iPhone」カテゴリーアーカイブ

タイリピーターのプリペイドSIMはDtac一択で決まり!?

はじめに

結構前になってしまうのですが、
AISプリペイドSIMの有効期限を月15Bで延長できた!?
という記事を紹介しました。

タイリピータとして、携帯やスマホのプリペイド番号を保持しておくのは、搭乗機が空港について安全ベルト装着のサインが消えた瞬間からの行動に違いが出せるので、重要です。

ここでは、プリペイド番号保持(つまり有効期限延長のことです)の方法に関して、

  • いつでもどこでも簡単に設定できること
    • スマホからアプリを使って設定できます
    • 帰国してからも延長できそうです
  • 安いこと
    • 年24バーツになります

の最新(2018年5月ですが)情報を提供したいと思います。

おまけとして、

  • 複数のSIMの残高(balance)をまとめられること
    • 家族分のSIMの残高(balance)をまとめる
    • 自分用の(データ用と通話用など)複数のSIMの残高(balance)をまとめる

の紹介もしたいと思います。

注意点

  • SIMフリーの「スマホ」が必要です
    • 「携帯」だと後述するアプリが使えないと思われるので注意してください
  • お使いのSIMで200バーツ以上使っていること
    • HAPPYツーリストSIMなら種類によっては即クリアできる条件ですので簡単です
  • 帰国してからの設定を有効にするには、国際ローミングを有効にしていること
    • 帰国する前に設定しておくことが必要です

年間180バーツが年間24バーツと、格段にコストが下がりました。

やり方

ひとことでいうと「スマホにDtacアプリをインストールしてちょこちょこやる」です。

DtacアプリはPlayストアやAppleストアで簡単に探せます(日本でも)。
ただ、(日本でもタイでも)DtacのSIMを刺した状態でないと、起動したときログインが必要になりますので、極力タイにいるときに設定することを勧めます。

ちょっと前には考えられなかったアプリです。いつもSMSによるコード送信でしたので。PCでいうCUIとGUIの違いのような...
ネットにも、公式ページ以外にはほとんど情報もなく、アプリの画像も出てこない状態でした。

これから紹介する有効期限延長サービス(Day Give-away Service)や残高移行サービス(Balnce Transfer Service)のアプリ画像もネットでは見たことがありませんでしたが、タイ語のサイトなどに出ているんでしょうかね。

有効期限延長サービス(Day Give-away Service)

アプリを立ち上げた直後はこんな風です。

下のメニュの中のPackegeが選択されている状態のようです。

このメニュの右端にあるOtherを選択すると、

電話番号が表示され、国際ローミング設定やらアプリ設定やらが出てきますが、Jaideeを選択します。

上から2番目にあるDay-GiveAway-Serviceを選択します。


60日、90日、180日のうち、180日(12バーツ)を申し込んだあとに来たSMSです。

残高移行サービス(Balnce Transfer Service)

私の場合これ良く使います。タイ滞在中はデータ用SIMと通話用SIMを併用していて、データ用SIMの電話番号は保持しても仕方ないので、帰国直前に残高を通話用SIMへ移行しています。

上から3番目にあるBalance-Transfer-Serviceを選択します。

残高移行先の電話番号と移行金額を入れて申し込みます。

受け付けたことをSMSで知らせてくれます。アプリでも確認できます。

※手数料が2バーツ掛かりますので注意してください

国際ローミングサービス(International Roaming Service)

上の設定もそうですが、通話(電話)アプリから特殊なコードをSMS送信することで設定できます。

通話(電話)アプリのダイヤルPADで以下をダイヤルする

*118*9#

アプリでも設定できそうです。「できそうです」というのは歯切れの悪い言い方ですが、
私自身はSMSによる設定で済ませてしまいました。

上にも出てきたOtherを選択した画面です。

この中にある、International-Serviceを選択します。

japanを選択すれば国際ローミングサービスの設定ができるようです(未確認)。

あとがき

使用言語がタイ語と英語ともうひとつ(よくわからない言語です)あるようです。

内容は簡単なのでこのページを参考に設定してみてください。
#「Jaidee」は「親切、優しい」の意味だそうです。ハートのアイコンですもんね!

