アプリ」カテゴリーアーカイブ

LINE通知の直接トリガーとIFTTT経由のトリガーについて

自宅PCやサーバのHDD容量を監視して、逼迫してきたら、LINE通知に24H自動通知しています。

処理の流れとしては、

  • WIndowsタスクで一定期間で監視スクリプトを実行
    • 監視スクリプトで要通知となればLINE通知にPOSTする
    • そうでなければなにもしない(スルー)

これを24時間365日行っています。

ここでは、上記の「LINE通知にPOSTする」部分について、その方法と注意点について紹介しようと思います。

「 WIndowsタスクで一定期間で監視スクリプトを実行」部分については、本ブログの関連ページを参照してください。

かなり説明を端折ってますので、初心者の方はネットでいろいろ調べてみてください。

紹介内容とポイント

  • ①LINE通知への通知方法。少なくとも2種類ある。それぞれ長所短所があるので用途により使い分けるとよい
  • ②LINE通知に直接通知を投げる
  • ③LINE通知にIFTTT経由で通知を投げる
  • ④まとめ

③④については、「LINE通知の直接トリガーとIFTTT経由のトリガーについて(その2)」を参照してください。

①LINE通知への通知方法

LINE通知に至る方法には、他にもいろいろ紹介されているかも知れませんし、自分で独自にそうしたサービスを作ることも可能ですが、ここでは比較的簡単に導入しやすいと思われる方法を紹介します。

  • 監視対象機器からLINE通知に、直接、通知を投げる
  • 監視対象機器からLINE通知に、IFTTT経由で、通知を投げる

特に監視対象機器などなくて、単にTwitter等のネットサービスからLINE通知に通知したい場合は、IFTTT経由の方法を参照してください(後述するURLにPOSTするスクリプトも不要です)。

※ここの紹介では方法の比較がひとつのポイントですので、一方の方法のみであれば他ブログのページの方が導入しやすいかも知れません。

直接通知の特長

  • ほぼリアルタイムで通知が来る。他サービスを経由しないので、ほぼリアルタイムに通知できます。応用例を思いつきませんが、監視対象からの通知にすばやく反応したい場合有用かもしれません。
  • LINE通知専用のアクセストークンを取得して使用しないと通知できないので、安全

IFTTT経由通知の特長

  • 特別な知識やノウハウが必要ありません。監視対象機器からの通知を処理する場合でも、リアルタイム性を求めないならこちらで十分だと思われます。ただし結構タイムラグがあります(下記例の場合28分)。
  • LINE通知のアクセストークンを取得する必要がありません。ただしIFTTTのトークンは必要です。

②LINE通知に直接通知を投げる

監視対象機器(ここでは自宅PCとします)から「LINE Notify」(LINE通知)サービスにアクセスします。やり方は、ひとことでいうと、LINE通知専用アクセストークンを入手して、それを使ってURLにPOSTするだけです。それだけで普段使っているLINEに通知が来ます。

たとえば、こんな感じです。

clip-20191022112528.png
※背景画像は東京市ヶ谷にあるポケストップ

ひとつ目の通知が直接通知。二つ目の通知はIFTTT経由通知。同時刻にPOSTしていますが、到着に28分間のタイムラグがありました。IFTTT経由通知の場合は処理が遅いのではなく、ある時点でまとめて処理しているだと推察します。

powershellのコード例

以下PowerShellのコード例を示します。ここでは、LINE通知をする監視対象機器を自宅PC(Windows)としているのと、監視処理を同じくPowershellで書いてWindowsタスクから起動しています。

MacOSやLINUXサーバの場合は、「curl」コマンド等を使って同様に実装可能と思います。

LINE_trig.ps1

Add-Type -AssemblyName System.Web

Set-Variable -Name 'TOKEN_LINE' -Value <アクセストークンの文字列>
echo ("※LINEへ通知イベント発火 at " + $Now)

