ファイルサーバ」タグアーカイブ

結構うるさいので別室に!?無線ファイルサーバ(samba)の構築

RAID対応ファイルサーバ(NAS-T4)とプラグPC(GuruPlugPlus)を組み合わせて無線ファイルサーバ(samba)を構築してみました。

ファイルサーバが寝室にあると大変なんです!

自室(兼寝室兼書斎兼BB無線ルータ設置室)にファイルサーバを置くことはできますが、常時立ち上げておくと非常にうるさいです。

ですので、プラグPCとファイルサーバを離れたところ(実は玄関にあるデッドスペース)に設置して、無線ファイルサーバにしてみます。

ファイルサーバ・プラグPCの環境

Linuxマシン

  • Linux guru 2.6.33.2-00003-g4b82fc0 #1 PREEMPT Thu Apr 22 03:29:35 PDT 2010 armv5tel GNU/Linux
  • Debian Lenny

WINDOWS

  • XP Home Edition SP3

ネットワーク構成(例)

subnet(192.168.1.0/24)

  • BBルータ(192.168.1.1):インタネットに接続
  • XP(192.168.1.20):sambaでファイルを読み書きさせたいWINDOWSマシン
  • GURU(192.168.1.17):ルータ(GuruPlugPlus)のwlan0側、
  • PLUG(192.168.1.18):sshサーバ(SheevaPlug)、sambaのドメインマスタかつ
  • 本subnetのローカルマスタはPLUG

subnet(192.168.0.0/24)

  • NAS-T4(192.168.0.36):ファイルサーバ(samba)
  • GURU(192.168.0.1):ルータ(GuruPlugPlus)のeth0側。NAS-T4と直接つなぐ場合はクロスケーブルを用いる

※sambaの本subnetのローカルマスタはファイルサーバ(NAS-T4)になります。

サーバ構築の手順

1.GuruPlugPlusを無線LANモードにする(wlan0)

※なにか設定がおかしいかったのか、立ち上げて30分もしないうちにアクセス不能(ファイルサーバのsubnet外部から内部へのpingが通らない)の現象があり困ったが、いじっているうちに消えた

2.GuruPlugPlusを有線LAN(eth0)とNAS-T4を接続する

※ 直接つなぐ場合はクロスケーブルを用いる必要があります

3.wlan0とeth0は別サブネット(subnet)として接続し、かつIPパケットを通したいのでip_forwadをONしておく。

[/etc/sysctl.conf](on GURU)
-----------------------------------------------------------------------
# Uncomment the next line to enable packet forwarding for IPv4
#net.ipv4.ip_forward=1
net.ipv4.ip_forward=1
-----------------------------------------------------------------------

※ ブリッジ接続はちょっとやって諦めました。

4.sambaを設定する。普段あまり使わない設定をする必要がある

ドメインマスター(全体で1ホスト)、ローカルマスター(各subnet毎に1ホスト)、その他ホスト

[/etc/samba/smb.conf](on PLUG) ドメインマスター(全体で1ホスト)
-----------------------------------------------------------------------
[global]

DOS charset = CP932
unix charset = UTF-8
display charset = UTF-8

workgroup = WORKGROUP

server string = %h server

netbios name = GURU
domain master = yes : ドメインマスターになるよの設定
preferred master = yes
local master = yes : ローカルマスターに(も)なるよの設定
wins support = yes
wins proxy = yes
os level = 65
-----------------------------------------------------------------------
[/etc/samba/smb.conf](on NAS-T4) ローカルマスター(各subnet毎に1ホスト)
-----------------------------------------------------------------------
[global]

DOS charset = CP932
unix charset = UTF-8
display charset = UTF-8

workgroup = WORKGROUP

server string = %h server

netbios name = NAS-T4
domain master = No : ドメインマスターになりませんの設定
preferred master = No
local master = Yes : ローカルマスターになるよの設定
wins support = No
wins proxy = No
wins server = 192.168.1.18 : ドメインマスターのIPアドレス
os level = 65
-----------------------------------------------------------------------
[/etc/samba/smb.conf] その他ホスト
-----------------------------------------------------------------------
[global]
DOS charset = CP932
unix charset = UTF-8
display charset = UTF-8

workgroup = WORKGROUP

server string = %h server

netbios name = OTHERHOSTS
domain master = no : ドメインマスターになりませんの設定
preferred master = no
local master = no : ローカルマスターになりませんの設定
wins support = no
wins proxy = no
wins server = 192.168.1.18
os level = 0
-----------------------------------------------------------------------

※Windowsマシンではなにも設定する必要はありません(XPで確認)

5.sambaでファイルを読み書きさせたいWINDOWSマシンのデフォルトゲートウエイを変更するか、routeコマンドでsubnet(192.168.0.0/24)へのゲートウエイを追加する。これをやらないとファイルサーバが見えない

「ネットワーク接続」-「ローカルエリア接続」-「プロパティ」(全般)
-「インタネットプロトクロ(TCP/IP)」を選択して「プロバティ」(全般)
-「デフォルトゲートウエイ」を変更する

※ DHCP設定している場合は、routeコマンドで(デフォルトでない)ゲートウエイを追加する。

route -p add 192.168.0.0 MASK 255.255.255.0 192.168.1.17 IF 0x1

※ sambaの設定によっては、WINDOWS上のマイネットワークから辿っても出てこない場合がある。エクスプローラで直接指定すればよい。上記の場合だと
\\192.168.0.36
になる

お世話になったリンク

route – ルーティングテーブルの表示/設定を行う
[Chapter 5] ブラウジングと高度な共有の設定
サブネットをまたいで Samba ファイル-プリントサーバーを共有 パート2 – japan.internet.com
Setting GuruPlug to be a stable WiFi Client – PlugWiki
お試しネットワーク環境を作る – いますぐ実践! Linuxシステム管理 – Vol.065
Linuxでワイヤレス・アクセスポイントを構築する

以上です。