがちょっと取れるだけで性能がアップ(注:本来の性能に近づく)します。

どんなPCでも性能が4倍になるかは不明です。あくまで私の所有する4並列CPUを搭載するPCの場合の結果で、具体的には動画変換速度で計測した結果です。体感でもいいのですが、数値として見えると施策とその効果をいろいろ試すことができます。例えば扇風機をPCに向けるだけでも少しですが性能が上がります(注:本来の性能に近づく)。

「埃」を取ることが何故性能に影響するかといえば、それは部品の温度が下がるからです。PC内部にはファンなどで風が通ります。部品の周りに堆積した「埃」が風を妨げます。

機器の温度が性能に影響

機器の温度は性能にかなり影響します。医療機器などでも動作速度の意味の性能だけではなく、故障の発生しやすさにも影響するそうです。

実はこうしたことはPCだけではく、自転車、掃除機、食器洗い機、にもあります。注意書きに陽に書かれているものも、そうでないものありますが、要するに「できるだけ購入時の使用環境に置くこと」です。

経験のある方も大勢いらっしゃると思いますが、自転車ならタイヤの空気圧や油、掃除機なら袋交換、食器洗い機なら予備洗い、などが、PCの埃と同じ効果をもたらしてくれますよね。

人間の場合は何でしょうね。ストレス解消や動機付けなどでしょうか。自分にあったそうしたものを探してみると面白いかも知れませんね。

以上です。