クラウドジャーナル」タグアーカイブ

ガンガン暗号化できます!?Gカレンダ暗号化/復号化一括変換ツール「cj2cj2main」を改版しました

Gカレンダ暗号化/復号化一括変換ツール「cj2cj2main」を改版しました

本サイトでは、Gカレンダを一部暗号化するための自作アプリの紹介やツールの提供を行っています。先日リリースしたGカレンダ一括暗号化/復号化ツール「cj2cj2main」を改版しました。

以下簡単な操作方法の紹介です。

初めて起動したとき

  1. 解凍ファイルのうち「cj2cj2main.props_default.xml」という名前のプロパティファイルを「cj2cj2main.props.xml」に変更する(コピーでもよいです)
  2. メニュバーの「表示」「設定」「パスコード」を選択する。初期値を削除して、4文字以上のパスコードを設定する。「OK」をクリックする
  3. アプリを再起動する

※ここで設定したパスコードが暗号化(および復号化)に使われますので間違えたり忘れたりしないように注意してください。ここで設定したパスコードは暗号化されてプロパティファイルに保存されます

暗号化処理のみ体験したいとき

  1. メニュバーの「編集」「Select All」を選択すると「example2.ics」の3つの予定(events)が全選択される
  2. ツールバーの「鍵アイコン(閉じているもの)」をクリックすると、上記の予定(events)が暗号化準備完了となる(左ペインでは灰色から赤色に変化します)
  3. 再度、ツールバーの「鍵アイコン(閉じているもの)」をクリックすると、上記の予定(events)が暗号化される。暗号化完了したものは左ペインにあるリストの色が変化します(赤色から緑色に変化します)
  4. ツールバーの「フロッピーディスクアイコン」をクリックすると、ファイル保存の案内がでます。

※「example2.ics」にあるUIDは仮のものですので注意してください。

ご自分の実際のカレンダデータを使って暗号化処理したいとき

  1. Gカレンダの「設定」「カレンダーをエクスポート」でカレンダをエクスポートする。ダウンロードしたままだと圧縮形式になっているので、解凍しておく
  2. メニュバーの「ファイル」「開く」を選択するとファイル選択の案内画面が開くので上記で解凍したカレンダファイル「xxxxxxxx.ics」からひとつ選択する
  3. メニュバーの「編集」「Select All」を選択すると全予定(events)が選択される
  4. ツールバーの「鍵アイコン(閉じているもの)」をクリックすると、上記の予定(events)が暗号化準備完了となる(左ペインでは灰色から赤色に変化します)
  5. 再度、ツールバーの「鍵アイコン(閉じているもの)」をクリックすると、上記の予定(events)が暗号化される。暗号化完了したものは左ペインにあるリストの色が変化します(赤色から緑色に変化します)
  6. ツールバーの「フロッピーディスクアイコン」をクリックすると、ファイル保存の案内がでます。
  7. Gカレンダの「設定」「カレンダーをインポート」で適切なカレンダにインポートします。

ケース別一括変換例

詳細はサポートページを参照してください。

関連する記事

Gカレンダ暗号化/復号化ツール[MiniCJ2]
Gカレンダ暗号化/復号化ツール[MiniCJ]
Gカレンダ暗号化/復号化ツール「MiniCJ2」を本サイトにてリリースしました
Gカレンダ暗号化/復号化ツール「MiniCJ」を本サイトにてリリースしました
ガンガン暗号化できます!?Gカレンダ暗号化/復号化一括変換ツール「cj2cj2main」を改版しました

以上です。

Gカレンダ暗号化/復号化ツール「MiniCJ」を本サイトにてリリースしました

Gカレンダ暗号化/復号化ツール「MiniCJ」を本サイトにてリリースしました

※MiniCJ2とは異なります。こちらは「クラウドJ2」用ではなく「クラウドジャーナル」用の支援ツールです

本サイトでは、Gカレンダを一部暗号化するための自作アプリの紹介やツールの提供を行っています。先日Gカレンダを予定(イベント)単位に暗号化/復号化するツール「MiniCJ」を本サイトにてリリースしました。

以下簡単な操作方法の紹介です。

初めて起動したとき

  1. 解凍ファイルのうち「minicj.props_default.xml」のファイルを「minicj.props.xml」に変更する(コピーでもよいです)
  2. 「メニュ」「表示」「設定」「32hex Code for Cj1」を選択する。初期値を削除して、Android版クラウドジャーナルから得た32文字からなる16進数のコードを設定する。「OK」をクリックする
  3. アプリを再起動する

 

minicj2_medium_view_selected画像はMiniCJ2のもの

minicj2_medium_preferences画像はMiniCJ2のもの

※ここで設定したパスコードが暗号化(および復号化)に使われますので忘れないように
注意してください

暗号化/復号化処理のみ体験したいとき

  1. 中央画面の赤わくのテキストエリアに暗号化したい文字列を書きます(Ctrl-Vによるコピペでも可)
  2. ツールバーの「鍵アイコン(閉じているもの)」をクリックするか、メニュバーの「暗号化」「暗号にする」を選択すると、上記の文字列が暗号化され緑わくのテキストエリアに表示されます(緑わくの元の文字列は上書きされます)

