iPhone」タグアーカイブ

「さっきのと全然違うのぉー!」音質が違うようです!IP電話 vs 3G電話(3G,LTE)

実家にいる耳の遠い親父と、実際に通話したときの実験(?)です。

こちら側はスマホで向こうは固定電話で試しました。親父も携帯電話を持っていますが
固定電話の方が聞きとりやすいらしい。そういう状況で色々試してみました。

実験してみたのは4種類

色々とはいっても、今回試してみたのは、次の4つ。

スマホ3種類、電話方式2種類の組み合わせです。

  • iPod-touchとIP電話(050)
  • iPhoneとIP電話(050)
  • HTC batterflyとIP電話(050)
  • iPhoneと3G電話(日本通信(ドコモMVNO))

で、結果は、最後の3G電話(日本通信(ドコモMVNO))がダントツ聞きやすかったようで、本人もその違いに驚いていました。スマホ機種に違いによる差はないようでした。日本通信はDocomo回線を使っているのでDocomoのスマホや携帯でも同じことだと思います。あとLTEだとどうでしょうね。

IP電話はまだまだ発展途上なんでしょうか?

050などのIP電話はまだまだ発展途上なんでしょうか?こんなことを書くと、それはたまたまIPの通信状態が悪かったのだと言うひともあるかと思いますが、今回のIP電話は実測35Mbps(ある測定サイトではドラゴン級!)の光経由ですので、3GやLTE越しのIP電話だともっと条件は悪くなるのかなと思っています。

もちろん、耳がそれほど遠くない健康な人との通話では、IP電話で通話は可能ですし、費用も安くできるのでよい選択枝だと思います。ちょっとクリティカルな状況で使ってみると質の違いが出てくるということでしょうか。

送り側と受け側の双方で対策をとった方がよい?

こういう場合は、話す側(送り側)と聞く側(受け側)の双方で対策をとった方がよいようです。受け側の電話(受話器)を骨伝導式にすればよいのかもしれません。近いうちに導入してみようかと思います。補聴器も持っていますが、電話とは相性が悪いようですね。最新のは相性いいのかな?

それぞれ離れた場所に住む兄弟たちでSNS等を使いながらいろいろ話し合ってこういった対策をとっていますが、大変ですね。でも仕事やその他で暫くできなかった親孝行がやっとできる機会ですからね。

以上です。

最強 HTC Butterfly!でも他に乗り換える前に何とかして欲しいこと

スマホやタブレットを含め、今一番触っている時間が長いものはAndroid端末HTC社のButterflyです。

iPhoneは電話(SIMフリーなのでDocomoの電波を使用)、テザリング、カメラでスナップ撮り、目覚まし等のアラーム、位にしか使わなくなりました(それでも結構使っています)。

Android端末としては、古いXperiaは遅くて使えず、GalaxyS3を使っていました。Butterflyが来てからは、やはり画面の広さとQuadCoreの威力が圧倒的ですね。iPhoneは3GS、4、4s、5をもっています。アプリのUIなどは抜群ですが動画の取り込み等でモタモタします。iTunesをいれていないと何もできないのですから。

なので、殆どのスマホの作業をButterflyでこなしたいと考えましたが、DropBoxとの連携に難がありました。「PolarisOffice」でテキストファイルを編集すると「エラーを吐く」のです。

なにはともあれ、HTC Butterflyが最強でした

先日、「ネットサービスは連携が命です。DropBoxとの連携でiPhone vs GalaxyS3」なんて記事を書いたばかりですが、

HTCでは逆でした。「PolarisOffice」ではExcelファイルなどは暗号化ファイルまで参照できるのですが、テキストファイルを編集するとエラーを吐きます。このままでは使いものにならないということになりますが、実は、DropBoxのテキストエディタが使えるのです。

で、結局、

  • Galaxy S3:DropBoxのテキストエディタが使えない
  • HTC Butterfly:「PolarisOffice」のテキストエディタが使えない

という状態。

Polaris Office バージョン3.0.3068.11[HTCButterfly(au)]

世の中どんな分野でもひとつのソリューションで全て賄えるものは存在したことがないので「よし」としましょう。

以上です。

ネットサービスは連携が命です。DropBoxとの連携でiPhone vs GalaxyS3

先日ある新聞で携帯端末に関する満足度調査の結果が発表されていました。それによると1位がiPhone5、2位がiPad-mini、等と圧倒的にiOS系端末が支持されているようです。見た目やUIが一見圧倒的ですからね。ムリもありません。

