iOS」カテゴリーアーカイブ

タイリピーターのプリペイドSIMはDtac一択で決まり!?

はじめに

結構前になってしまうのですが、
AISプリペイドSIMの有効期限を月15Bで延長できた!?
という記事を紹介しました。

タイリピータとして、携帯やスマホのプリペイド番号を保持しておくのは、搭乗機が空港について安全ベルト装着のサインが消えた瞬間からの行動に違いが出せるので、重要です。

ここでは、プリペイド番号保持(つまり有効期限延長のことです)の方法に関して、

  • いつでもどこでも簡単に設定できること
    • スマホからアプリを使って設定できます
    • 帰国してからも延長できそうです
  • 安いこと
    • 年24バーツになります

の最新(2018年5月ですが)情報を提供したいと思います。

おまけとして、

  • 複数のSIMの残高(balance)をまとめられること
    • 家族分のSIMの残高(balance)をまとめる
    • 自分用の(データ用と通話用など)複数のSIMの残高(balance)をまとめる

の紹介もしたいと思います。

注意点

  • SIMフリーの「スマホ」が必要です
    • 「携帯」だと後述するアプリが使えないと思われるので注意してください
  • お使いのSIMで200バーツ以上使っていること
    • HAPPYツーリストSIMなら種類によっては即クリアできる条件ですので簡単です
  • 帰国してからの設定を有効にするには、国際ローミングを有効にしていること
    • 帰国する前に設定しておくことが必要です

年間180バーツが年間24バーツと、格段にコストが下がりました。

やり方

ひとことでいうと「スマホにDtacアプリをインストールしてちょこちょこやる」です。

DtacアプリはPlayストアやAppleストアで簡単に探せます(日本でも)。
ただ、(日本でもタイでも)DtacのSIMを刺した状態でないと、起動したときログインが必要になりますので、極力タイにいるときに設定することを勧めます。

ちょっと前には考えられなかったアプリです。いつもSMSによるコード送信でしたので。PCでいうCUIとGUIの違いのような...
ネットにも、公式ページ以外にはほとんど情報もなく、アプリの画像も出てこない状態でした。

これから紹介する有効期限延長サービス(Day Give-away Service)や残高移行サービス(Balnce Transfer Service)のアプリ画像もネットでは見たことがありませんでしたが、タイ語のサイトなどに出ているんでしょうかね。

有効期限延長サービス(Day Give-away Service)

アプリを立ち上げた直後はこんな風です。

下のメニュの中のPackegeが選択されている状態のようです。

このメニュの右端にあるOtherを選択すると、

電話番号が表示され、国際ローミング設定やらアプリ設定やらが出てきますが、Jaideeを選択します。

上から2番目にあるDay-GiveAway-Serviceを選択します。


60日、90日、180日のうち、180日(12バーツ)を申し込んだあとに来たSMSです。

残高移行サービス(Balnce Transfer Service)

私の場合これ良く使います。タイ滞在中はデータ用SIMと通話用SIMを併用していて、データ用SIMの電話番号は保持しても仕方ないので、帰国直前に残高を通話用SIMへ移行しています。

上から3番目にあるBalance-Transfer-Serviceを選択します。

残高移行先の電話番号と移行金額を入れて申し込みます。

受け付けたことをSMSで知らせてくれます。アプリでも確認できます。

※手数料が2バーツ掛かりますので注意してください

国際ローミングサービス(International Roaming Service)

上の設定もそうですが、通話(電話)アプリから特殊なコードをSMS送信することで設定できます。

通話(電話)アプリのダイヤルPADで以下をダイヤルする

*118*9#

アプリでも設定できそうです。「できそうです」というのは歯切れの悪い言い方ですが、
私自身はSMSによる設定で済ませてしまいました。

上にも出てきたOtherを選択した画面です。

この中にある、International-Serviceを選択します。

japanを選択すれば国際ローミングサービスの設定ができるようです(未確認)。

あとがき

使用言語がタイ語と英語ともうひとつ(よくわからない言語です)あるようです。

内容は簡単なのでこのページを参考に設定してみてください。
#「Jaidee」は「親切、優しい」の意味だそうです。ハートのアイコンですもんね!