$oXmlHttp = New-Object -Com Msxml2.XMLHTTP.3.0
$URL = "https://notify-api.line.me/api/notify"

#コマンドライン引数(パラメータ)の取得
If ($Args.Length -eq 1){
    $a1 = [SYstem.Web.HttpUtility]::UrlEncode($Args[0])
    $a1 = "message=" + $a1
}else{
    echo "Error:引数が多すぎます"
    exit
}

$oXmlHttp.Open("POST", $URL, $false)
$oXmlHttp.setRequestHeader("Authorization","Bearer $TOKEN_LINE")
$oXmlHttp.setRequestHeader("Content-Type", "application/x-www-form-urlencoded")
$oXmlHttp.Send($a1)
If ($oXmlHttp.Status -eq 200){
    echo "正常に送信できました"
    echo [SYstem.Web.HttpUtility]::UrlDecode($URL) 
}Else{
    $responseText = $oXmlHttp.responseText()
    echo "Error returnCode: $responseText"
}

下記コマンドをWindowsのコマンドプロンプトで実行します

LINE_trig.ps1 "ディスク逼迫 at MyPC(残量 649)"

※通知内容の変更を容易にするため、上記スクリプトに引数をひとつ渡すようにしています。

※24H監視する場合はWindowsタスクへの登録が必要です。

R.参考

関連する記事・ページ

LINE通知の直接トリガーとIFTTT経由のトリガーについて
LINE通知の直接トリガーとIFTTT経由のトリガーについて(その2)
自宅PCをスマホでリモート管理(タスク管理編)
PCをリモート管理する1手法
【コードサンプル】Windowsタスクへの登録例
【コードサンプル】heartbeat.ps1 – 心音確認 PowerShell Script
【コードサンプル】1時間タスクのScript例
【コードサンプル】24時間タスクのScript例
【コードサンプル】hbJob.bat – Windows Bat Script
【コードサンプル】プロセスモニタのScript例
【コードサンプル】IFTTT経由でLINE通知するScript例
【コードサンプル】ネット転送量モニタ

お世話になったリンク

LINE Notifyでたのでちょっと試してみる。ついでにGithub Enterpriseのwebhookを通知するやつを作ったぞ!!

※東京市ヶ谷のポケストップ「ビーナス」
clip-20191023073518.png

以上です。

GitHubに公開したAndroidアプリ「DecoyCamera」について(使い方)

使い方

設定

現バージョンでは設定メニュはありません。

機能

本アプリはカメラアプリです。「Decoy」という名称でわかるかも知れませんが、周りにスマホがいっぱいある中で、周りに気づかれずに、状況を画像として記録することができます。

全体の流れ

ステップ1: アプリを起動する

①スマホアプリ起動前の画面例
clip-20191006170148.png
②スマホアプリ起動後の画面例。極小ファインダと2つのボタンが見える。ナビゲーションが白色
clip-20191006170458.png

アプリを起動しても、一見、何事もなかったような画面です。起動時のスマホ画面がほとんどそのまま残ります。ただし、見えているアイコンなどにタッチしてもなにも起こりません。「DecoyCamera」の透明な画面が全体を覆っているからです。

ステップ2: 極小ファインダーで画像を確認し、シャッターボタンをタッチして、撮影する

撮影に成功すると、保存する画像ファイル名が表示されます。画像ファイル名は撮影時刻をもとに自動生成したものになります。

「FR」ボタンをタッチするとメインカメラからフロントカメラに切り替わります。もう一度タッチするとメインカメラに戻ります。

Androidの機種による動作の違い

  • Amazon-Kindle-Fire-7:メインカメラでは撮影できません。フロントカメラに切り替えると撮影できます。シャッター音は鳴りません(FireOS6だから?)。
  • Amazon-Kindle-Fire- HD-10:メインカメラでは撮影できません。フロントカメラに切り替えると撮影できます。シャッター音が鳴ります(FireOS5だから?)。
  • GalraxyJ6+:フル動作します。シャッター音は鳴りません(海外向けスマホだから?)。
  • OPPO R11S:フル動作します。シャッター音が鳴ります(日本向けスマホだから?)。

