スマートフォン」カテゴリーアーカイブ

LINE通知の直接トリガーとIFTTT経由のトリガーについて(その2)

自宅PCやサーバのHDD容量を監視して、逼迫してきたら、LINE通知に24H自動通知しています。

処理の流れとしては、

  • WIndowsタスクで一定期間で監視スクリプトを実行
    • 監視スクリプトで要通知となればLINE通知にPOSTする
    • そうでなければなにもしない(スルー)

これを24時間365日行っています。

ここでは、上記の「LINE通知にPOSTする」部分について、その方法と注意点について紹介しようと思います。

「 WIndowsタスクで一定期間で監視スクリプトを実行」部分については、本ブログの関連ページを参照してください。

かなり説明を端折ってますので、初心者の方はネットでいろいろ調べてみてください。

紹介内容とポイント

  • ①LINE通知への通知方法。少なくとも2種類ある。それぞれ長所短所があるので用途により使い分けるとよい
  • ②LINE通知に直接通知を投げる
  • ③LINE通知にIFTTT経由で通知を投げる
  • ④まとめ

①②については、「LINE通知の直接トリガーとIFTTT経由のトリガーについて」を参照してください。

③LINE通知にIFTTT経由で通知を投げる

監視対象機器(ここでは自宅PCとします)から「IFTTT」サービス経由で「LINE Notify」(LINE通知)サービスにアクセスします。やり方は、ひとことでいうと、IFTTTサービスに登録してMyAppletを作成するだけです。それだけで普段使っているLINEに通知が来ます。

たとえば、こんな感じです。

clip-20191022112528.jpg
※背景画像は東京市ヶ谷にあるポケストップ

ひとつ目の通知が直接通知。二つ目の通知はIFTTT経由通知。同時刻にPOSTしていますが、到着に28分間のタイムラグがありました。IFTTT経由通知の場合は処理が遅いのではなく、ある時点でまとめて処理しているだと推察します。

powershellのコード例

以下PowerShellのコード例を示します。ここでは、LINE通知をする監視対象機器を自宅PC(Windows)としているのと、監視処理を同じくPowershellで書いてWindowsタスクから起動しています。

MacOSやLINUXサーバの場合は、「curl」コマンド等を使って同様に実装可能と思います。

IFTTT_trig.ps1

Add-Type -AssemblyName System.Web

Set-Variable -Name 'TOKEN_IFTTT' -Value <IFTTTのトークン文字列>
echo ("※IFTTTへMAKERイベント発火 at " + $Now)

$oXmlHttp = New-Object -Com Msxml2.XMLHTTP.3.0
$URL = "https://maker.ifttt.com/trigger/test/with/key/$TOKEN_IFTTT"

#コマンドライン引数(パラメータ)の取得
If ($Args.Length -eq 1){
    $a1 = [SYstem.Web.HttpUtility]::UrlEncode($Args[0])
    $URL = $URL + "?value1=" + $a1
}else{
    echo "Error:引数が多すぎます"
    exit
}

$oXmlHttp.Open("GET", $URL, $false)
$oXmlHttp.Send()
If ($oXmlHttp.Status -eq 200){
    echo [SYstem.Web.HttpUtility]::UrlDecode($URL)
}Else{
    echo "Error returnCode:" + $oXmlHttp.Status
}

※ここではIFTTTのMyAppletに設定するトリガーコマンドを「test」としています。

下記コマンドをWindowsのコマンドプロンプトで実行します

IFTTT_trig.ps1 "ディスク逼迫 at MyPC(残量 649)"

