androidアプリ」タグアーカイブ

CJUTLの機能を一部公開します

CJUTLはAndroidアプリ クラウドジャーナルの使い勝手を向上させる
目的に作成した便利ツールです

market://details?id=krasavkana.cloudjournal

http://market.android.com/details?id=krasavkana.cloudjournal

今回公開する機能は

・well入力機能。Xml形式等のデータを入力して、クラウドジャーナルAppの
日記帳DBの内容を更新するなどします
(今回公開)
・日記帳DB更新機能。「Xmlビューワ機能」「well入力機能」と連携して
クラウドジャーナルAppの日記帳DBの内容を更新できるようにします
(今回公開)

・Xmlビューワ機能。クラウドジャーナルAppの日記帳DBを抽出しXml形式
にして画面に出力する。画面をロングタッチしてクリップボードにコピー。
メモ帳などで編集します
(今回公開)

・クラウドDBの色抽出機能。日記の種類(日記帳)を色分けするのに、
組み込みの色ではなくて、グーグルカレンダの色を使います
(従来から公開)

どういうときに使うか

クラウドジャーナルはグーグルカレンダを使いますが、カレンダの種類が多い場合に、
その日記帳データを1つずつ手入力するのは結構大変です。上記に公開する機能を組み
あわせることにより、複数の日記帳データを一括処理することができます。
私の場合17個のカレンダを使っておりこの機能が非常に役立ちます。

<準備>

1.下記のアクティベートキーをコピーするか、バーコードリーダ(QRコードリーダ)でコピーするか します。

book_view_xml_20281231[4C51C5]

[ 4C51C54E6CF45BBE26AB8CC36808F9859B9EA9C5F4B5B00B07D5FBE31A159A40 ]
(will be expired on Dec 31, 2028)

2.CJUTLを起動して、1のアクティベートキーを入力します。このときCJUTLは自動で終了します。

menu_480x854_jp

Activation checking:cj_book_view_xml_key
[Status:Not Activated]
から
Activation checking:cj_book_view_xml_key
[Status:Already Activated]
変化していればアクティベート成功です。

<日記帳データの保存>

3.CJUTLを起動して、Menu-XmlView-Book
で日記帳DBをXmlで出力します(Xmlビューワ機能)

<f_journalid>1
<f_delete>0
<f_use>1
<f_nametitle>calendar001
<f_namedesc>
<f_passcode>abcdefgh
<f_fontsize>7
<f_color>15
<f_bgcolor>-10743464
<f_gcalid>3
<f_gcal_access>700
<f_timestamp>1309307535484

4.画面をロングタッチしてクリップボードにコピー。
必要ならばメモ帳などで編集します。日記帳データを
1つだけ手入力しておいて、メモ帳上で日記帳データを
コピーして必要な数の日記帳データを作成しておきます。

<f_journalid>1
<f_delete>0
<f_use>1
<f_nametitle>calendar001
<f_namedesc>
<f_passcode>abcdefgh
<f_fontsize>7
<f_color>15
<f_bgcolor>-10743464
<f_gcalid>3
<f_gcal_access>700
<f_timestamp>1309307535484

<f_journalid>2
<f_delete>0
<f_use>1
<f_nametitle>calendar002
<f_namedesc>
<f_passcode>abcdefgh
<f_fontsize>7
<f_color>15
<f_bgcolor>-10743464
<f_gcalid>3
<f_gcal_access>700
<f_timestamp>1309307535484

<日記帳データの復元>

5.クラウドジャーナルAppをアンインストールします。

もしもオプションにより内部DBに日記データを保存する
モードにしている場合は内部DBが消えてしまいますので
注意してください。

クラウドDBを使うモードの場合は日記データがクラウド上に
ありますのでデータが消えてしまう心配はありません。

6.クラウドジャーナルAppを新規でインストールします。

アップデートでなく新規インストールする理由は、Xmlの
アップデートにすると4の日記帳データを復元するときに
不整合を起こしてしまう可能性があるからです。

7.下記のアクティベートキーをコピーする
か、バーコードリーダ(QRコードリーダ)でコピーするか
します。

well_input__20281231[EAE314]

