android」タグアーカイブ

Android端末は簡単sshサーバになる(2)

Android端末は簡単sshサーバになる(2)

前に、

「自宅のWindows共有サービスに出先から簡単アクセス」

という記事を書いたが、

「Android端末は簡単sshサーバになる」

と組み合わせられることがわかった。
#考えてみればできて当たり前ですね

Android端末でSambaOverSSH

VPNの使えない環境(会社LANなど)では、これは非常に
強力で、大変便利に使える。

・Windows共有サービスやSambaに出先から簡単アクセスできる。
たとえば、自宅PCの動画や音声もファイルを再生することができる。
もちろんExcelやWord、PPTファイルも普通に編集できる

・Port転送の設定でVNCで自宅PCにフルアクセスできる。
加えて、コールバックできれば、自宅から(会社LAN内の)
会社PCにトンネル接続できて比較的セキュアな在宅勤務環境が
構築できる

・IEを使う場合はDynamicForwardの設定でSocksを使うことができる。
たとえば、接続先のWEBアドレス(URL)によってsshサーバ経由で
WEBページが参照できる。参照に制限のある環境では大変有効。
「2ちゃんねる」でもなんでも自宅PCから参照できるものは何でも
参照できる

ただし、くれぐれもウイルスを持ち込まないように...

Android端末は簡単sshサーバになる

[追記しました@20130808]

QuickSSHdというAndroidアプリがあって、先日購入してみました。自宅と出先で実験してみましたが、sshサーバとして普通に動作しました。

しかも、簡単設定で。。。

sshサーバでLAN(イントラネット)がWAN(インタネット)に大きく近づきます

企業や大学などでは、セキュリティ確保のため、構内ネットワーク(LAN、イントラネットともいう)から外部ネットワーク(WAN、インタネットそのもの)へのアクセスを最大公約数的に(十把一絡げに)制限している場合が多く、それはそれでよく分かりますが、情報検索等インタネットにある膨大な資産を有効活用するには、邪魔なものです。

一方で、技術系製造系の大企業であっても、LANにsshポートを空けてあるところは結構あり(恐らく外部からのメンテナンスのため?)、そのポートを使ってトンネルを掘って抜けるようにLAN(イントラネット)からWAN(インタネット)に出て行くことができます。それをLANの外部でサポートしてくれるものがsshサーバです。

sshサーバがあれば、そしてそこにつなぐ環境が揃えば、例え企業でも官庁でも、(自宅の自由なネットワーク環境と同じように)どこにでもつなぐことができるのです。

ただ、sshサーバを立ち上げるにはそれなりの知識やPC等のデバイスが必要になり(何故市販の無線BBルータなどにそういった機能を公開しないのか不思議です)、それなりに敷居が高いと考えられます。

あまったAndroid端末があればsshサーバが簡単に設置できる

普段使わないとか持ち歩かないようなAndroid端末があればの話ですが、無線LANモードにしてかつQuickSSHdを起動したAndroid端末を自宅に置いておくだけでそれがsshサーバになってしまいます。凄い世の中になったと思います(あとルータからのポート転送の設定も必要です)。

または、接続元の環境が許せば、手元で(3Gモードで)QuickSSHdを起動して、振られたIPアドレスを元に接続元の設定を変えて使用する手もある。

これまで、機種変更して使わなくなったケータイの使い道としては、アラーム、ワンセグ、懐中電灯、カメラ
位しかありませんでしたが、Android端末を極小無線Linuxボックスとして利用することで、いろいろなアイデアが出てきそうです。

以上です。