※通知内容の変更を容易にするため、上記スクリプトに引数をひとつ渡すようにしています。

※24H監視する場合はWindowsタスクへの登録が必要です。

④まとめ

自宅PCやサーバのHDD容量を監視して、逼迫してきたら、LINE通知に24H自動通知しています。

ここでは、「LINE通知に24H自動通知」について、その方法と注意点について紹介しました。

関連する記事・ページ

LINE通知の直接トリガーとIFTTT経由のトリガーについて
LINE通知の直接トリガーとIFTTT経由のトリガーについて(その2)
自宅PCをスマホでリモート管理(タスク管理編)
PCをリモート管理する1手法
【コードサンプル】Windowsタスクへの登録例
【コードサンプル】heartbeat.ps1 – 心音確認 PowerShell Script
【コードサンプル】1時間タスクのScript例
【コードサンプル】24時間タスクのScript例
【コードサンプル】hbJob.bat – Windows Bat Script
【コードサンプル】プロセスモニタのScript例
【コードサンプル】IFTTT経由でLINE通知するScript例
【コードサンプル】ネット転送量モニタ

お世話になったリンク

LINE Notifyでたのでちょっと試してみる。ついでにGithub Enterpriseのwebhookを通知するやつを作ったぞ!!

※東京市ヶ谷のポケストップ「ビーナス」
clip-20191023073518.jpg

以上です。

LINE通知の直接トリガーとIFTTT経由のトリガーについて

自宅PCやサーバのHDD容量を監視して、逼迫してきたら、LINE通知に24H自動通知しています。

処理の流れとしては、

  • WIndowsタスクで一定期間で監視スクリプトを実行
    • 監視スクリプトで要通知となればLINE通知にPOSTする
    • そうでなければなにもしない(スルー)

これを24時間365日行っています。

ここでは、上記の「LINE通知にPOSTする」部分について、その方法と注意点について紹介しようと思います。

「 WIndowsタスクで一定期間で監視スクリプトを実行」部分については、本ブログの関連ページを参照してください。

かなり説明を端折ってますので、初心者の方はネットでいろいろ調べてみてください。

紹介内容とポイント

  • ①LINE通知への通知方法。少なくとも2種類ある。それぞれ長所短所があるので用途により使い分けるとよい
  • ②LINE通知に直接通知を投げる
  • ③LINE通知にIFTTT経由で通知を投げる
  • ④まとめ

③④については、「LINE通知の直接トリガーとIFTTT経由のトリガーについて(その2)」を参照してください。

①LINE通知への通知方法

LINE通知に至る方法には、他にもいろいろ紹介されているかも知れませんし、自分で独自にそうしたサービスを作ることも可能ですが、ここでは比較的簡単に導入しやすいと思われる方法を紹介します。

  • 監視対象機器からLINE通知に、直接、通知を投げる
  • 監視対象機器からLINE通知に、IFTTT経由で、通知を投げる

特に監視対象機器などなくて、単にTwitter等のネットサービスからLINE通知に通知したい場合は、IFTTT経由の方法を参照してください(後述するURLにPOSTするスクリプトも不要です)。

※ここの紹介では方法の比較がひとつのポイントですので、一方の方法のみであれば他ブログのページの方が導入しやすいかも知れません。

直接通知の特長

  • ほぼリアルタイムで通知が来る。他サービスを経由しないので、ほぼリアルタイムに通知できます。応用例を思いつきませんが、監視対象からの通知にすばやく反応したい場合有用かもしれません。
  • LINE通知専用のアクセストークンを取得して使用しないと通知できないので、安全

IFTTT経由通知の特長

  • 特別な知識やノウハウが必要ありません。監視対象機器からの通知を処理する場合でも、リアルタイム性を求めないならこちらで十分だと思われます。ただし結構タイムラグがあります(下記例の場合28分)。
  • LINE通知のアクセストークンを取得する必要がありません。ただしIFTTTのトークンは必要です。

②LINE通知に直接通知を投げる

監視対象機器(ここでは自宅PCとします)から「LINE Notify」(LINE通知)サービスにアクセスします。やり方は、ひとことでいうと、LINE通知専用アクセストークンを入手して、それを使ってURLにPOSTするだけです。それだけで普段使っているLINEに通知が来ます。

