一晩100万円の儲け」タグアーカイブ

一晩で100万円の儲け!?先の株式相場は危険でしたね

今だから言えますが、私の友人が先日株式取引で一晩で100万円稼いだそうです。投入した資金は500万円。証券会社経由で株式にした期間は、23日に起こった大暴落の直前の20日から21日にかけて。株価が2日で100円以上値上がりして(初日はストップ高)、2日目にやはりストップ高近くまで上がったので思い切って売ってしまったそうです。さすがにそろそろ反転するかもと。

ご存知のように相場は調整になり、6月に入ってからの株価は友人が売った値の半分近くに下がったそうですので、本当に運がいいというか、千載一遇のものだったそうです。500万円で100万円の儲けということは、5000万円で取引していたひとは一晩1000万円の儲けになります。アベノミクスで消費が高級志向になり高級車ががんがん売れているような話が新聞にも出ていました。こういう「一晩1000万円、一億円儲けた」というひとが結構な数いらっしゃって高級車などを購入しているのでしょうか。

stock_20130521N225_300x186

23日を境に、上昇相場から一転して調整になりましたが、「1000万、一億の儲け」という景気のいい話は逆に多額の含み損の話になります。現物だといいですが信用でやっている場合だと返済できない程の負債になってしまうかも知れません。

リーマンショックの直後に、都内の電車が人身事故で同時多発的に止まることがありました。これは、ある事故である線が止まってその影響で別の線がとまったというような話ではなく、複数の人身事故が同じ日に起こったということだったと記憶しています。こういう悲劇がまた起こらなければいいのですが。

今回の相場の上昇基調は、この数年で数万人単位のひとが早期退職やリストラで退職した時期とぶつかっています。その中にも上昇と見て退職金を投入して投資を始めた方も結構居られるのではないでしょうか。

一晩100万の友人は、そういう株式投資の初心者個人投資家が相当数参入しているのだろうと見て警戒していたそうです。利益確定や損切りのルールをきちんと設定していないと、こういう調整局面で相当のダメージを受ける。場合によっては人生を破滅させることにもなり家族を不幸にすることにもなる。この調整局面の行く末を見極め次の投資のタイミングを計りたいと話してました。

以上です。