以上です。

何でこんなに違うの!?iPhone4S向けSIM下駄の安定度

[追記しました@20131106]

現在持っているスマホのうちiPhoneは4端末あります。

  • iPhone4(Thai-True):SIMフリー(正規)
  • iPhone4S(SB):SIMフリー(SIM下駄)
  • iPhone3GS(USA-ATT):SIMフリー(脱獄)
  • iPhone5(au):SIMフリー不可

でも日本の大手キャリアのSIMカードをつかっているものはひとつもありません。
上記記載順はそのまま使用頻度や使用時間の高い順です。

このうちiPhone4S(SB)で経験したSIM下駄導入時の苦労について書いてみたいと思います。

まず正規のGeveyを使ってみた

正規(?)というか大元から取り寄せたもの
GEVEY Ultra S for GSM iPhone 4S iOS 6.0-6.0.1[Gevey Co. Limited]
$31.99USD 2717円(為替レートは84.91円/USドル)

これに1500円弱の送料(Fedexでしたので高い!けど早い)を手に入れて使ってみました。

「アクティベートできません」を100万回は見ましたね!

これが、ネットの情報を見ながらなんとか使えるには使えましたが、結構不安定でした。

まず、キャリアSIMが必要だったこと。キャリアSIMの付け替え工程を踏まないと
アクティベートできません」が100万回出ます。

工程を踏めば、10回に一度くらいでしたが、電波をうまく掴んでくれました。そうなれば、
その後はそれなりに安定して使えていました。

ただ、一度だけですが、通信中に切れて
「アクティベートできません」
になってしまったことがあります。悲しくなりましたね、このときは。

また、SIMカードを端末から外すと結構辛いです。なかなか電波を掴んでくれませんから。
海外SIMカードを使う場合には必ず一度はSIMカードを端末から外します。しかもキャリアSIM
に対応した電波が飛んでいない地域なので、恐らく、そのままだと海外では使えなかったのではないでしょうか。

次にダメ元でGPPを使ってみた

あまりに不安定なので、ダメ元でGPPを試してみようと思いました。

Amazonだか楽天だかで買ったもの
GPP正規品5.1.1 最新6.0対応 softbank版 iPhone4s gevey simロック解除アダプター[日本gevey〓GPP]
1800円(商品)+160円(送料)

(送料込みで)値段は正規Geveyの半分ほどですが、こちらは一発で電波を掴んでくれました。白いアクティベーション専用SIMを使う必要もありませんでした(AUの端末に使う場合には必要かも知れませんが、持っていないので不明です)。

「なんだったんだ、Gevey導入時のあの苦労は!」という位、電波を掴むまでの早さと安定度が違いますね。

上にも書いたように、正規Geveyだったら海外で使えなかった可能性が大でした。使えたとしてもなんどもトライしてやっとつながるというストレスは大変なものだったでしょう。幸いその後の渡航時には既にGPPにしていたので全然OKでした。さらに現在は(容量は8GBですが)SIMフリーiPhone4でこういったストレスや不安とはおさらばできました。別記事に書きましたが、「間違ってOSアップデートしたら(されてしまったら)どうしよう!」といった不安とも。

まとめ

ネットでは正規Geveyは非常に安定していると出ているので、私のGETしたものはもしかすると正規Geveyのものではないかもしれないですが、直接購入ですからね。

あと原因として考えられるのは、

  • 元々不具合だった
  • 輸送中に壊れた
  • 使い方が間違っている
  • 端末側が対策されている

などいろいろあるんでしょうが、どれも頻度は少なさそうです。

とりあえず使えているのでこれ以上エネルギーを使うのは控えています。

[追記:20131106]

再度挑戦してみたら動作しなくてあせった!?

久しぶりにiPhone4SにDOCOMO系SIMを入れて試してみました。すると、

何度試しても「検索中」から「圏外」になってしまいます。

「あれれぇ!?」というわけで、GPP日本代理店のページを見て、今まで一度も使ったことのなかった白いアクティベーション専用SIM(白地にGPPと印刷されたマイクロSIM)を使って試してみました。

それでもダメ。

「困ったな。OSのアップグレードも控えているので問題なく動作するはずだけど。もしや、隠し対策でもあるのか?」などと考えながら、「設定」「モバイルデータ通信」のページを見ると、

gevey_vs_gpp

 

ここの「3Gをオンにする」がオフになっていました(上記画像はオンにしたあとのものです)。

これを「オン」にするとあっさり電波を掴みました。電話のSIMロックを外す際、データ通信は使わないのでこのページの設定は影響しないと思っていましたが、これを「オン」にしないといけないなんて、ちょっとわかりにくいですね。

関連する記事:

タイのAISプリペイドSIMの不思議
タイ携帯キャリアAISのSIMカードのオンラインチャージ
脱獄SIMフリーiPhone3GSが奇跡の復活を!
勝手にiOSアップデートしないで!なぜパスコード認証で防げないんだろう!?
AISプリペイドSIMの有効期限を月15Bで延長できた!?
何でこんなに違うの!?iPhone4S向けSIM下駄の安定度

お世話になったリンク

GPP iPhone4S SIMロック解除方法

以上です。