以上です。

iPad手書きアプリ「Noteshelf」向け能率手帳風テンプレートを作ってみました

膨大な数のiPadアプリの中でも、Must-Haveなものの一つとして定評のある手書きアプリ「Noteshelf」。とにかく書き心地がよくて、本当に癖になります。でも、ここ一年程セキュリティーの厳しい職場だったためスマホやタブレットなど録音や録画、撮影が可能なデバイスは休止して所謂システム手帳を使っていました。能率手帳Bindexから出ているDiaryリフィルをひさしぶりに手に入れて使ってみましたがこれが素晴らしい。「Noteshelf」に戻れなくなるんじゃないかと考えた程でした。

そこで「Noteshelf」と「能率手帳」風Diaryの好いとこ取りをしようと、能率手帳風「紙のスタイル」の元データをHTML5+CSSで作成してみました。

標準の「紙のスタイル」の中にも「日程表」が提供されていますが

「日程表」という「紙のスタイル」が元々提供されており、これでも大丈夫そうですが、やはり使い慣れたものがいいですよね。HTML5+CSSで作成してみました。

能率手帳風Diary表示ページはこちら

スリム版はこちら。1ページにメモとスケジュールを収めました

スリム版V2はこちら。複数日のPDF出力のため基準日と日数を指定できるようにしました
スリム版V2の2018年版はこちら。2018年元日から365日分表示します。印刷にPrimoPDF等のPDF出力アプリを使えばNoteshelfで使えます
スリム版V2の当月分はこちら。ただし31日分でるので変更するときはURLのパラメータを変えてください

月間目標版はこちら。2015年と2016年があります

日付部分のみ一週間分表示はこちら

左上にある日付の場所をタッチすると日付選択ができ、右上や左上にある日付に関連する表示を変更してくれます。能率手帳風Diaryの左ページ(メモ用)と右ページ(スケジュールやチェックリスト)を一度に表示します。iPad等で画像を取り込むときは、左右のページをそれぞれ取り込むか、横向き使用を想定して一度に取り込むかします。

iPadでの表示テストは初代iPad-miniを使用しており、新iPad-miniを含み歴代の標準サイズのiPadでは試していません。解像度の関係で表示結果がまちまちになるかも知れません。

iPad手書きアプリ「Noteshelf」への取り込み方法

ステップ1:iPadで上記ページにアクセスしてDiaryページを表示する

ステップ2:電源ボタン+ホームボタンの同時ONでDiaryページの画像を保存する

ステップ3:「Noteshelf」アプリを起動して

ステップ4:「ノートの新規作成」(書棚モードの右隅にある「+」を丸で囲んだアイコンをタッチ)

ステップ5:「ノートをカスタマイズ」の上段を「すべてのスタイル」から「カスタム」に変更

ステップ6:スタイルの新規追加でステップ2で保存した画像を設定する

カスタム「紙のスタイル」にはダイナミック表示の機能がない

カスタムスタイルを作ったのはいいのですが、自分であれこれ使ってみて、カスタム「紙のスタイル」にいちいち登録して使うのは根気が必要だと感じました。もちろん、日付部分を空にして手書きで入れればいいのですが、それだと「日程表」と変わらなくなり、ちょっとつまらない。

ストアで探せばいいのかな?

やはりダイナミックな「紙のスタイル」というのは原理的に難しいのでしょうね。しばらく使ってみていろいろ工夫してみようと思います。

DropboxなどからPDFを読み込む方法もあるようです

Noteshelfではテンプレートを使ってノートを作成する方法のほかに、DropboxなどからPDFを読み込む方法があるようです。これだと複数ページにわたるテンプレートのように使うことができますね。
スリム版をH31年(西暦2019年)分でまとめたPDFはこちら
スリム版をH31年(西暦2019年)会計年度分でまとめたPDFはこちら
スリム版をH31年第1四半期(西暦2019年Q1)分でまとめたPDFはこちら
スリム版をH31年第2四半期(西暦2019年Q2)分でまとめたPDFはこちら
スリム版をH31年第3四半期(西暦2019年Q3)分でまとめたPDFはこちら
スリム版をH31年第4四半期(西暦2019年Q4)分でまとめたPDFはこちら
スリム版をH32年(西暦2020年)分でまとめたPDFはこちら
スリム版をH32年(西暦2020年)会計年度分でまとめたPDFはこちら(400日分あります)
スリム版をH33年(西暦2021年)分でまとめたPDFはこちら
スリム版をH33年(西暦2021年)会計年度分でまとめたPDFはこちら(400日分あります)
スリム版をH34年(西暦2022年)分でまとめたPDFはこちら

関連する記事・ページ

お世話になったリンク

バックアップのためのリンク

スリム版をH30年(西暦2018年)分でまとめたPDFはこちら
スリム版をH29年(西暦2017年)分でまとめたPDFはこちら
以上です。

勝手にiOSアップデートしないで!なぜパスコード認証で防げないんだろう!?