ステップ3: 撮影した画像を確認する

スマホのファイラー(ファイル管理アプリ)を起動して、
内部ストレージ(内部共有ストレージ)の下記フォルダ(ディレクトリ)を確認します。

(内部ストレージ)/android/data/com.krasavkana.android.decoycamera/files

ステップ2で保存したファイル名のファイルが確認できるはずです。

ステップ4: アプリを終了する

「BLEスイッチ」との連携

GitHubに公開したAndroidアプリ「BleSwitch」について(使い方)

を参照してください。

リリース用APKファイル

リリース用にビルドした署名付きAPKファイルを本ブログ配下に置いています。

androidアプリ「BleSwitch」リリース用APKファイル
androidアプリ「DecoyCamera」リリース用APKファイル

GitHubの公開コードをローカル開発環境(AndroidStudio3.x)にクローンしてきてビルドしても得られるものですが、そうした環境をお持ちでない方のために用意しました。

どういう動作になるのか。興味のある方はいろいろ試してみてください。

関連する記事・ページ

GitHubに公開したAndroidアプリ「DecoyCamera」について(概要)
GitHubに公開したAndroidアプリ「DecoyCamera」について(使い方)
GitHubに公開したAndroidアプリ「DecoyCamera」について(技術解説)
GitHubに公開したAndroidアプリ「BleSwitch」について(概要)
GitHubに公開したAndroidアプリ「BleSwitch」について(使い方)
GitHubに公開したAndroidアプリ「BleSwitch」について(技術解説)

お世話になったリンク

android-Camera2Basic

以上です。

GitHubに公開したAndroidアプリ「DecoyCamera」について(概要)

概要

本アプリは、カメラアプリです。Camera2APIという最新のAPIを導入しています。

ただし、現時点では、旧来のCameraAPIと同じ使い方をしています。例えば、フェース認識等の先進技術は使っていません。

「DecoyCamera」というアプリ名

「DecoyCamera」というアプリ名にしていますが、これには理由があります。

「Decoy」とは、木製のカモ(人形)のことで、狩猟等で使います。「Decoy」があまりに精巧にできているので、本物の獲物(カモ)が寄ってきてくれるのです。狩猟者が設置した「Decoy」のそばに来た獲物は十分な射程距離に入っているので助かります。

日本語では「おとり」になりますね。今では「おとり捜査」(Decoy Investigate)の意味にも使われています。

「DecoyCamera」は、「Decoy」にちなんで、たくさんの(カメラ機能付き)スマホに紛れているスマホアプリです。後述しますが、狩猟者の代わりに撮影者が離れた場所から撮影タイミングを狙うこともできます。

今年、車載カメラ(ドライブレコーダー)が売れました

現代人は、今ではいつでもどこでもスマホに囲まれて生活しています。これまでカメラのない空間はバスルーム位でしたが、そこにスマホを持ったひとがいれば、それも例外ではなくなりつつあります。

2019年になって、車につける車載カメラ(ドライブレコーダーともいいます)が大変な売れ行きになっているそうです。

日本では滅多にないことですが、非常に稀に「乱暴運転」や「事故」に遭遇します。もちろん、自身の車が事故を起こしたり、巻き込まれたりすることもあります。

そういった場合に、車載カメラ(ドライブレコーダー)できちんと状況を記録できていると、とても助かります(逆に自分に不利になることもありますが)

テレビ等で「乱暴運転」の非道さが連日報道された結果、その状況を記録して証拠提示もできる非常に役立つものとして車載カメラ(ドライブレコーダー)が注目されました。

「DecoyCamera」の役割

車載カメラ(ドライブレコーダー)の街中版

「DecoyCamera」は、周りに気づかれずに、状況を画像として記録することができます。

車載カメラの場合は、エンジン始動からエンジン停止まで、自動で動作して状況を逐一記録していってくれます。

さすがに、スマホの電源を入れてから電源を落とすまで、内蔵カメラを起動して逐一記録することはできませんし、その必要もありません。運転中と比べてそんなに突然に証拠となる画像が必要になる場面はそうそうないからです。

