SIMカード」カテゴリーアーカイブ

タイのLINEペイ(rabbit LINE Pay)を試してきました。(その2)

#5月2日にrabbit LINE Payより通知があり、「rabbit LINE Payを使用する前に本人確認してください」とありました。やり方の概要をチェックするとタイの市民ID(Citizen-ID)の入った身分証の写真を送付するような感じでしたが、実際にやってみるとパスポートでよいようです。タイの住所の記載は定宿のにしておきました。まだ「確認中」のようですが、この時点でrabbit LINE Payで自分のモバイルにはチャージ完了できました。
#5月6日にrabbit LINE Payより通知があり、「お待たせしました。本人確認が完了しました」とありました。でもモバイルチャージができない。「クレジットカードを登録しろ」と出ます。現金チャージしておいた残高のみではNGになったようです。試しにVプリカ(VISAカード)を登録しましたがすんなりOK。今度はモバイルチャージ画面に飛びました。今やると有効期限延長に効果がないので、後日チャージが決済されるか確認する予定です。
楽天バーチャルプリペイドカード(MASTERブランド)を登録してモバイルチャージできることを確認しました。(2019年5月)

日本のLINEも頑張っています。
このところLINEのサービスから目が離せません。今度は『LINE Pay300億円祭り』だそうな

タイのLINEペイ(rabbit LINE Pay)を試してきました。以下その顛末です。

  • タイのLINEペイ(rabbit LINE Pay)とは?
  • rabbit LINE Payの開始方法

上の2つはここ

  • LINEペイとrabbit LINE Payの違い
  • BTS(バンコクの高架鉄道)との連携
  • タイのモバイル通信キャリアのtop-up

LINEペイとrabbit LINE Payの違い

かなり違います。ネットの情報によると、タイでもLINEペイが使えたという記事がありますが、rabbit LINE Payが日本で使えたという記事はありませんでした。LINEペイもrabbit LINE Payもそれぞれの国のサービスにローカライズしているようです。普段使いのための電子マネーなので、それでいいと思います。

タイでもLINEペイが使えるといっても、マクドナルドやKFCなど店頭での支払いが可能になる位だと思います。恐らく普通にクレジットカードを使って支払うのと同じでしょう。時価レート+手数料で円にした額が、暫くしてから銀行口座から引き落とされるのだと。

rabbit LINE Payの場合、タイにおけるサービスにオンラインでいろいろとできるところが違います。例えば、BTS(rabbitカード)へのチャージやタイのモバイル通信キャリアへのチャージなどですね。

BTS(バンコクの高架鉄道)との連携

先日の訪泰時には、BTS(rabbitカード)へのrabbit LINE Pay経由のチャージはしませんでした。これをやるにはBTS(rabbitカード)とrabbit LINE Payとの連携が必要で、BTSの駅にて手続きが必要です。rabbitカード発行時に200Bかかりますし。

連携時の画面です。
clip-20190414064154.png
rabbitカードの裏面(?)
clip-20190414065809.png
rabbitカードの表面(?)
clip-20190414070020.png

タイのモバイル通信キャリアのtop-up

タイのモバイル通信キャリアへのチャージ(top-up)については、非常にお世話になりました。いつもコンビニで長い待ち行列を気にしながらtop-upをお願いしていたのですが、オンラインでできてしまいます。まだ試していませんが、帰国後日本に居ながらにしてタイのプリペイド番号や友人の番号にtop-upできそうです。プリペイド番号には有効期限がありますが、top-upすると自動延長されますので、有効期限の操作にも使えます。

①LINEウォレットにある「Mobile Top-up」もしくはrabbit LINE Pay画面にある「携帯電話チャージ」をタッチ
clip-20190414054419.png
②電話番号を入力、チャージ(top-up)する金額をタッチして、「チャージ」をタッチ
clip-20190414070726.png
③チャージ先の電話番号を確認。問題ないなら「確認」をタッチ
clip-20190414070912.png
④支払いに使うアカウントを確認。問題ないなら「xxを支払う」をタッチ
clip-20190414071109.png
⑤Payパスワードを入力するとこの画面に。問題ないなら「決済」をタッチ
clip-20190414071305.png
⑥LINE上に支払い完了の通知と残額がでる。
clip-20190414071537.png

