タイのLINEペイ(rabbit LINE Pay)を試してきました。(その2)

タイのLINEペイ(rabbit LINE Pay)を試してきました。以下その顛末です。

  • タイのLINEペイ(rabbit LINE Pay)とは?
  • rabbit LINE Payの開始方法

上の2つはここ

  • LINEペイとrabbit LINE Payの違い
  • BTS(バンコクの高架鉄道)との連携
  • タイのモバイル通信キャリアのtop-up

LINEペイとrabbit LINE Payの違い

かなり違います。ネットの情報によると、タイでもLINEペイが使えたという記事がありますが、rabbit LINE Payが日本で使えたという記事はありませんでした。LINEペイもrabbit LINE Payもそれぞれの国のサービスにローカライズしているようです。普段使いのための電子マネーなので、それでいいと思います。

タイでもLINEペイが使えるといっても、マクドナルドやKFCなど店頭での支払いが可能になる位だと思います。恐らく普通にクレジットカードを使って支払うのと同じでしょう。時価レート+手数料で円にした額が、暫くしてから銀行口座から引き落とされるのだと。

rabbit LINE Payの場合、タイにおけるサービスにオンラインでいろいろとできるところが違います。例えば、BTS(rabbitカード)へのチャージやタイのモバイル通信キャリアへのチャージなどですね。

BTS(バンコクの高架鉄道)との連携

先日の訪泰時には、BTS(rabbitカード)へのrabbit LINE Pay経由のチャージはしませんでした。これをやるにはBTS(rabbitカード)とrabbit LINE Payとの連携が必要で、BTSの駅にて手続きが必要です。rabbitカード発行時に200Bかかりますし。

連携時の画面です。
clip-20190414064154.png
rabbitカードの裏面(?)
clip-20190414065809.png
rabbitカードの表面(?)
clip-20190414070020.png

タイのモバイル通信キャリアのtop-up

タイのモバイル通信キャリアへのチャージ(top-up)については、非常にお世話になりました。いつもコンビニで長い待ち行列を気にしながらtop-upをお願いしていたのですが、オンラインでできてしまいます。まだ試していませんが、帰国後日本に居ながらにしてタイのプリペイド番号や友人の番号にtop-upできそうです。プリペイド番号には有効期限がありますが、top-upすると自動延長されますので、有効期限の操作にも使えます。

①LINEウォレットにある「Mobile Top-up」もしくはrabbit LINE Pay画面にある「携帯電話チャージ」をタッチ
clip-20190414054419.png
②電話番号を入力、チャージ(top-up)する金額をタッチして、「チャージ」をタッチ
clip-20190414070726.png
③チャージ先の電話番号を確認。問題ないなら「確認」をタッチ
clip-20190414070912.png
④支払いに使うアカウントを確認。問題ないなら「xxを支払う」をタッチ
clip-20190414071109.png
⑤Payパスワードを入力するとこの画面に。問題ないなら「決済」をタッチ
clip-20190414071305.png
⑥LINE上に支払い完了の通知と残額がでる。
clip-20190414071537.png

携帯電話チャージ(Mobile top-up)した後は、(Dtacの場合)Add-onパッケージを購入したり、いろいろやれます。こちらもどうそ。2018年5月の情報ですが、ほぼ変わっていません。
タイリピーターのプリペイドSIMはDtac一択で決まり!?

以上です。

タイのLINEペイ(rabbit LINE Pay)を試してきました。

タイのLINEペイ(rabbit LINE Pay)を試してきました。以下その顛末です。
clip-20190414131232.png
上の写真はソンクラーンを週末に控えて並んだ夥しい数の水鉄砲(ปืนฉีดน้ำจำนวนมาก)

  • タイのLINEペイ(rabbit LINE Pay)とは?
  • rabbit LINE Payの開始方法
  • LINEペイとrabbit LINE Payの違い
  • BTS(バンコクの高架鉄道)との連携
  • タイのモバイル通信キャリアのtop-up

タイのLINEペイ(rabbit LINE Pay)とは

ひとことでいうと、タイでのサービスに使える電子マネーです。普通に日本でも使っているLINEアプリをタイの電話番号でユーザ登録すると、rabbit LINE Payの設定ができ、

  • (電子マネーの)チャージ
  • タイモバイルキャリアへのチャージ(top-up)
  • BTSカード(rabbitカード)へのチャージ(top-up)
  • マクドナルド、KFC、等々での支払い
  • 各種支払い