不審物や不審者や不信な状況について、あからさまにカメラを向けることなく、その状況を撮影することが「DecoyCamera」でできます。

香港のデモに遭遇したら

画像処理によりフェース認識技術は現在中国が世界一だとか。基本技術は日本発のようですが、画像取得に使うカメラは街の到るところにあってその数も半端ないとか。

香港のデモの参加者は皆一様にマスクをしています。マスクをしていればフェース認識できないか、その能力が発揮できなくなるからでしょうね。

日本人が旅行者としてそうしたデモに遭遇したとすると、何が起こるか分かりません。デモのそばにいる人たちを「十把一絡げ」にして拘束するかも知れませんよね。

「目には目を、歯には歯を」で、当局の行動を「DecoyCamera」等のスマホアプリを使って逐一証拠として残しておきましょう。

中国でフェース認識に使われるカメラの数がどれだけ膨大であっても、世界の人たちが使っているスマホの数に比べれば、もののかずにもなりませんからね。

スパイカメラとは一味違う

世の中には、探偵などのプロが使うスパイカメラというものがあります。そうしたものはほぼ全てカモフラージュしたカメラです。つまり一見してとてもカメラには見えないもの。ペン、ACアダプター、壁掛け、腕時計、スーツのボタン、ぬいぐるみの眼球、等々。米国のドラマ「リベンジ」でもそういう小道具が使われていましたね。

「DecoyCamera」はそうしたものと一味も二味も違います。

  • スパイカメラはスマホ搭載のカメラに比べて性能が数段落ちます。「DecoyCamera」の場合、最新スマホにインストールするだけです。(なんて言っても、開発環境を持っていないのでiOSには対応していません)
  • スパイカメラは専用品で、証拠取得以外の使い道がありません
  • スパイカメラは専用品すぎて、使うひとにソーシャルエンジニアリング能力が必要です。逆にいうとプロが使ってこその仕様です。「DecoyCamera」の場合、いつでもどこでもスマホをいじれる時間と場所であれば、だれでも問題なく使いこなせます。ただし、日本向けスマホの場合シャッター音が鳴る場合があるので注意してください(*1)
  • スパイカメラはカスタマイズできません。「DecoyCamera」の場合、公開コードを改変すれば無限にカスタマイズ可能です
  • 「DecoyCamera」の場合、「BLEスイッチ」と連動して離れた場所からアプリを起動することができます

*1:「DecoyCamera」が使っているCamera2APIには単独では音声を鳴らす機能がありません。日本向けスマホの場合などで、自動でシャッター音が鳴る仕組みになっているようです。海外向けスマホにインストールした場合、シャッター音は鳴りません。実は、公開コードにおいても、オプションとしてシャッター音を実装しようとしましたが、うまくいきませんでした。

公開コードの改変について

本アプリのコードをGitHubにて公開しています。

「DecoyCamera」公開コード

開発環境はAndroidStudioで言語はJavaです。昔と違ってプログラミングの勉強が非常にやりやすくなっています。

元々それなりに動作するものを使って、いろいろ試してみることが一番勉強になると、管理人は考えています。

公開コードを取得してちょっと修正ながら、より素晴らしい、高機能な「Decoy」なカメラにしてみてください。

関連する記事・ページ

GitHubに公開したAndroidアプリ「DecoyCamera」について(概要)
GitHubに公開したAndroidアプリ「DecoyCamera」について(使い方)
GitHubに公開したAndroidアプリ「DecoyCamera」について(技術解説)
GitHubに公開したAndroidアプリ「BleSwitch」について(概要)
GitHubに公開したAndroidアプリ「BleSwitch」について(使い方)
GitHubに公開したAndroidアプリ「BleSwitch」について(技術解説)

