モバイル」カテゴリーアーカイブ

GitHubに公開したAndroidアプリ「DecoyCamera」について(設定メニュ)

設定メニュ

DecoyCameraアプリを起動します。

clip-20200111073011.jpg
※右上のTexture矩形がFinder※f。左下のアイコンがシャッター※s。
右下のアイコンがメイン/フロントカメラ切り替え※l。


Finder※fを長押しするとメニュが起動できます
clip-20200111072350.jpg


設定(Settings)をタッチして設定画面を表示します。
clip-20200111072521.jpg

FrontLensFacing:ON/OFF

起動時フロントカメラを使う場合ONにします。

LensFacingButtonOn:ON/OFF

メイン/フロントカメラ切り替えボタン※lを表示する場合ONにします

カメラ切り替え状態に応じて、メイン/フロントカメラ切り替えボタン※lの色が変わります。

  • フロントカメラ:白
  • メインカメラ(バックカメラ):黒

Camouflage

clip-20200111073224.jpg


CamouflageMode:選択

偽装モードを選択します
clip-20200111073243.jpg

  • 半透明:起動時の背景を表示します
  • 画像:偽装用画像を表示します
  • テーマ:偽装用背景としてテーマを使用します

「画像」を選択する場合には、偽装用画像(jpeg,png等)を内部ストレージ(内部共有ストレージ)の下記フォルダ(ディレクトリ)に配置しておく必要があります。

(内部ストレージ)/android/data/com.krasavkana.android.decoycamera/files/Pictures

clip-20200111073345.jpg
※複数枚配置した場合、(起動後)左右のフリック操作で画像を切り替えます


Finder

clip-20200111073506.jpg


FinderLocation(Finder):選択

Finder※fの表示場所を選択します
clip-20200111073544.jpg

  • 左上
  • 右上
  • 中央左
  • 左下
  • 右下

FinderSize(Finder):選択

Finder※fの表示サイズを選択します
clip-20200111073602.jpg

  • 極小

Advanced

clip-20200111073735.jpg

ShootButtonOn(Advanced):ON/OFF

撮影ボタン※sを表示する場合ONにします。

OFFの場合撮影ボタン※sが表示されませんが、

  • 端末の音量(小)ボタン(ハード)を押す
  • 画面をダブルタップする

と撮影し画像を保存します。画像保存時に保存アイコンが表示されてすぐ消えます。

MasterMuteOn(Advanced):ON/OFF

シャッター音を無効にする場合ONにします。ONにする場合別アプリ(MasterMute)をインストールする必要があります。

PrefixForSaving(Advanced):テキスト

撮影した画像を保存する際のファイル名につけるPrefixを指定します。省略時は「pic」
clip-20200111073914.jpg


Theme

Theme:選択

テーマを指定します。偽装モードが「テーマ」の時有効になります
clip-20200111074039.jpg

  • 雪原
  • 漆黒

リリース用APKファイル

リリース用にビルドした署名付きAPKファイルを本ブログ配下に置いています。

androidアプリ「BleSwitch」リリース用APKファイル
androidアプリ「DecoyCamera」リリース用APKファイル
androidアプリ「MasterMute」リリース用APKファイル

GitHubの公開コードをローカル開発環境(AndroidStudio3.x)にクローンしてきてビルドしても得られるものですが、そうした環境をお持ちでない方のために用意しました。

どういう動作になるのか。興味のある方はいろいろ試してみてください。

関連する記事・ページ

GitHubに公開したAndroidアプリ「DecoyCamera」について(概要)
GitHubに公開したAndroidアプリ「DecoyCamera」について(使い方)
GitHubに公開したAndroidアプリ「DecoyCamera」について(設定メニュ)
GitHubに公開したAndroidアプリ「DecoyCamera」について(技術解説)
GitHubに公開したAndroidアプリ「BleSwitch」について(概要)
GitHubに公開したAndroidアプリ「BleSwitch」について(使い方)
GitHubに公開したAndroidアプリ「BleSwitch」について(技術解説)

お世話になったリンク

android-Camera2Basic

以上です。

GitHubに公開したAndroidアプリ「DecoyCamera」について(技術解説)

