【コードサンプル】IFTTT経由でLINE通知するScript例

IFTTTへMAKERイベント発火するScript例

hh99_IFTTT_trig.ps1

  • hhxx_xxxなので、heartbeat.ps1が直接起動することはない
  • この例では、IFTTTへイベント発火するのみ。IFTTTの設定にて、発火イベントを受けるとLINE通知に通知するような仕掛けにしている。それにより、スマホにLINE通知が届く
    • PCからIFTTTへイベントを発火する
    • IFTTTからLINE通知へ通知する
    • LINE通知からスマホに通知が来る
#
Add-Type -AssemblyName System.Web
#************************************************************************************
# 定数定義
#************************************************************************************
Set-Variable -Name 'hFile' -Value history\hh99_IFTTT_trig_history.txt
Set-Variable -Name 'TOKEN_IFTTT' -Value <IFTTTのトークン>
echo ("※IFTTTへMAKERイベント発火 at " + $Now)

$oXmlHttp = New-Object -Com Msxml2.XMLHTTP.3.0
$URL = "https://maker.ifttt.com/trigger/$($Args[0])/with/key/$TOKEN_IFTTT"

#コマンドライン引数(パラメータ)の取得
If ($Args.Length -eq 2){
    $a1 = [SYstem.Web.HttpUtility]::UrlEncode($Args[1])
    $URL = $URL + "?value1=" + $a1
}else{
    echo "Error:引数が多すぎます"
    exit
}

$oXmlHttp.Open("GET", $URL, $false)
$oXmlHttp.Send()
If ($oXmlHttp.Status -eq 200){
    Get-Date -Format G | Out-File -FilePath $hFile -Append
    echo [SYstem.Web.HttpUtility]::UrlDecode($URL) | Out-File -FilePath $hFile -Append
}Else{
    echo "Error returnCode:" + $oXmlHttp.Status
}

関連する記事・ページ

自宅PCをスマホでリモート管理(タスク管理編)
PCをリモート管理する1手法
【コードサンプル】Windowsタスクへの登録例
【コードサンプル】heartbeat.ps1 – 心音確認 PowerShell Script
【コードサンプル】1時間タスクのScript例
【コードサンプル】24時間タスクのScript例
【コードサンプル】hbJob.bat – Windows Bat Script
【コードサンプル】プロセスモニタのScript例
【コードサンプル】IFTTT経由でLINE通知するScript例
【コードサンプル】ネット転送量モニタ