これまでに2度オーナーの承認を得ないでiOSのアップデートが勝手に行われたので、以下その経緯の説明とちょっとした考察をしてみます。

「iOSのアップデートが勝手に行われた」と書きましたが、誤解を招くので補足します。もちろん自動アップデートではなく、ひとが介しています。

「アップデートしときましたよ」と笑顔でひとこと

親戚が来たときのこと、話の途中で用事が出来て中座してしばらくして戻ったところ、自分のiPhoneの画面に何か違和感を覚えました。「何か変だなあ」と触っていると、歯車の設定アイコンにいつも見慣れていたはずの数字が消えているのです。

iosupdate

「えーっ!」と思って設定メニューに入ると、何とiOSのアップデートが完了している。「そんなはずは!」と焦っていると、近くにいた親戚が「アップデートしときましたよ」と笑顔でひとこと。

これで2度目の「えーっ!」。知っているひとは知っているでしょうが、これがもし脱獄iPhoneや下駄iPhoneならiOSアップデートは致命傷になりえます。それが「えーっ!」が出た真因でした。

その親戚もiPhoneユーザですのでアップデートの意味は理解しており、もちろん親切心からだったようです。

実は同じことがちょっと前にiPadで起きてました

実は同じことが数ヶ月と置かず、実家のiPadで起きていました。このとき、私は実家のiPadを管理してましたので、勝手にアップデートされたときにやはり、「えーっ!」と叫んでおりました。これももちろん親切心からです。

「こういうこともあるんだ」とそのときはやり過ごしましたが、同じことが2度あると、「待てよ」と思いました。

「なぜ、iOSアップデートになぜパスコード認証がないんだろう!?」

アプリのアップデートにはそれこそシツコイほどパスコード認証があるのに、なぜ、iOSアップデートになぜパスコード認証がないんだろうと。

やはり、アップルとしてはiOSアップデートの敷居をできるだけ低くしておきたいということなのかと理解した次第です。みなさんも気をつけてください。こういう場合にはデバイス自体のロック(パスコードロック)が必須ということでしょうね

以上です。

すごいiPadアプリを見つけた。いい時代になったもんだ

入院中のお袋に孫の写真を見せようとiPadを与えてみたがもうひとつ。各携帯キャリアからメールで写真の送れるフォトフレームなども出てるようだけど、iPadにもWEBに上げたアルバムをスライドショーしてくれるアプリがあった。

これだと送付先で消す必要がないので(*1)こちらでアルバムの管理ができる。メールのフォトフレームだといちいち消してもらうのかな?

一度DLした写真はキャッシュに入っているようなので陽に保存しなくとも機内モードでも楽しめそうだ。病院内は3G使えないのでね

でも3GだとDL(ダウンロード)にえらく時間がかかるね

(*1)1操作入るみたいだ

◇使い方はこう◇

step1. 時間のあるときに、3Gの使えるところで「30days album」をタッチしてアルバムをDLしておく。このとき、アルバムの内容を最新のものに変えたければ、「設定」「30days album」の「キャッシュを破棄する」をONにして再度DLする。一度にDLしてくれないことがあるのでサムネイルを確認すること

step2. 機内モードにして「30days album」をタッチすると前にDLしたアルバムが見える。このときはWEBのデータではなく、キャッシュに入っているものが見える。上で「設定」「30days album」の「キャッシュを破棄する」をONにしたが、これをしないと(アルバムの新規追加の場合はよいが)WEB上の既存アルバムを更新した場合にDLされない。また「キャッシュを破棄する」をON設定自体は自動的にリセットされるみたいなのでわざわざOFFにする必要はない

step3. スライドショーをタッチしてアルバムを楽しむ

step4. 終わったらホームボタンを押して終わり

これで毎日時間を決めてWEBにUPしておけば撮ってほやほやの孫の姿が拝めて年寄りには何よりとおものですが、どうなんだろう。とにかく、何でもいいので、年寄りが興味を持ってくれていろいろさわりだしてくれたらめっけもとと思う今日この頃です。こういったソフトや使い方はほかにないかなぁ
(他プログ2010/07/06JST13:29からの移動記事です)