DecoyCameraがAmazon Kindle Fire7およびFire10にてうまく動作しない場合があります。
搭載カメラのうちメインカメラ(Back)ではシャッターが切れない。フロントカメラでは普通に動作する。というようなものです。

そこで、Kindle Fire 7についてカメラのサポート状況を調べてみたところ、意外(?)なことが判明しました。

Kindle Fire 7では、比較的新しいAndroidOS搭載スマホと比較して、メインカメラ(Back)とフロントカメラの動作が若干違うということ。

メインカメラ(Back)がAF(オートフォーカス)に非対応

DecoyCameraアプリでは、比較的新しいスマホをターゲットにしており、メインカメラ(Back)はAFのみに対応している想定で実装しています。Kindle Fire 7の場合、「AFに非対応」なので、うまく動作しないんだなということが判りました。

フロントカメラはAFに非対応

DecoyCameraアプリでは、フロントカメラはAFに対応していない想定(MF(マニュアルフォーカス)のみに対応している)で実装しています※1。Kindle Fire 7の場合も、「AFに非対応(MFに対応)」と、比較的新しいスマホと同じなので、うまく動作していたということ。

※1:ベースにしたサンプルコードでは元々フロントカメラに対応しておらず、メインカメラ(Back)のみに対応した作りになっていました。DecoyCameraではフロントカメラに対応できるように、レンズの切り替えやMF対応を追加で実装しています。

Kindle Fire 7(9th)のCameraサポートその他について

以下、Camera2 Probe App(GooglePlayでリリース)を使ってKindle Fire 7のカメラのサポート状況について調べてみた結果(一部を抜粋)。

Model:KFMUWI
Manufacturer:Amazon
Build:7.1.2
SDK:25
------------------------------------------
Camera ID: 0
Camera Facing: Back
SupportLevel:LEGACY
Hardware Support Level:LEGACY
Manual exposure:0
Auto exposure:1
Auto exposure, always flash:0
Auto exposure, auto flash:0
Auto exposure, auto flash, red eye reduction:0
AE Lock:1
Manual focus:1
Auto focus:0
Auto focus macro:0
Auto focus continuous picture:0
Auto focus continuous video:0
Auto focus EDOF:0
White balance off:0
Automatic white balance:1

Auto focusが0(非サポート)になっているのが判ります。

関連する記事・ページ

GitHubに公開したAndroidアプリ「DecoyCamera」について(概要)
GitHubに公開したAndroidアプリ「DecoyCamera」について(使い方)
GitHubに公開したAndroidアプリ「DecoyCamera」について(技術解説)
GitHubに公開したAndroidアプリ「BleSwitch」について(概要)
GitHubに公開したAndroidアプリ「BleSwitch」について(使い方)
GitHubに公開したAndroidアプリ「BleSwitch」について(技術解説)

お世話になったリンク

android-Camera2Basic

以上です。

タイのLINEペイ(rabbit LINE Pay)を試してきました。(その2)

#5月2日にrabbit LINE Payより通知があり、「rabbit LINE Payを使用する前に本人確認してください」とありました。やり方の概要をチェックするとタイの市民ID(Citizen-ID)の入った身分証の写真を送付するような感じでしたが、実際にやってみるとパスポートでよいようです。タイの住所の記載は定宿のにしておきました。まだ「確認中」のようですが、この時点でrabbit LINE Payで自分のモバイルにはチャージ完了できました。
#5月6日にrabbit LINE Payより通知があり、「お待たせしました。本人確認が完了しました」とありました。でもモバイルチャージができない。「クレジットカードを登録しろ」と出ます。現金チャージしておいた残高のみではNGになったようです。試しにVプリカ(VISAカード)を登録しましたがすんなりOK。今度はモバイルチャージ画面に飛びました。今やると有効期限延長に効果がないので、後日チャージが決済されるか確認する予定です。
楽天バーチャルプリペイドカード(MASTERブランド)を登録してモバイルチャージできることを確認しました。(2019年5月)