お世話になったリンク

Android 5.0におけるBLE について – 受信編 –
THETA プラグインで 市販の BLE ボタンをリモコンにしてみた
iBeaconとは

以上です。

GitHubに公開したAndroidアプリ「BleSwitch」について(技術解説)

撮影タイミングは実機テストに使った端末に合わせて調整しています。

Android9.x(実機はGalaxyJ6+)ではLOW_LATENCYモードで100ms毎スキャンします。
それ以外のバージョンではLOW_ENERGYモードで起動します。2000msでスキャン3000ms休止のくり返しになります。実機ではスキャンできなかったり一回のボタン操作にもかかわらず2回以上信号を受けてスマホアプリを起動してしまうことがありました。

GitHubに公開したAndroidアプリ「BleSwitch」について(使い方)
ここに、こう書いていますが、少し違っていました。かなりかも。

スマホ(受信側)のBLEスキャン間隔はというと、以下にようになっています。

  • 低遅延モードLOW_LATENCY:常時スキャン
  • 低消費電力モードLOW_ENERGY:400msスキャン後4600ms休止、その繰り返し
  • バランスモードBALANCE:2000msスキャン後3000ms休止、その繰り返し

一方、BLEビーコンデバイス(発信側)の送信間隔はどうでしょう。
標準ビーコンで100ms、「Bluetoothリモートシャッター」は34msのようです(実測した結果)。

それではPochiruEcoはというと、こちらは特殊で標準ビーコンの規格を満たしていないようです。元々常時発信するデバイスではないのでそれでいいんでしょうね。ボタンが押されると800ms間隔で送信しつづけ、全体で20秒弱で停止します。

「実機ではスキャンできなかったり」の動作

上に紹介したスキャンモードのうち、低消費電力モードの場合5秒間のうち400msしかスキャンしないので、タイミングによっては、800ms間隔の送信を取りこぼす可能性があるようです。これで「実機ではスキャンできなかったり」の動作が説明できます。

「一回のボタン操作にもかかわらず2回以上信号を受けてスマホアプリを起動してしまうこと」

これについては、もう少し複雑な事情がありそうです。BLEのAPIライブラリの違いなのか、BLEビーコンデバイスとの相性の違いなのか不明ですが、BLEスキャンでデバイス検出できたあとの動作に微妙な違いが現れました。

コードで示すと


    // Device gatt callback.
    private BluetoothGattCallback leGattCallback = new BluetoothGattCallback() {
//        @Override
//        public void onServicesDiscovered(BluetoothGatt gatt, int status) {
//            Log.d(TAG, "Bluetooth GATT Status: " + status);
//       }
        @Override
        public void onConnectionStateChange(BluetoothGatt gatt, int status, int newState) {
            Log.d(TAG, "Bluetooth GATT Status: " + status);
            switch(newState){
                case BluetoothGatt.STATE_CONNECTED:
                    Log.d(TAG, "Bluetooth GATT State: CONNECTED");
                    gatt.disconnect();
                    break;
                case BluetoothGatt.STATE_DISCONNECTED:
                    Log.d(TAG, "Bluetooth GATT State: DISCONNECTED");
                    gatt.close();
                    break;
                default:
                    Log.d(TAG, "Bluetooth GATT State: " + newState);
                    break;
            }
        }
    };

の部分の話になります。

スキャン検出後、Gattに接続要求して、接続したら切断して、切断したらクローズして、というようなことをやって、BLEビーコンの発信を中断させるようにしています。上記コードには「接続したら切断して、切断したらクローズして」の部分が見えると思います。

ところが、実機によっては(もしかするとSDKバージョンによっては、かもですが)これがうまく動作しないものがあります。「Gattに接続要求して、接続したら切断して」の部分で接続時のコールバックがなく、いきなり切断時のコールバックになってしまいます。結局切断してクローズするのですから「どっちでもいいじゃない!」となりそうですが、このとき結構なタイムラグがあり、それがスキャン時の複数回検出に繋がっているのかと考えています。