等のサービスが使えるようになります。

これがQRコード読み取り機。複数機種あるようですが、操作方法は同じでしたね。ちなみにこれでBTS(rabbitカードの非接触カード)の操作もできるようです。後日試しました。

clip-20190414080934.png

タイのファミマでも4月か5月位には使えるようになるようですよ、と店員さんから聞きました。

clip-20190414051909.png

タイにも電子マネー化の波が押し寄せているようです。初訪泰から10年以上になりますが、タイ国内で電子マネーを使ったのは今回が初めての経験でした。

clip-20190414075359.png

rabbit LINE Payの話からは外れますが、バンコクに持っている銀行口座のATMカード(磁気カード)が2019年12月31日を過ぎると使えなくなるということで、ICチップの付いたATMカードに切り替えてきましたが、これにはUnion Pay(銀聯)のクレジット・デビットがついていました。

clip-20190414080722.png

rabbit LINE Payの開始方法

普通に日本でも使っているLINEアプリを使って、タイのプリペイド番号で新規にユーザ登録すれば、rabbit LINE Payの設定ができるようになります。

clip-20190414081120.png
ちょっとぼんやりしているので拡大すると、
clip-20190414054419.png
タッチすると、
clip-20190414060100.png
となり、安全のためのPayパスワード設定やチャージ等ができるようになります。

チャージ方法には、銀行口座と連携する方法もありますが、ツーリストの場合口座を持っていてもタイの市民ID(Citizen-ID)を持たないので、恐らくNGでしょう。私もそこで諦めました。

clip-20190414064433.png

一台のスマホで複数のLINEアプリを起動できる機種※1の場合は問題ないですが、そうでない場合、新規にアカウント登録すると、そのスマホに入っていた(日本の)アカウントのデータが消えてしまいますので、注意が必要です。その場合は別の(SIMフリーな)スマホを使うのが簡単です。

※1:Galaxyの「デュアルメッセンジャー 」やOPPOの「マルチ起動アプリ」等

続きは以下のページで。
タイのLINEペイ(rabbit LINE Pay)を試してきました。(その2)

以上です。

【コードサンプル】ネット転送量モニタ

ネットワーク転送量モニタのScript例

hh55_network_transfer.ps1

  • hh55_xxxなので、heartbeat.ps1が直接起動する
  • 毎時55分になると実行する。hh30にすると毎時30分になるし、hh70 にすると実行されることはなくなる。
  • 毎時15分、毎時45分に同じタスクを追加したければ、このScriptファイルをCOPYしてファイル名を hh15_network_transfer.ps1 、hh45_network_transfer.ps1 に変更すればいい
  • ネットワークアダプタが複数ある場合、下記サンプルのように、モニタするネットワークアダプタを絞りこむこともできる
  • 履歴ファイルをCSVファイル形式にしているので、Excel等他のアプリで容易に読み込み可能。
# 定数定義
Set-Variable -Name 'NetTransHist' -Value history\dd9999_network_transfer_history.txt
Set-Variable -Name 'NetAdapterName' -Value "イーサネット"
# ネットの容量を確認する
$now = Get-Date -Format G
$rcv = (get-netadapterStatistics -Name $NetAdapterName).ReceivedBytes
$snd = (get-netadapterStatistics -Name $NetAdapterName).SentBytes
echo "$now,$rcv,$snd" | Out-File -FilePath $NetTransHist -Append

関連する記事・ページ

自宅PCをスマホでリモート管理(タスク管理編)
PCをリモート管理する1手法
【コードサンプル】Windowsタスクへの登録例
【コードサンプル】heartbeat.ps1 – 心音確認 PowerShell Script
【コードサンプル】1時間タスクのScript例
【コードサンプル】24時間タスクのScript例
【コードサンプル】hbJob.bat – Windows Bat Script
【コードサンプル】プロセスモニタのScript例
【コードサンプル】IFTTT経由でLINE通知するScript例
【コードサンプル】ネット転送量モニタ

【コードサンプル】IFTTT経由でLINE通知するScript例

IFTTTへMAKERイベント発火するScript例

hh99_IFTTT_trig.ps1

  • hhxx_xxxなので、heartbeat.ps1が直接起動することはない
  • この例では、IFTTTへイベント発火するのみ。IFTTTの設定にて、発火イベントを受けるとLINE通知に通知するような仕掛けにしている。それにより、スマホにLINE通知が届く
    • PCからIFTTTへイベントを発火する
    • IFTTTからLINE通知へ通知する
    • LINE通知からスマホに通知が来る
#
Add-Type -AssemblyName System.Web
#************************************************************************************
# 定数定義
#************************************************************************************
Set-Variable -Name 'hFile' -Value history\hh99_IFTTT_trig_history.txt
Set-Variable -Name 'TOKEN_IFTTT' -Value <IFTTTのトークン>
echo ("※IFTTTへMAKERイベント発火 at " + $Now)