スマホの流行とともに一般ユーザの支持が大勢を

iOS系の人気が高いそうですが、やりたいことがマニアック(特殊)になればなるほど、制約の少ないソフトやハードに軍配が上がるのが普通ですから、今回の調査結果は、それだけスマホの流行とともに(マニアックでない)一般ユーザが占めてきた証拠でしょうか。

UIはサービスを生かすもので主役にはなりえない

iOS系端末のUIがいかに使い易いとはいっても他サービスとの連携はうまくなれけば本末転倒です。UIはあくまでそれらのサービスを生かすもので主役にはなりえません。

例えばDropBoxとの連携はちょっと絶望的です。DropBoxの最大の売りは「いつでもどこでもどの端末でも」同じファイルにアクセスできることです。iPhoneでは編集もできないし暗号化ファイルも参照できない。DropBoxが出て結構時間が経っていますが変化の兆しがありません。技術的にはなんら困難なことはないでしょう。端からそうしたサービスを徹底した形で顧客に提供する気がないのでしょうね。でも、恐らく、これは、単に私が有料のアプリを揃えていないからなのでしょうね。

それに比べると、Android系端末は大変便利になりました。暗号化したExcelファイルが「いつでもどこでも」アクセスして参照できるのです。実はAndroid系端末どうこうというより「PolarisOffice」というアプリが入っているお陰なんですね、想像するに。iPhoneにはないんでしょうか。

Android系端末の便利さを知る前は、出先で調べたいときに、iPhone(iPadでも同じ)のDropboxでそうしたファイルが開けず、いざというときに困りはてて、端末を「その場に叩きつけたい」こともありました。

Android系端末でもDropBoxとの連携は「まちまち」

ただ、Android系端末なら何でもいいということでもなさそうです。AndroidOS2.xだとDropBox自体インストールできませんでした。

現在最も成功しているAndroid系端末はGalaxyやHTCやXperiaでしょう。でもそれらとDropBoxとの連携は「まちまち」という感じです。

この記事では、iPhoneとGalaxyとの比較ですのでHTCやXperiaについては他の記事に譲りますが、GalaxyS3ではDropBoxのNativeテキストエディタが使えませんでした。こういった場合によくあるのが文字コードの問題ですがそうではなく、日本語そのものをサポートしていないという感じですね。本当にDB(DropBox)提供なのかという印象を受けました。多言語対応がまだ熟し切れていない?

解決策はあります。テキストファイルのOpen直前に表示される処理可能なアプリのリストから「PolarisOffice」を選択すればOKです。

HTCやXperiaとDropBoxとの連携については別途。

以上です。

勝手にiOSアップデートしないで!なぜパスコード認証で防げないんだろう!?

これまでに2度オーナーの承認を得ないでiOSのアップデートが勝手に行われたので、以下その経緯の説明とちょっとした考察をしてみます。

「iOSのアップデートが勝手に行われた」と書きましたが、誤解を招くので補足します。もちろん自動アップデートではなく、ひとが介しています。

「アップデートしときましたよ」と笑顔でひとこと

親戚が来たときのこと、話の途中で用事が出来て中座してしばらくして戻ったところ、自分のiPhoneの画面に何か違和感を覚えました。「何か変だなあ」と触っていると、歯車の設定アイコンにいつも見慣れていたはずの数字が消えているのです。

iosupdate

「えーっ!」と思って設定メニューに入ると、何とiOSのアップデートが完了している。「そんなはずは!」と焦っていると、近くにいた親戚が「アップデートしときましたよ」と笑顔でひとこと。

これで2度目の「えーっ!」。知っているひとは知っているでしょうが、これがもし脱獄iPhoneや下駄iPhoneならiOSアップデートは致命傷になりえます。それが「えーっ!」が出た真因でした。

その親戚もiPhoneユーザですのでアップデートの意味は理解しており、もちろん親切心からだったようです。

実は同じことがちょっと前にiPadで起きてました

実は同じことが数ヶ月と置かず、実家のiPadで起きていました。このとき、私は実家のiPadを管理してましたので、勝手にアップデートされたときにやはり、「えーっ!」と叫んでおりました。これももちろん親切心からです。

「こういうこともあるんだ」とそのときはやり過ごしましたが、同じことが2度あると、「待てよ」と思いました。

「なぜ、iOSアップデートになぜパスコード認証がないんだろう!?」

アプリのアップデートにはそれこそシツコイほどパスコード認証があるのに、なぜ、iOSアップデートになぜパスコード認証がないんだろうと。

やはり、アップルとしてはiOSアップデートの敷居をできるだけ低くしておきたいということなのかと理解した次第です。みなさんも気をつけてください。こういう場合にはデバイス自体のロック(パスコードロック)が必須ということでしょうね

以上です。