[ EAE314C0401D810B4CB33A9B139DECB79B9EA9C5F4B5B00B07D5FBE31A159A40 ]
(will be expired on Dec 31, 2028)

8.CJUTLを起動して、7のアクティベートキー(cj_well_input_key)
入力します。このときCJUTLは自動で終了します。

menu_480x854_jp
Activation checking:cj_well_input_key
[Status:Not Activated]
から
Activation checking:cj_well_input_key
[Status:Already Activated]
変化していればアクティベート成功です。
もうひとつアクティベートが必要です。

9.下記のアクティベートキーをコピーするか、バーコードリーダ(QRコードリーダ)でコピーするかします。

book_update_xml_20281231[DF9C49]
[ DF9C498E46F7A9E184B4CD748127C11B9B9EA9C5F4B5B00B07D5FBE31A159A40 ]
(will be expired on Dec 31, 2028)

10.CJUTLを起動して、9のアクティベートキー(cj_book_update_xml_key)を入力します。このときCJUTLは自動で終了します。

menu_480x854_jp
Activation checking:cj_book_update_xml_key
[Status:Not Activated]
から
Activation checking:cj_book_update_xml_key
[Status:Already Activated]
変化していればアクティベート成功です。

11.CJUTLを起動して、Menu-Wellで出てきたWellの中に(titleとガイドされていてちょっと表現が変ですが)4で作成した日記帳データを貼り付けます。

Doneボタンを押しCJUTLを終了します。

12.クラウドジャーナルAppを起動します。

6のとき起動してしまっても構いませんが、どこかで一度終了させる
必要があります。

13.主パスコード等を設定します。Menu-日記帳で日記帳を見ると4で作成した日記帳データがリストされているはずです。

一度アクティベートすれば、上記は3.4.5.6.11.12.13.のみ
の作業で更新可能です。

<Xml形式での日記帳データの追加方法>

1.で囲まれた部分が1つの日記帳データになります。
複数の日記帳データはの中に収める必要があります。
ビューワで見るとそうなっていると思います。

<f_journalid>1
<f_delete>0
<f_use>1
<f_nametitle>calendar001
<f_namedesc>
<f_passcode>abcdefgh
<f_fontsize>7
<f_color>15
<f_bgcolor>-10743464
<f_gcalid>3
<f_gcal_access>700
<f_timestamp>1309307535484

2.<f_journalid>N
のNを日記帳ごとに1つ割り当てる必要があります。Nは1から順番に2・3・4...と割り当てると間違いが少ないです

<f_journalid>1
 . . .
<f_journalid>2
 . . .
<f_journalid>3
 . . . 

3.<f_nametitle>、<f_namedesc>、<f_passcode>を適当に設定します。

<f_nametitle>calendar001
<f_namedesc>
<f_passcode>abcdefgh

<f_nametitle>はグーグルカレンダのカレンダの文字列と完全に一致させる
必要があります。空白等がないか注意してください。日本語と混在する場合
は使用する文字コードに注意が必要です(コピペの段階で自動変換されるので
実質問題ないと思います)