日本のLINEも頑張っています。
このところLINEのサービスから目が離せません。今度は『LINE Pay300億円祭り』だそうな

タイのLINEペイ(rabbit LINE Pay)を試してきました。以下その顛末です。

  • タイのLINEペイ(rabbit LINE Pay)とは?
  • rabbit LINE Payの開始方法

上の2つはここ

  • LINEペイとrabbit LINE Payの違い
  • BTS(バンコクの高架鉄道)との連携
  • タイのモバイル通信キャリアのtop-up

LINEペイとrabbit LINE Payの違い

かなり違います。ネットの情報によると、タイでもLINEペイが使えたという記事がありますが、rabbit LINE Payが日本で使えたという記事はありませんでした。LINEペイもrabbit LINE Payもそれぞれの国のサービスにローカライズしているようです。普段使いのための電子マネーなので、それでいいと思います。

タイでもLINEペイが使えるといっても、マクドナルドやKFCなど店頭での支払いが可能になる位だと思います。恐らく普通にクレジットカードを使って支払うのと同じでしょう。時価レート+手数料で円にした額が、暫くしてから銀行口座から引き落とされるのだと。

rabbit LINE Payの場合、タイにおけるサービスにオンラインでいろいろとできるところが違います。例えば、BTS(rabbitカード)へのチャージやタイのモバイル通信キャリアへのチャージなどですね。

BTS(バンコクの高架鉄道)との連携

先日の訪泰時には、BTS(rabbitカード)へのrabbit LINE Pay経由のチャージはしませんでした。これをやるにはBTS(rabbitカード)とrabbit LINE Payとの連携が必要で、BTSの駅にて手続きが必要です。rabbitカード発行時に200Bかかりますし。

連携時の画面です。
clip-20190414064154.jpg
rabbitカードの裏面(?)
clip-20190414065809.jpg
rabbitカードの表面(?)
clip-20190414070020.jpg

タイのモバイル通信キャリアのtop-up

タイのモバイル通信キャリアへのチャージ(top-up)については、非常にお世話になりました。いつもコンビニで長い待ち行列を気にしながらtop-upをお願いしていたのですが、オンラインでできてしまいます。まだ試していませんが、帰国後日本に居ながらにしてタイのプリペイド番号や友人の番号にtop-upできそうです。プリペイド番号には有効期限がありますが、top-upすると自動延長されますので、有効期限の操作にも使えます。

①LINEウォレットにある「Mobile Top-up」もしくはrabbit LINE Pay画面にある「携帯電話チャージ」をタッチ
clip-20190414054419.jpg
②電話番号を入力、チャージ(top-up)する金額をタッチして、「チャージ」をタッチ
clip-20190414070726.jpg
③チャージ先の電話番号を確認。問題ないなら「確認」をタッチ
clip-20190414070912.jpg
④支払いに使うアカウントを確認。問題ないなら「xxを支払う」をタッチ
clip-20190414071109.jpg
⑤Payパスワードを入力するとこの画面に。問題ないなら「決済」をタッチ
clip-20190414071305.jpg
⑥LINE上に支払い完了の通知と残額がでる。
clip-20190414071537.jpg

携帯電話チャージ(Mobile top-up)した後は、(Dtacの場合)Add-onパッケージを購入したり、いろいろやれます。こちらもどうそ。2018年5月の情報ですが、ほぼ変わっていません。
タイリピーターのプリペイドSIMはDtac一択で決まり!?

以上です。

関連する記事

タイのLINEペイ(rabbit LINE Pay)の本人確認手順
タイのLINEペイ(rabbit LINE Pay)を試してきました。
タイのLINEペイ(rabbit LINE Pay)を試してきました。(その2)
タイリピーターのプリペイドSIMはDtac一択で決まり!?
このところLINEのサービスから目が離せません。今度は『LINE Pay300億円祭り』だそうな

タイのLINEペイ(rabbit LINE Pay)を試してきました。

#5月2日にrabbit LINE Payより通知があり、「rabbit LINE Payを使用する前に本人確認してください」とありました。やり方の概要をチェックするとタイの市民ID(Citizen-ID)の入った身分証の写真を送付するような感じでしたが、実際にやってみるとパスポートでよいようです。タイの住所の記載は定宿のにしておきました。まだ「確認中」のようですが、この時点でrabbit LINE Payで自分のモバイルにはチャージ完了できました。
#5月6日にrabbit LINE Payより通知があり、「お待たせしました。本人確認が完了しました」とありました。でもモバイルチャージができない。「クレジットカードを登録しろ」と出ます。現金チャージしておいた残高のみではNGになったようです。試しにVプリカ(VISAブランド)を登録しましたがすんなりOK。今度はモバイルチャージ画面に飛びました。今やると有効期限延長に効果がないので、後日チャージが決済されるか確認する予定です。
楽天バーチャルプリペイドカード(MASTERブランド)を登録してモバイルチャージできることを確認しました。(2019年5月)

