LINE通知の直接トリガーとIFTTT経由のトリガーについて(その2)

自宅PCやサーバのHDD容量を監視して、逼迫してきたら、LINE通知に24H自動通知しています。

処理の流れとしては、

  • WIndowsタスクで一定期間で監視スクリプトを実行
    • 監視スクリプトで要通知となればLINE通知にPOSTする
    • そうでなければなにもしない(スルー)

これを24時間365日行っています。

ここでは、上記の「LINE通知にPOSTする」部分について、その方法と注意点について紹介しようと思います。

「 WIndowsタスクで一定期間で監視スクリプトを実行」部分については、本ブログの関連ページを参照してください。

かなり説明を端折ってますので、初心者の方はネットでいろいろ調べてみてください。

紹介内容とポイント

  • ①LINE通知への通知方法。少なくとも2種類ある。それぞれ長所短所があるので用途により使い分けるとよい
  • ②LINE通知に直接通知を投げる
  • ③LINE通知にIFTTT経由で通知を投げる
  • ④まとめ

①②については、「LINE通知の直接トリガーとIFTTT経由のトリガーについて」を参照してください。

③LINE通知にIFTTT経由で通知を投げる

監視対象機器(ここでは自宅PCとします)から「IFTTT」サービス経由で「LINE Notify」(LINE通知)サービスにアクセスします。やり方は、ひとことでいうと、IFTTTサービスに登録してMyAppletを作成するだけです。それだけで普段使っているLINEに通知が来ます。

たとえば、こんな感じです。

clip-20191022112528.png
※背景画像は東京市ヶ谷にあるポケストップ

ひとつ目の通知が直接通知。二つ目の通知はIFTTT経由通知。同時刻にPOSTしていますが、到着に28分間のタイムラグがありました。IFTTT経由通知の場合は処理が遅いのではなく、ある時点でまとめて処理しているだと推察します。

powershellのコード例

以下PowerShellのコード例を示します。ここでは、LINE通知をする監視対象機器を自宅PC(Windows)としているのと、監視処理を同じくPowershellで書いてWindowsタスクから起動しています。

MacOSやLINUXサーバの場合は、「curl」コマンド等を使って同様に実装可能と思います。

IFTTT_trig.ps1

Add-Type -AssemblyName System.Web

Set-Variable -Name 'TOKEN_IFTTT' -Value <IFTTTのトークン文字列>
echo ("※IFTTTへMAKERイベント発火 at " + $Now)

$oXmlHttp = New-Object -Com Msxml2.XMLHTTP.3.0
$URL = "https://maker.ifttt.com/trigger/test/with/key/$TOKEN_IFTTT"

#コマンドライン引数(パラメータ)の取得
If ($Args.Length -eq 1){
    $a1 = [SYstem.Web.HttpUtility]::UrlEncode($Args[0])
    $URL = $URL + "?value1=" + $a1
}else{
    echo "Error:引数が多すぎます"
    exit
}

$oXmlHttp.Open("GET", $URL, $false)
$oXmlHttp.Send()
If ($oXmlHttp.Status -eq 200){
    echo [SYstem.Web.HttpUtility]::UrlDecode($URL)
}Else{
    echo "Error returnCode:" + $oXmlHttp.Status
}

※ここではIFTTTのMyAppletに設定するトリガーコマンドを「test」としています。

下記コマンドをWindowsのコマンドプロンプトで実行します

IFTTT_trig.ps1 "ディスク逼迫 at MyPC(残量 649)"

※通知内容の変更を容易にするため、上記スクリプトに引数をひとつ渡すようにしています。

※24H監視する場合はWindowsタスクへの登録が必要です。

④まとめ

自宅PCやサーバのHDD容量を監視して、逼迫してきたら、LINE通知に24H自動通知しています。

ここでは、「LINE通知に24H自動通知」について、その方法と注意点について紹介しました。

関連する記事・ページ

LINE通知の直接トリガーとIFTTT経由のトリガーについて
LINE通知の直接トリガーとIFTTT経由のトリガーについて(その2)
自宅PCをスマホでリモート管理(タスク管理編)
PCをリモート管理する1手法
【コードサンプル】Windowsタスクへの登録例
【コードサンプル】heartbeat.ps1 – 心音確認 PowerShell Script
【コードサンプル】1時間タスクのScript例
【コードサンプル】24時間タスクのScript例
【コードサンプル】hbJob.bat – Windows Bat Script
【コードサンプル】プロセスモニタのScript例
【コードサンプル】IFTTT経由でLINE通知するScript例
【コードサンプル】ネット転送量モニタ

お世話になったリンク

LINE Notifyでたのでちょっと試してみる。ついでにGithub Enterpriseのwebhookを通知するやつを作ったぞ!!

※東京市ヶ谷のポケストップ「ビーナス」
clip-20191023073518.png

以上です。