たとえば、こんな感じです。

clip-20191022112528.jpg
※背景画像は東京市ヶ谷にあるポケストップ

ひとつ目の通知が直接通知。二つ目の通知はIFTTT経由通知。同時刻にPOSTしていますが、到着に28分間のタイムラグがありました。IFTTT経由通知の場合は処理が遅いのではなく、ある時点でまとめて処理しているだと推察します。

powershellのコード例

以下PowerShellのコード例を示します。ここでは、LINE通知をする監視対象機器を自宅PC(Windows)としているのと、監視処理を同じくPowershellで書いてWindowsタスクから起動しています。

MacOSやLINUXサーバの場合は、「curl」コマンド等を使って同様に実装可能と思います。

LINE_trig.ps1

Add-Type -AssemblyName System.Web

Set-Variable -Name 'TOKEN_LINE' -Value <アクセストークンの文字列>
echo ("※LINEへ通知イベント発火 at " + $Now)

$oXmlHttp = New-Object -Com Msxml2.XMLHTTP.3.0
$URL = "https://notify-api.line.me/api/notify"

#コマンドライン引数(パラメータ)の取得
If ($Args.Length -eq 1){
    $a1 = [SYstem.Web.HttpUtility]::UrlEncode($Args[0])
    $a1 = "message=" + $a1
}else{
    echo "Error:引数が多すぎます"
    exit
}

$oXmlHttp.Open("POST", $URL, $false)
$oXmlHttp.setRequestHeader("Authorization","Bearer $TOKEN_LINE")
$oXmlHttp.setRequestHeader("Content-Type", "application/x-www-form-urlencoded")
$oXmlHttp.Send($a1)
If ($oXmlHttp.Status -eq 200){
    echo "正常に送信できました"
    echo [SYstem.Web.HttpUtility]::UrlDecode($URL) 
}Else{
    $responseText = $oXmlHttp.responseText()
    echo "Error returnCode: $responseText"
}

下記コマンドをWindowsのコマンドプロンプトで実行します

LINE_trig.ps1 "ディスク逼迫 at MyPC(残量 649)"

※通知内容の変更を容易にするため、上記スクリプトに引数をひとつ渡すようにしています。

※24H監視する場合はWindowsタスクへの登録が必要です。

R.参考

関連する記事・ページ

LINE通知の直接トリガーとIFTTT経由のトリガーについて
LINE通知の直接トリガーとIFTTT経由のトリガーについて(その2)
自宅PCをスマホでリモート管理(タスク管理編)
PCをリモート管理する1手法
【コードサンプル】Windowsタスクへの登録例
【コードサンプル】heartbeat.ps1 – 心音確認 PowerShell Script
【コードサンプル】1時間タスクのScript例
【コードサンプル】24時間タスクのScript例
【コードサンプル】hbJob.bat – Windows Bat Script
【コードサンプル】プロセスモニタのScript例
【コードサンプル】IFTTT経由でLINE通知するScript例
【コードサンプル】ネット転送量モニタ

お世話になったリンク

LINE Notifyでたのでちょっと試してみる。ついでにGithub Enterpriseのwebhookを通知するやつを作ったぞ!!

※東京市ヶ谷のポケストップ「ビーナス」
clip-20191023073518.jpg

以上です。

タイリピーターのプリペイドSIMはDtac一択で決まり!?

はじめに

結構前になってしまうのですが、
AISプリペイドSIMの有効期限を月15Bで延長できた!?
という記事を紹介しました。

タイリピータとして、携帯やスマホのプリペイド番号を保持しておくのは、搭乗機が空港について安全ベルト装着のサインが消えた瞬間からの行動に違いが出せるので、重要です。

ここでは、プリペイド番号保持(つまり有効期限延長のことです)の方法に関して、

  • いつでもどこでも簡単に設定できること
    • スマホからアプリを使って設定できます
    • 帰国してからも延長できそうです
  • 安いこと
    • 年24バーツになります