携帯電話チャージ(Mobile top-up)した後は、(Dtacの場合)Add-onパッケージを購入したり、いろいろやれます。こちらもどうそ。2018年5月の情報ですが、ほぼ変わっていません。
タイリピーターのプリペイドSIMはDtac一択で決まり!?

以上です。

関連する記事

タイのLINEペイ(rabbit LINE Pay)の本人確認手順
タイのLINEペイ(rabbit LINE Pay)を試してきました。
タイのLINEペイ(rabbit LINE Pay)を試してきました。(その2)
タイリピーターのプリペイドSIMはDtac一択で決まり!?
このところLINEのサービスから目が離せません。今度は『LINE Pay300億円祭り』だそうな

タイのLINEペイ(rabbit LINE Pay)を試してきました。

#5月2日にrabbit LINE Payより通知があり、「rabbit LINE Payを使用する前に本人確認してください」とありました。やり方の概要をチェックするとタイの市民ID(Citizen-ID)の入った身分証の写真を送付するような感じでしたが、実際にやってみるとパスポートでよいようです。タイの住所の記載は定宿のにしておきました。まだ「確認中」のようですが、この時点でrabbit LINE Payで自分のモバイルにはチャージ完了できました。
#5月6日にrabbit LINE Payより通知があり、「お待たせしました。本人確認が完了しました」とありました。でもモバイルチャージができない。「クレジットカードを登録しろ」と出ます。現金チャージしておいた残高のみではNGになったようです。試しにVプリカ(VISAブランド)を登録しましたがすんなりOK。今度はモバイルチャージ画面に飛びました。今やると有効期限延長に効果がないので、後日チャージが決済されるか確認する予定です。
楽天バーチャルプリペイドカード(MASTERブランド)を登録してモバイルチャージできることを確認しました。(2019年5月)

タイのLINEペイ(rabbit LINE Pay)を試してきました。以下その顛末です。
clip-20190414131232.png
上の写真はソンクラーンを週末に控えて並んだ夥しい数の水鉄砲(ปืนฉีดน้ำจำนวนมาก)

  • タイのLINEペイ(rabbit LINE Pay)とは?
  • rabbit LINE Payの開始方法
  • LINEペイとrabbit LINE Payの違い
  • BTS(バンコクの高架鉄道)との連携
  • タイのモバイル通信キャリアのtop-up

タイのLINEペイ(rabbit LINE Pay)とは

ひとことでいうと、タイでのサービスに使える電子マネーです。普通に日本でも使っているLINEアプリをタイの電話番号でユーザ登録すると、rabbit LINE Payの設定ができ、

  • (電子マネーの)チャージ
  • タイモバイルキャリアへのチャージ(top-up)
  • BTSカード(rabbitカード)へのチャージ(top-up)
  • マクドナルド、KFC、等々での支払い
  • 各種支払い

等のサービスが使えるようになります。

これがQRコード読み取り機。複数機種あるようですが、操作方法は同じでしたね。ちなみにこれでBTS(rabbitカードの非接触カード)の操作もできるようです。後日試しました。

clip-20190414080934.png

タイのファミマでも4月か5月位には使えるようになるようですよ、と店員さんから聞きました。

clip-20190414051909.png

タイにも電子マネー化の波が押し寄せているようです。初訪泰から10年以上になりますが、タイ国内で電子マネーを使ったのは今回が初めての経験でした。

clip-20190414075359.png

rabbit LINE Payの話からは外れますが、バンコクに持っている銀行口座のATMカード(磁気カード)が2019年12月31日を過ぎると使えなくなるということで、ICチップの付いたATMカードに切り替えてきましたが、これにはUnion Pay(銀聯)のクレジット・デビットがついていました。

clip-20190414080722.png

rabbit LINE Payの開始方法

普通に日本でも使っているLINEアプリを使って、タイのプリペイド番号で新規にユーザ登録すれば、rabbit LINE Payの設定ができるようになります。

clip-20190414081120.png
ちょっとぼんやりしているので拡大すると、
clip-20190414054419.png
タッチすると、
clip-20190414060100.png
となり、安全のためのPayパスワード設定やチャージ等ができるようになります。