タイのLINEペイ(rabbit LINE Pay)を試してきました。以下その顛末です。
clip-20190414131232.jpg
上の写真はソンクラーンを週末に控えて並んだ夥しい数の水鉄砲(ปืนฉีดน้ำจำนวนมาก)

  • タイのLINEペイ(rabbit LINE Pay)とは?
  • rabbit LINE Payの開始方法
  • LINEペイとrabbit LINE Payの違い
  • BTS(バンコクの高架鉄道)との連携
  • タイのモバイル通信キャリアのtop-up

タイのLINEペイ(rabbit LINE Pay)とは

ひとことでいうと、タイでのサービスに使える電子マネーです。普通に日本でも使っているLINEアプリをタイの電話番号でユーザ登録すると、rabbit LINE Payの設定ができ、

  • (電子マネーの)チャージ
  • タイモバイルキャリアへのチャージ(top-up)
  • BTSカード(rabbitカード)へのチャージ(top-up)
  • マクドナルド、KFC、等々での支払い
  • 各種支払い

等のサービスが使えるようになります。

これがQRコード読み取り機。複数機種あるようですが、操作方法は同じでしたね。ちなみにこれでBTS(rabbitカードの非接触カード)の操作もできるようです。後日試しました。

clip-20190414080934.jpg

タイのファミマでも4月か5月位には使えるようになるようですよ、と店員さんから聞きました。

clip-20190414051909.jpg

タイにも電子マネー化の波が押し寄せているようです。初訪泰から10年以上になりますが、タイ国内で電子マネーを使ったのは今回が初めての経験でした。

clip-20190414075359.jpg

rabbit LINE Payの話からは外れますが、バンコクに持っている銀行口座のATMカード(磁気カード)が2019年12月31日を過ぎると使えなくなるということで、ICチップの付いたATMカードに切り替えてきましたが、これにはUnion Pay(銀聯)のクレジット・デビットがついていました。

clip-20190414080722.jpg

rabbit LINE Payの開始方法

普通に日本でも使っているLINEアプリを使って、タイのプリペイド番号で新規にユーザ登録すれば、rabbit LINE Payの設定ができるようになります。

clip-20190414081120.jpg
ちょっとぼんやりしているので拡大すると、
clip-20190414054419.jpg
タッチすると、
clip-20190414060100.jpg
となり、安全のためのPayパスワード設定やチャージ等ができるようになります。

チャージ方法には、銀行口座と連携する方法もありますが、ツーリストの場合口座を持っていてもタイの市民ID(Citizen-ID)を持たないので、恐らくNGでしょう。私もそこで諦めました。

clip-20190414064433.jpg

一台のスマホで複数のLINEアプリを起動できる機種※1の場合は問題ないですが、そうでない場合、新規にアカウント登録すると、そのスマホに入っていた(日本の)アカウントのデータが消えてしまいますので、注意が必要です。その場合は別の(SIMフリーな)スマホを使うのが簡単です。

※1:Galaxyの「デュアルメッセンジャー 」やOPPOの「マルチ起動アプリ」等

続きは以下のページで。
タイのLINEペイ(rabbit LINE Pay)を試してきました。(その2)

以上です。

関連する記事

タイのLINEペイ(rabbit LINE Pay)の本人確認手順
タイのLINEペイ(rabbit LINE Pay)を試してきました。
タイのLINEペイ(rabbit LINE Pay)を試してきました。(その2)
タイリピーターのプリペイドSIMはDtac一択で決まり!?

タイリピーターのプリペイドSIMはDtac一択で決まり!?