BLEビーコンが発信を中断してくれさえすれば、5秒間隔位でボタンを押してもその都度スマホアプリが起動できますが、中断しないと、「一回のボタン操作にもかかわらず2回以上信号を受けてスマホアプリを起動してしまうこと」になってしまいます。

Android9.xの実機ではうまく動作しますが、Android7.xの実機では上記の通りの現象が出ています。

ただ、このあたりは、BLEビーコンの動作仕様といかに合わせるかの問題になるので、あまり厳密に考えても意味なさそうです。

たとえば、ボタン操作から20秒弱で発信停止するのあれば、最初からGatt接続しないで、20秒まってからスキャン再開すればよさそうです。もちろんその間ボタン操作は効かなくなるので、そうしたやりかたで要件を満足させられるのかチェックする必要はありますが。

Android9.xの実機(GalaxyJ6+)ではうまく動作しており、ボタン操作の取りこぼしなく、操作後1秒以内にカメラアプリが起動して撮影できることを確認しています。

「THETAVプラグインで市販のBLEボタンをリモコンにしてみた」はAndroid7.x???

参考にさせていただいたリンクに「THETAVプラグインで市販のBLEボタンをリモコンにしてみた」がありますが、開発環境で取得できるログ(LogCat)を比較してみると、どうも、Android7.1.1搭載の実機と同じ動きをするようです。
上のコードでいうと「CONNECTED」にコールバックしないでいきなり「DISCONNECTED」になりますね。参考記事の中でもある程度インターバル(記事中では8秒の設定)を置かないと連続撮影してしまうとか。
BLEの機器なのかソフトなのかの微妙な違いが動作に影響するようです。

関連する記事・ページ

GitHubに公開したAndroidアプリ「BleSwitch」について(技術解説)
GitHubに公開したAndroidアプリ「BleSwitch」について(使い方)
GitHubに公開したAndroidアプリ「BleSwitch」について(概要)

お世話になったリンク

Android 5.0におけるBLE について – 受信編 –
THETA プラグインで 市販の BLE ボタンをリモコンにしてみた
iBeaconとは

以上です。

GitHubに公開したAndroidアプリ「BleSwitch」について(使い方)

使い方

設定

設定メニュにて、指定できる項目は以下の通りです。

  • デバイス名(例 PochiruEco0099999)
  • デバイスアドレス(例 12:34:56:78:9A:BC)
  • サービスUUID(省略時はb3b36901-50d3-4044-808d-50835b13a6cd(*1)

*1:このサービスUUIDは「PochiruEco」固有のものです。

機能

本アプリはBLEデバイスのボタン操作をスマホアプリに橋渡しするアプリです。BLEデバイスをスマホアプリの起動スイッチとして使うことが可能になります。

例えば、公開コードでは下記のようにしています。

  • BLEデバイスのボタンをONする
  • 本アプリが察知して設定しておいたスマホアプリを起動する
  • 起動されたスマホアプリが何かする(公開コードではカメラアプリが起動する)

全体の流れ

ステップ1: 設定画面にて、BLEデバイスを特定するための情報を設定する

①右上にある縦に点が並んだところをタッチする
clip-20191006163235.png
②各パラメータを指定する
clip-20191006163451.png
③テーマをダークにすれば、メイン画面でパラメータを隠すことができる
clip-20191006163722.png

ステップ2: 「Start service」ボタンをタッチすると、スマホにサービスとして登録される

④「Stop service」に変わる
clip-20191006163828.png
⑤サービスの状態はこんな感じ(開発者モードで確認)だが、確認する必要はない
clip-20191006163609.png

サービスとして登録されると、バックグラウンドで以下を行います:

  • BLEデバイスをスキャンする
  • 設定画面で設定した内容に沿ったBLEデバイスからの発信が見つかると、スキャンを中止してBLEデバイスに接続してアドバタイジングを中断させる。
  • スマホアプリを起動する。
  • BLEデバイスをスキャンを再開する

公開コードにて呼び出しているスマホアプリ

  • インテント(package): com.krasavkana.android.decoycamera
  • インテント(activity): com.krasavkana.android.decoycamera.CameraActivity
  • インテント呼び出し時に渡すパラメータ: (Key)ble-command (Value)Shoot!Shoot!