<f_passcode>は4文字以上の平文で指定します。英数字の組み合わせが
よいと思います。

<f_passcode>abcdefgh

残りのフィールドは適当で構いません。アプリ側で適当に値を更新します。

以上です。

クラウドジャーナル(androidアプリ)から見えなくなった日記データの復元方法について

クラウドジャーナルでは端末内にある内蔵カレンダデータベースに対してアクセスしますが、半年ほど前に作成した日記データが見えなくなるという問題が出ました。

調べてみると、クラウド上のGoogleカレンダ(PCから見えるカレンダ)には日記データがきちんと残っています。

どうも、クラウド上のgoogleカレンダの予定の一部が、端末内にある内蔵カレンダデータベースと、うまく同期が取れていないようです。

パソコン経由でカレンダを(ICAL形式で)ダウンロードして中身を覘いてみると、

LAST-MODIFIED:yyyymmddThhmmssZ
DTSTAMP:yyyymmddThhmmssZ

の項目の内容に依存しているようです。

日記データを復元する手順

いろいろ試した結果、下記手順にて復旧することが確認できました。

step1 パソコン経由でGoogleカレンダを(ICAL形式で)ダウンロードする

※クラウドジャーナルの対象カレンダが複数カレンダにわたる場合はそれらをすべてダウンロードする必要があります

step2 step1でダウンロードしたカレンダをそのままアップロードする

※UIDで新規作成か更新か処理しているようなので、

LAST-MODIFIED:yyyymmddThhmmssZ
DTSTAMP:yyyymmddThhmmssZ

だけが変化してくれるようです。

step3 クラウドジャーナルで見れるようになっているか2、3個の日記データを使って確認する

秘密にしたい日記データは1つにまとめるべきかも!?

私自身は20以上のカレンダを使っており、本クラウドジャーナルアプリで暗号化する日記データ(予定データ)もそれら20以上のカレンダに散らばっています。上記復旧方法だとカレンダを1づつDL/ULしなければならず、大変なんですね、これが。

やはり日記データは1つにまとめるべきなのかも知れません。DL/ULが一回で済みますから。

関連する記事・ページ

Android向け暗号化日記アプリ「クラウドJ2」をGoogle Playにてリリースしました
無料Androidアプリ「10秒で10年日記 逆さ日記帳」をGoogle Playにてリリースしました
「10秒で10年日記 逆さ日記帳」の設定に「全てのカレンダ」項目を追加しました
“Just10SecGet10yDiary R10Diary” has another feature of “All Calendars”
自作無料WEBアプリ「10秒で10年日記 逆さ日記帳」に検索機能を追加しました
「10秒で10年日記 逆さ日記帳」というWEBアプリをリリースしました
Gカレンダ暗号化/復号化ツール「MiniCJ2」を本サイトにてリリースしました
Gカレンダ暗号化/復号化ツール「MiniCJ」を本サイトにてリリースしました
Android端末の種類でGoogleカレンダの背景色が微妙に違う!?
クラウドジャーナル(androidアプリ)から見えなくなった日記データの復元方法について

以上です。

How to use CJUtil(color from google calendar)[CJユーティルの使い方]

How to set color of google calendar on your journal list view in the CloudJournal App.
[クラウドジャーナルアプリの日記リストの色データをgoogleカレンダから取得する]

(step1)
Install CloudJournal (v2.6.7 and up) and launch it first so that a DB for optional functions
can be created.
[クラウドジャーナル(2.6.7版以上)をインストールして一度起動する]

(step2)
Install CJUtil (v1.0.0 and up) and launch it.
[CJユーティルをインストールして起動する]

(step3)
input regist-key below(no square brackets and no white spaces).
[下記の登録キーを入力窓に入力する]

registKey for Color from CloudDB function


[ CB4C04ACA7F68BB0C40DD1D643F036B89B9EA9C5F4B5B00B07D5FBE31A159A40 ]
(will be expired at Dec 31, 2028)

Note that nohing wll be registered through internet by doing this. Dont warry about it.
[登録キーといっても機能を有効にするだけでインタネット経由の一切の登録処理はありません].

(step4)
On CJUtil, select Menu-GcalColor so that the app. read color from DB for google calendar
and set color on DB for CloudJournal app.
[CJユーティルで、「メニュー」「GcalColor」を選択します。クラウドジャーナルの内部DBにgoogleカレンダDBの色データを設定します]

(step5)
On CloudJournal, check Menu-ColorOfCloud
[クラウドジャーナルで、「メニュ」「色をクラウドから」をチェックします]

(step6)
Confirm color was changed on journal list view
[クラウドジャーナルで、日記リストの色が変化しているか確認する]

(step7)
CJUtil app. can be uninstalled from your device.  The functions and settings that youve activated wont be gone.
[CJユーティルはこの時点でアンインストールできます。クラウドジャーナルの内部DBに設定された色データは変わりません]

Enjoy it!