チャージ方法には、銀行口座と連携する方法もありますが、ツーリストの場合口座を持っていてもタイの市民ID(Citizen-ID)を持たないので、恐らくNGでしょう。私もそこで諦めました。

clip-20190414064433.png

一台のスマホで複数のLINEアプリを起動できる機種※1の場合は問題ないですが、そうでない場合、新規にアカウント登録すると、そのスマホに入っていた(日本の)アカウントのデータが消えてしまいますので、注意が必要です。その場合は別の(SIMフリーな)スマホを使うのが簡単です。

※1:Galaxyの「デュアルメッセンジャー 」やOPPOの「マルチ起動アプリ」等

続きは以下のページで。
タイのLINEペイ(rabbit LINE Pay)を試してきました。(その2)

以上です。

関連する記事

タイのLINEペイ(rabbit LINE Pay)の本人確認手順
タイのLINEペイ(rabbit LINE Pay)を試してきました。
タイのLINEペイ(rabbit LINE Pay)を試してきました。(その2)
タイリピーターのプリペイドSIMはDtac一択で決まり!?

タイリピーターのプリペイドSIMはDtac一択で決まり!?

はじめに

結構前になってしまうのですが、
AISプリペイドSIMの有効期限を月15Bで延長できた!?
という記事を紹介しました。

タイリピータとして、携帯やスマホのプリペイド番号を保持しておくのは、搭乗機が空港について安全ベルト装着のサインが消えた瞬間からの行動に違いが出せるので、重要です。

ここでは、プリペイド番号保持(つまり有効期限延長のことです)の方法に関して、

  • いつでもどこでも簡単に設定できること
    • スマホからアプリを使って設定できます
    • 帰国してからも延長できそうです
  • 安いこと
    • 年24バーツになります

の最新(2018年5月ですが)情報を提供したいと思います。

おまけとして、

  • 複数のSIMの残高(balance)をまとめられること
    • 家族分のSIMの残高(balance)をまとめる
    • 自分用の(データ用と通話用など)複数のSIMの残高(balance)をまとめる

の紹介もしたいと思います。

こちらは2019年4月の情報です。rabbit LINE PayというLINEサービスがあって、Dtac等タイのモバイルキャリアとの連携が便利でした。
タイのLINEペイ(rabbit LINE Pay)を試してきました。(その2)

注意点

  • SIMフリーの「スマホ」が必要です
    • 「携帯」だと後述するアプリが使えないと思われるので注意してください
  • お使いのSIMで200バーツ以上使っていること
    • HAPPYツーリストSIMなら種類によっては即クリアできる条件ですので簡単です
  • 帰国してからの設定を有効にするには、国際ローミングを有効にしていること
    • 帰国する前に設定しておくことが必要です

年間180バーツが年間24バーツと、格段にコストが下がりました。

やり方

ひとことでいうと「スマホにDtacアプリをインストールしてちょこちょこやる」です。

DtacアプリはPlayストアやAppleストアで簡単に探せます(日本でも)。
ただ、(日本でもタイでも)DtacのSIMを刺した状態でないと、起動したときログインが必要になりますので、極力タイにいるときに設定することを勧めます。

ちょっと前には考えられなかったアプリです。いつもSMSによるコード送信でしたので。PCでいうCUIとGUIの違いのような...
ネットにも、公式ページ以外にはほとんど情報もなく、アプリの画像も出てこない状態でした。