Androidのバージョンによる動作の違い

⑥Foregroundサービスとして登録されると通知にアイコンが現れる。解除されると消える
clip-20191006164117.png
⑦通知をみたところ。公開サンプルではメディアとして登録した
clip-20191006164207.png

Android9.xではForegroundサービスとして登録しています。それ以前のバージョンでは通常のサービスとして登録しています。

ステップ3: スマホアプリ(公開コードではカメラアプリ)が起動して5秒以内に撮影する

⑧スマホアプリ起動前の画面例
clip-20191006170148.png
⑨スマホアプリ起動後の画面例。極小ファインダと2つのボタンが見える。ナビゲーションが白色
clip-20191006170458.png

撮影タイミングは実機テストに使った端末に合わせて調整しています。

Android9.x(実機はGalaxyJ6+)ではLOW_LATENCYモードで100ms毎スキャンします。
それ以外のバージョンではLOW_ENECYモードで起動します。2000msでスキャン3000ms休止のくり返しになります。実機ではスキャンできなかったり一回のボタン操作にもかかわらず2回以上信号を受けてスマホアプリを起動してしまうことがありました。

ステップ4: 撮影完了後、スマホアプリ(公開コードではカメラアプリ)が自動で終了する

ステップ5: 「Stop service」ボタンをタッチすると、サービスが解除される

⑩Foregroundでない通常のサービスなので通知にアイコンはない
clip-20191006164457.png

カメラアプリについて

本アプリの公開コードにて起動しているスマホアプリですが、以下URLにて同じくGitHubにて公開しています。

https://github.com/krasavkana/android-camera2api-decoycamera

公開コードの改変について

本アプリの公開コードの公開目的はサンプルの提示です。BLEデバイスはボタン電池で長期間動作してくれるので、様々なIoT機器としてこれから世の中に出てくるでしょう。BLEデバイスを扱うアプリのコードサンプルとして参考にしていただればと思います。

じぶんでいろいろ改変したい場合は、GitHubに公開したコードで試してみてください。

https://github.com/krasavkana/android-ble-switch

公開日から時間がたつと(例えば1年以上かな?)、Android-SDKのサポート状態とギャップが出て、公開したコードやビルドスクリプト(Gradle)そのままでは動作しない場合がありますので、注意してください。

リリース用APKファイル

リリース用にビルドした署名付きAPKファイルを本ブログ配下に置いています。

androidアプリ「BleSwitch」リリース用APKファイル
androidアプリ「DecoyCamera」リリース用APKファイル

GitHubの公開コードをローカル開発環境(AndroidStudio3.x)にクローンしてきてビルドしても得られるものですが、そうした環境をお持ちでない方のために用意しました。

どういう動作になるのか。興味のある方はいろいろ試してみてください。

Android9.xの実機(GalaxyJ6+)ではうまく動作しており、ボタン操作の取りこぼしなく、操作後1秒以内にカメラアプリが起動して撮影できることを確認しています。

関連する記事・ページ

GitHubに公開したAndroidアプリ「BleSwitch」について(技術解説)
GitHubに公開したAndroidアプリ「BleSwitch」について(使い方)
GitHubに公開したAndroidアプリ「BleSwitch」について(概要)

お世話になったリンク

Android 5.0におけるBLE について – 受信編 –
THETA プラグインで 市販の BLE ボタンをリモコンにしてみた
iBeaconとは

以上です。