カレンダリスト | Gカ検索2

カレンダリストの新規作成[Calendar List Settings]

カレンダリストの設定方法は2通りあります

設定方法1:ウェル(Well)画面からの読み込み

well_480x854_jp

「メニュ」から「ウェル」を選択して文字入力可能な画面にしたあと、「カレンダリストテキスト形式」に従い入力します。

注意[caution] 数個程度のカレンダの限定公開URLなら手入力できますが、それ以上だと、PC等で作ったテキストをメール等でケータイに送ってコピペした方が、全然楽です

設定方法2:sdcard(外部媒体)からの読み込み

PC等で作ったテキスト(WINDOWSのメモ帳やTeraPadなどで作成します)をsdcardにコピーして、「メニュ」の「外部読込」を選択して入力します

注意[caution] テキストの格納場所は
/sdcard/gcalsearch/readsd.txt
注意[caution] sdcardの場合は先頭行に1カラム目から*gcalsearch 行が必要です(行末まで読み飛ばされます)
注意[caution] カレンダ名称に日本語を含むときはUTF-8形式で作成する必要があります。TeraPadでは名前を指定して保存(コードはUTF-8N)が無難です

c2010-2011 KrasavKana

カレンダURLテキスト形式[Format]

・数字の0または1
・カレンダ名
・限定公開URL
を1行にカンマ(,)で区切って並べます。

(例の始まり)

0,private,http://www.google.com/calendar/feeds/account-name%40gmail.com/private-xxxxxx/basic

0,work,http://www.google.com/calendar/feeds/account-name%40gmail.com/private-xxxxxx/basic

0,community,http://www.google.com/calendar/feeds/account-name%40gmail.com/private-xxxxxx/basic

(例の終わり)
限定公開URLは、
http://www.google.com/calendar/feeds/account-name%40gmail.com/private-xxxxxx/basic
のような感じの文字列です。「限定公開URL XML」で検索(googling)してみてください

注意[caution] 限定公開URLは取り扱いに注意してください。他人が入手してアクセスすると(ご自分の設定した公開ポリシーにかかわらず)容易に内容を見ることができます。その疑いのあるときはPCからGoogleカレンダにアクセスして、限定公開URLのリセットを行ってください。そうすればまったく新しいURLが設定され、古いURLではアクセスできなくなります
注意[caution] イベントの開始時刻や更新時刻等で検索を順番づけたい場合や昇順・降順の指定等は、本アプリではサポートしていません。代わりに、次のような文字列を限定公開URLの後につけてカレンダ情報として保存しておきます。


(例2の始まり)

0,private,http://www.google.com/…/private-xxxxxx/basic?orderby=starttime&sortorder=ascending

(例2の終わり)

ただし、start-min,start-max,max-resultsはアプリがgoogleへの問い合わせ処理(HTTP-GET)中に
オプションとして付加しています
orderby=starttime開始時刻で並び替え(なにもつけないと更新時刻になる)
sortorder=ascending昇順(descendingを指定すると降順)
futureevents=false将来/過去のイベントを対象とするかの指定(省略値はfalse)
singleevents=true繰り返しイベントを展開しないか/(するか)の指定(省略値はtrue)
start-min=1970-01-01指定日(時刻も指定できる)以降を対象とする(省略値は1970-01-01T00:00:00)
start-max=2030-01-01指定日(時刻も指定できる)以前(その時刻や日は入らない)を対象とする
(省略値は2031-01-01T00:00:00)
max-results=10最大出力数(省略値は25)
上記のオプションのつけ方にはルールがあることに注意してください。HTML等書いているひとには当たり前のことかも知れませんが、各オプションを「&」または「?」で区切ります。オプションを1つつけるときは「?」を、2つ以上つけるときは2つ目以降は「&」で区切ります(上記例2のようにします)。サーバが「?」以降をオプション群として認識し、そのオプション群を「&」で区切って処理してくれます
注意[caution] カレンダ名は日本語でもかまいませんが、その場合はUTF8のコードである必要があります。
注意[caution] 外部媒体から本テキストを読み込ませる場合には先頭行に*gcalsearch 行が必要です。Wellからの入力の場合は必要ありません