これから紹介する有効期限延長サービス(Day Give-away Service)や残高移行サービス(Balnce Transfer Service)のアプリ画像もネットでは見たことがありませんでしたが、タイ語のサイトなどに出ているんでしょうかね。

有効期限延長サービス(Day Give-away Service)

アプリを立ち上げた直後はこんな風です。

下のメニュの中のPackegeが選択されている状態のようです。

このメニュの右端にあるOtherを選択すると、

電話番号が表示され、国際ローミング設定やらアプリ設定やらが出てきますが、Jaideeを選択します。

上から2番目にあるDay-GiveAway-Serviceを選択します。


60日、90日、180日のうち、180日(12バーツ)を申し込んだあとに来たSMSです。

残高移行サービス(Balnce Transfer Service)

私の場合これ良く使います。タイ滞在中はデータ用SIMと通話用SIMを併用していて、データ用SIMの電話番号は保持しても仕方ないので、帰国直前に残高を通話用SIMへ移行しています。

上から3番目にあるBalance-Transfer-Serviceを選択します。

残高移行先の電話番号と移行金額を入れて申し込みます。

受け付けたことをSMSで知らせてくれます。アプリでも確認できます。

※手数料が2バーツ掛かりますので注意してください

国際ローミングサービス(International Roaming Service)

上の設定もそうですが、通話(電話)アプリから特殊なコードをSMS送信することで設定できます。

通話(電話)アプリのダイヤルPADで以下をダイヤルする

*118*9#

アプリでも設定できそうです。「できそうです」というのは歯切れの悪い言い方ですが、
私自身はSMSによる設定で済ませてしまいました。

上にも出てきたOtherを選択した画面です。

この中にある、International-Serviceを選択します。

japanを選択すれば国際ローミングサービスの設定ができるようです(未確認)。

あとがき

使用言語がタイ語と英語ともうひとつ(よくわからない言語です)あるようです。

内容は簡単なのでこのページを参考に設定してみてください。
#「Jaidee」は「親切、優しい」の意味だそうです。ハートのアイコンですもんね!

以上です。

関連する記事

タイのLINEペイ(rabbit LINE Pay)の本人確認手順
タイのLINEペイ(rabbit LINE Pay)を試してきました。
タイのLINEペイ(rabbit LINE Pay)を試してきました。(その2)
タイリピーターのプリペイドSIMはDtac一択で決まり!?

日本通信Turboチャージ vs 公衆無線LAN

日本通信のSIMカードを使ったTurboチャージによる高速通信(以下、日本通信Turboチャージ)とモバイルポイントなどの公衆無線LAN(以下、公衆無線LAN)の使用感を比較してみました。使用条件や制約によって当然違いがありますので、参考まで。

高速通信の目的は「いざというときの通信環境確保」を想定

携帯メールやSNS、地図アプリなどいつでもどこでもその場で使いたいものについては、いちいち「近くの公衆無線LANを探して」などというのはあまり現実的ではありませんよね。家族など親しい間なら、携帯メールよりも、2011年から解禁となったキャリア間SMSを使うのも手と思います。文字数制限がありますが非常に便利です。海外とも送受信できますしね。また、最近では高齢者向けに「LINE」による簡単な通信手段が提案されているようです。こちらも試してみる価値がありますね。

以下、仕事で資料をやり取りする、画像データをUP/DOWNする、アプリをインストールするなどしたいとき、とにかく大きな帯域がほしい場合の両者の使用感について報告します。

日本通信Turboチャージの使用感

日本通信Turboチャージは私が計測した地点(JR町田駅そばのMAC)では実効速度3Mpps程度で通信可能でした。ここ数ヶ月で設備の改善があったのか、実はちょっと前まで実効速度300Kpps程度だったのです。それが今ではその10倍です。時間軸を常に考慮しないといろいろ判断を誤りそうです。