$oXmlHttp = New-Object -Com Msxml2.XMLHTTP.3.0
$URL = "https://maker.ifttt.com/trigger/$($Args[0])/with/key/$TOKEN_IFTTT"

#コマンドライン引数(パラメータ)の取得
If ($Args.Length -eq 2){
    $a1 = [SYstem.Web.HttpUtility]::UrlEncode($Args[1])
    $URL = $URL + "?value1=" + $a1
}else{
    echo "Error:引数が多すぎます"
    exit
}

$oXmlHttp.Open("GET", $URL, $false)
$oXmlHttp.Send()
If ($oXmlHttp.Status -eq 200){
    Get-Date -Format G | Out-File -FilePath $hFile -Append
    echo [SYstem.Web.HttpUtility]::UrlDecode($URL) | Out-File -FilePath $hFile -Append
}Else{
    echo "Error returnCode:" + $oXmlHttp.Status
}

関連する記事・ページ

自宅PCをスマホでリモート管理(タスク管理編)
PCをリモート管理する1手法
【コードサンプル】Windowsタスクへの登録例
【コードサンプル】heartbeat.ps1 – 心音確認 PowerShell Script
【コードサンプル】1時間タスクのScript例
【コードサンプル】24時間タスクのScript例
【コードサンプル】hbJob.bat – Windows Bat Script
【コードサンプル】プロセスモニタのScript例
【コードサンプル】IFTTT経由でLINE通知するScript例
【コードサンプル】ネット転送量モニタ

【コードサンプル】プロセスモニタのScript例

プロセスモニタのScript例

hh30_monitor_process_ME.ps1

  • モニタの場合比較的短い周期(5分や10分)でScriptタスクを起動する必要があるので、メインの処理は hh99_xxxに置いて、修正時のインパクトが少なくなるようにしている
#$scriptName = $myInvocation.MyCommand.name
#************************************************************************************
# 定数定義
#************************************************************************************
Set-Variable -Name 'trigCommand' -Value <IFTTTのEventName>
#************************************************************************************
# メイン処理
#************************************************************************************
.\hh99_monitor_process.ps1 hh99_monitor_process_ME.ps1 mediaespresso PC_A

hh99_monitor_process.ps1

  • ファイルに保存しておいた前回モニタ時のCPU時間を取得して、現在のCPU時間を比較する。差が2秒以内なら「停止状態」としている
#
# プロセスが起動していてCPUを消費しているか監視(モニタ)する
#
#************************************************************************************
# パラメータ定義
#************************************************************************************
Param(
    [parameter(Mandatory=$True)][string]$ScriptName,
    [parameter(Mandatory=$True)][string]$ProcessName,
    [parameter(Mandatory=$True)][string]$MachineName
)
#************************************************************************************
# 定数定義
#************************************************************************************
if ((Get-Variable  -ErrorAction silentlyContinue -Name 'trigCommand' | Measure-Object).count -eq 0){
Set-Variable -Name 'trigCommand' -Value <IFTTTのEventName>
}
#************************************************************************************
# 関数定義
#************************************************************************************
#************************************************************************************
# メイン処理
#************************************************************************************
$vFile =$ScriptName.Replace(".ps1",".txt")
echo "$vFile at $(Get-Date -Format G)"

$cnt = (get-process -ErrorAction SilentlyContinue $ProcessName | Measure-Object).count

if($cnt -eq 0){
# プロセスが見つからない
    $now = Get-Date
    echo "プロセスが起動していません at $now"
    exit
}
#echo ProcessName &"(" & pID &")"

Get-Content $vFile | Foreach-Object{
   $var = $_.Split('=')
   Set-Variable -Name $var[0] -Value $var[1]
}

echo "CPU:$cpu"

$cpuAfter = 0
((Get-Process -ErrorAction SilentlyContinue $ProcessName).CPU | ForEach-Object { $cpuAfter = $cpuAfter + $_})
$cpuAfter = [int]$cpuAfter

echo "CPUAFTER:$cpuAfter"

# フラグファイルを生成するだけにする(IFFFへMAKERイベント発火)
if ($cpu -gt $cpuAfter){ # 初期化する
    echo "CPU=$cpuAfter" | Out-File -FilePath $vFile
}else{
    if ($cpu -gt ($cpuAfter - 2)){ # 誤差があるので2とした
        .\hh99_IFTTT_trig.ps1 $trigCommand "アイドル状態($MachineName)"
    }else{
        echo "CPU=$cpuAfter" | Out-File -FilePath $vFile
    }
    echo "CPU=$cpuAfter" | Out-File -FilePath $vFile
}