の最新(2018年5月ですが)情報を提供したいと思います。

おまけとして、

  • 複数のSIMの残高(balance)をまとめられること
    • 家族分のSIMの残高(balance)をまとめる
    • 自分用の(データ用と通話用など)複数のSIMの残高(balance)をまとめる

の紹介もしたいと思います。

こちらは2019年4月の情報です。rabbit LINE PayというLINEサービスがあって、Dtac等タイのモバイルキャリアとの連携が便利でした。
タイのLINEペイ(rabbit LINE Pay)を試してきました。(その2)

注意点

  • SIMフリーの「スマホ」が必要です
    • 「携帯」だと後述するアプリが使えないと思われるので注意してください
  • お使いのSIMで200バーツ以上使っていること
    • HAPPYツーリストSIMなら種類によっては即クリアできる条件ですので簡単です
  • 帰国してからの設定を有効にするには、国際ローミングを有効にしていること
    • 帰国する前に設定しておくことが必要です

年間180バーツが年間24バーツと、格段にコストが下がりました。

やり方

ひとことでいうと「スマホにDtacアプリをインストールしてちょこちょこやる」です。

DtacアプリはPlayストアやAppleストアで簡単に探せます(日本でも)。
ただ、(日本でもタイでも)DtacのSIMを刺した状態でないと、起動したときログインが必要になりますので、極力タイにいるときに設定することを勧めます。

ちょっと前には考えられなかったアプリです。いつもSMSによるコード送信でしたので。PCでいうCUIとGUIの違いのような...
ネットにも、公式ページ以外にはほとんど情報もなく、アプリの画像も出てこない状態でした。

これから紹介する有効期限延長サービス(Day Give-away Service)や残高移行サービス(Balnce Transfer Service)のアプリ画像もネットでは見たことがありませんでしたが、タイ語のサイトなどに出ているんでしょうかね。

有効期限延長サービス(Day Give-away Service)

アプリを立ち上げた直後はこんな風です。

下のメニュの中のPackegeが選択されている状態のようです。

このメニュの右端にあるOtherを選択すると、

電話番号が表示され、国際ローミング設定やらアプリ設定やらが出てきますが、Jaideeを選択します。

上から2番目にあるDay-GiveAway-Serviceを選択します。


60日、90日、180日のうち、180日(12バーツ)を申し込んだあとに来たSMSです。

残高移行サービス(Balnce Transfer Service)

私の場合これ良く使います。タイ滞在中はデータ用SIMと通話用SIMを併用していて、データ用SIMの電話番号は保持しても仕方ないので、帰国直前に残高を通話用SIMへ移行しています。

上から3番目にあるBalance-Transfer-Serviceを選択します。

残高移行先の電話番号と移行金額を入れて申し込みます。

受け付けたことをSMSで知らせてくれます。アプリでも確認できます。

※手数料が2バーツ掛かりますので注意してください

国際ローミングサービス(International Roaming Service)

上の設定もそうですが、通話(電話)アプリから特殊なコードをSMS送信することで設定できます。

通話(電話)アプリのダイヤルPADで以下をダイヤルする

*118*9#

アプリでも設定できそうです。「できそうです」というのは歯切れの悪い言い方ですが、
私自身はSMSによる設定で済ませてしまいました。

上にも出てきたOtherを選択した画面です。

この中にある、International-Serviceを選択します。

japanを選択すれば国際ローミングサービスの設定ができるようです(未確認)。

あとがき

使用言語がタイ語と英語ともうひとつ(よくわからない言語です)あるようです。

内容は簡単なのでこのページを参考に設定してみてください。
#「Jaidee」は「親切、優しい」の意味だそうです。ハートのアイコンですもんね!

以上です。

関連する記事

タイのLINEペイ(rabbit LINE Pay)の本人確認手順
タイのLINEペイ(rabbit LINE Pay)を試してきました。
タイのLINEペイ(rabbit LINE Pay)を試してきました。(その2)
タイリピーターのプリペイドSIMはDtac一択で決まり!?