公衆無線LANの使用感

ワイアレスゲートの月額定額プラン(385円)を試してみました。主にmobilepointですが(というかこれしか繋がらなかった)、これが遅くてとても公衆無線LANとは思えない程悲しい速度(実効速度200Kbps程度)でした。都心など別な地点で測定すると結構出てましたので、これが実力ではないですよね。ここ(JR町田駅そばのMAC)では、何度かアプリのインストールをキャンセルした覚えがあります。

まとめ

日本通信Turboチャージでは月額定額プランがないので高額になってしまう可能性がありますが、いざというときには大変頼もしい存在でした。

公衆無線LANの場合は、場所によってはよいのでしょうが、自宅を含め私の周りではとても「公衆無線LAN」とは言えない通信環境でした。実効速度さえよければ、安価ですし、非常に強力なツールになるには違いありません。上にも書いたように、こうした環境はあっという間に良くなります(悪くもなる?)ので、時間軸の考慮も必要ですね。半年や1年に一度見直す機会を設けるなどしたいです。

以上です。

 

日本通信テザリング vs イーモバテザリング

日本通信のSIMカードを使ったテザリング(以下、日本通信テザリング)とイーモバのEMチャージを使ったテザリング(イーモバテザリング)を比較してみました。使用条件や制約によって当然違いがありますので、参考まで。

初期費用は同等とみなして運用コストで比較

日本通信のスマホ電話SIMカードでテザリングを使う場合、Turboチャージよりも1GB付や2GB付の月額定額のデータ通信プランが断然お得ですが、今回の使い方ではかなり費用がかかりそうです。

イーモバのEMチャージを使う場合初期費用が必要です。元々2年縛りを中途解約したpocketWifiをもっていました。なのでEMチャージ自体の初期費用がよくわかっておりません。

以下、初期費用は同等とみなして純粋に運用コスト等で比較してみたいと思います。

自宅と同じ使い方で2GB/日の通信量だった

大阪にて夏休みにいろいろ周りホテルや知人宅などの宿泊先でゆっくりと自宅と同じような使い方をしたい。具体的には、YouTubeで動画鑑賞、メールやSNS、フォトストリームといった使い方です。

今回6日間で使った通信量は、

  • 受信 1.8GB/日
  • 送信 0.2GB/日

でしたので、2GB/日でした。

日本通信テザリングでの費用見積もり

2,000円(*1) + 3,600円/1GB(*2) x 10GB = 38,000円
(*1:月額定額プラン(2GB)を選択したと想定)
(*2:Turboチャージ(500MB)を選択したと想定)

日本通信の月額定額プランではこの場合2GBまで実行速度5Mpps程度で通信可能ですが、それ以降は150Kbpsになってしまいます。上記のような自宅と同じ使い方は到底望めませんのでオプションとしてTurboチャージを10GB分繰り返したと想定して算出しています。

イーモバテザリングでの費用見積もり

315円/日(*3) x 6日 = 1890円
(*3:一日定額プランを選択したと想定。10末までのキャンペーン価格。通常価格は2倍の630円/日)

現在一日定額プランが315円のキャンペーン価格でお得でした。今回は6日なので一日定額を6回連続プラン更新するという方法です。これがもし7日以上(一週間)だと一日定額よりは一週定額の方が割安になります。キャンペーン期間でなければ「一日定額7日以上」でなく「一日定額4日以上」なら一週定額の方が割安ですね。

まとめ

日本通信テザリングでは帯域制限のない定額プランがないので、今回のように旅行先にて自宅と同等の通信環境を家族に提供するには全く力不足という結果でした。

イーモバテザリングの場合は、通信環境としては申し分ないものの費用はそれなりに掛かります。元々2年縛りがイヤでEMチャージにしたのですが、年数ヶ月以上このような使い方をするなら契約を見直した方がよいかも知れません。

旅行先(家族に自宅環境提供)や出張先(業務用にモバイル環境構築)での使用を想定した場合には、それぞれイーモバのEMチャージによるテザリング、日本通信のSIMカードによるテザリングで十分のようです。

以上です。