はじめに

結構前になってしまうのですが、
AISプリペイドSIMの有効期限を月15Bで延長できた!?
という記事を紹介しました。

タイリピータとして、携帯やスマホのプリペイド番号を保持しておくのは、搭乗機が空港について安全ベルト装着のサインが消えた瞬間からの行動に違いが出せるので、重要です。

ここでは、プリペイド番号保持(つまり有効期限延長のことです)の方法に関して、

  • いつでもどこでも簡単に設定できること
    • スマホからアプリを使って設定できます
    • 帰国してからも延長できそうです
  • 安いこと
    • 年24バーツになります

の最新(2018年5月ですが)情報を提供したいと思います。

おまけとして、

  • 複数のSIMの残高(balance)をまとめられること
    • 家族分のSIMの残高(balance)をまとめる
    • 自分用の(データ用と通話用など)複数のSIMの残高(balance)をまとめる

の紹介もしたいと思います。

こちらは2019年4月の情報です。rabbit LINE PayというLINEサービスがあって、Dtac等タイのモバイルキャリアとの連携が便利でした。
タイのLINEペイ(rabbit LINE Pay)を試してきました。(その2)

注意点

  • SIMフリーの「スマホ」が必要です
    • 「携帯」だと後述するアプリが使えないと思われるので注意してください
  • お使いのSIMで200バーツ以上使っていること
    • HAPPYツーリストSIMなら種類によっては即クリアできる条件ですので簡単です
  • 帰国してからの設定を有効にするには、国際ローミングを有効にしていること
    • 帰国する前に設定しておくことが必要です

年間180バーツが年間24バーツと、格段にコストが下がりました。

やり方

ひとことでいうと「スマホにDtacアプリをインストールしてちょこちょこやる」です。

DtacアプリはPlayストアやAppleストアで簡単に探せます(日本でも)。
ただ、(日本でもタイでも)DtacのSIMを刺した状態でないと、起動したときログインが必要になりますので、極力タイにいるときに設定することを勧めます。

ちょっと前には考えられなかったアプリです。いつもSMSによるコード送信でしたので。PCでいうCUIとGUIの違いのような...
ネットにも、公式ページ以外にはほとんど情報もなく、アプリの画像も出てこない状態でした。

これから紹介する有効期限延長サービス(Day Give-away Service)や残高移行サービス(Balnce Transfer Service)のアプリ画像もネットでは見たことがありませんでしたが、タイ語のサイトなどに出ているんでしょうかね。

有効期限延長サービス(Day Give-away Service)

アプリを立ち上げた直後はこんな風です。

下のメニュの中のPackegeが選択されている状態のようです。

このメニュの右端にあるOtherを選択すると、

電話番号が表示され、国際ローミング設定やらアプリ設定やらが出てきますが、Jaideeを選択します。

上から2番目にあるDay-GiveAway-Serviceを選択します。


60日、90日、180日のうち、180日(12バーツ)を申し込んだあとに来たSMSです。

残高移行サービス(Balnce Transfer Service)

私の場合これ良く使います。タイ滞在中はデータ用SIMと通話用SIMを併用していて、データ用SIMの電話番号は保持しても仕方ないので、帰国直前に残高を通話用SIMへ移行しています。

上から3番目にあるBalance-Transfer-Serviceを選択します。

残高移行先の電話番号と移行金額を入れて申し込みます。

受け付けたことをSMSで知らせてくれます。アプリでも確認できます。

※手数料が2バーツ掛かりますので注意してください

国際ローミングサービス(International Roaming Service)

上の設定もそうですが、通話(電話)アプリから特殊なコードをSMS送信することで設定できます。

通話(電話)アプリのダイヤルPADで以下をダイヤルする

*118*9#

アプリでも設定できそうです。「できそうです」というのは歯切れの悪い言い方ですが、
私自身はSMSによる設定で済ませてしまいました。

上にも出てきたOtherを選択した画面です。

この中にある、International-Serviceを選択します。

japanを選択すれば国際ローミングサービスの設定ができるようです(未確認)。

あとがき

使用言語がタイ語と英語ともうひとつ(よくわからない言語です)あるようです。

内容は簡単なのでこのページを参考に設定してみてください。
#「Jaidee」は「親切、優しい」の意味だそうです。ハートのアイコンですもんね!

以上です。

関連する記事

タイのLINEペイ(rabbit LINE Pay)の本人確認手順
タイのLINEペイ(rabbit LINE Pay)を試してきました。
タイのLINEペイ(rabbit LINE Pay)を試してきました。(その2)
タイリピーターのプリペイドSIMはDtac一択で決まり!?