ご自分の実際のカレンダデータを使って暗号化処理したいとき

  1. Gカレンダの「予定」を表示して、「説明」を、本アプリの中央画面の赤わくのテキストエリアにコピペする
  2. ツールバーの「鍵アイコン(閉じているもの)」をクリックするか、メニュバーの「暗号化」「暗号にする」を選択すると、上記の文字列が暗号化され緑わくのテキストエリアに表示されます(緑わくの元の文字列は上書きされます)
  3. Gカレンダの「予定」を表示して、本アプリの中央画面の緑わくのテキストエリアから「説明」にコピペする

「メニュ」「表示」「設定」で起動画面の大きさを変更できます

minicj2_small_just_invokedアクセサリ的設定(SmallWindow)、画像はMiniCJ2のもの

minicj2_large_just_invoked大画面向け設定(LargeWindow)、画像はMiniCJ2のもの

本アプリをお使いの際の注意および制限

  • 本ツールはAndroid版「クラウドジャーナル」の支援ツールです。AndroidOSが3.0以上の場合Android版「クラウドジャーナル」自体が動作しませんので、ご注意ください
  • 32hex-Codeは「クラウドジャーナル」最新版2.7.7以降の「メニュ」「日記帳」「編集」(長押し)「パスコード表示」をタッチすることで表示されますので、ご注意ください
  • JAVAアプリを本サイトからダウンロードして使います。WEBアプリではないので注意
  • インストールは次のとおり。ダウンロードしたZIPファイルを解凍して設定ファイル(xml)をコピーします。jarファイルをダブルクリックするとアプリが起動します
  • ローカルデータがアプリサーバに送信されることは一切ありません
  • 「メニュ」「表示」「設定」の設定画面で「OK」したあとは、設定を有効にするため、アプリ再起動してください
  • 本アプリを使用することにより生じた損害について、開発者および提供者は一切責任を負いません

ダウンロードリンクおよび改版履歴

ツールのダウンロードはこちら

1.0.0: 新規リリース
詳細はサポートページを参照してください。

関連する記事・ページ

Android向け暗号化日記アプリ「クラウドJ2」をGoogle Playにてリリースしました
無料Androidアプリ「10秒で10年日記 逆さ日記帳」をGoogle Playにてリリースしました
「10秒で10年日記 逆さ日記帳」の設定に「全てのカレンダ」項目を追加しました
“Just10SecGet10yDiary R10Diary” has another feature of “All Calendars”
自作無料WEBアプリ「10秒で10年日記 逆さ日記帳」に検索機能を追加しました
「10秒で10年日記 逆さ日記帳」というWEBアプリをリリースしました
Gカレンダ暗号化/復号化ツール「MiniCJ2」を本サイトにてリリースしました
Gカレンダ暗号化/復号化ツール「MiniCJ」を本サイトにてリリースしました
Android端末の種類でGoogleカレンダの背景色が微妙に違う!?
クラウドジャーナル(androidアプリ)から見えなくなった日記データの復元方法について

Gカレンダ暗号化/復号化ツール[MiniCJ]
Gカレンダ暗号化/復号化ツール[MiniCJ2]

以上です。

Macでも使えました!Gカレンダ暗号化/復号化ツール「MiniCJ2」を本サイトにてリリースしました

Gカレンダ暗号化/復号化ツール「MiniCJ2」を本サイトにてリリースしました

本サイトでは、Gカレンダを一部暗号化するための自作アプリの紹介やツールの提供を行っています。先日Gカレンダを予定(イベント)単位に暗号化/復号化するツール「MiniCJ2」を本サイトにてリリースしました。

以下簡単な操作方法の紹介です。

初めて起動したとき

  1. 解凍ファイルのうち「minicj2.props_default.xml」という名前のプロパティファイルを「minicj2.props.xml」に変更する(コピーでもよいです)
  2. メニュバーの「表示」「設定」「パスコード」を選択する。初期値を削除して、4文字以上のパスコードを設定する。「OK」をクリックする
  3. アプリを再起動する

※ここで設定したパスコードが暗号化(および復号化)に使われますので間違えたり忘れたりしないように注意してください。ここで設定したパスコードは暗号化されてプロパティファイルに保存されます

暗号化/復号化処理のみ体験したいとき

  1. 中央画面の赤わくのテキストエリアに暗号化したい文字列を書きます(Ctrl-Vによるコピペでも可)
  2. ツールバーの「鍵アイコン(閉じているもの)」をクリックするか、メニュバーの「File」-「Encrypt」を選択すると、上記の文字列が暗号化され緑わくのテキストエリアに表示されます(緑わくの元の文字列は上書きされます)

ご自分の実際のカレンダデータを使って暗号化処理したいとき

  1. Gカレンダの「予定」を表示して、「説明」を、本アプリの中央画面の赤わくのテキストエリアにコピペする
  2. ツールバーの「鍵アイコン(閉じているもの)」をクリックするか、メニュバーの「暗号化」「暗号にする」を選択すると、上記の文字列が暗号化され緑わくのテキストエリアに表示されます(緑わくの元の文字列は上書きされます)
  3. Gカレンダの「予定」を表示して、本アプリの中央画面の緑わくのテキストエリアから「説明」にコピペする

応用例

  • 「10秒で10年日記 逆さ日記帳」(Android版)で表示すると復号化されます。(設定パスコードが適切であればです)
  • 「クラウドJ2」(Android版)で表示や編集ができます。(設定パスコードが適切であればです)
  • Gカレンダの「予定」の「説明」だけでなく「タイトル」でも「場所」でも文字列であれば暗号化可能ですが、現在それらをシステムとして復号化する手段がありません。

詳細はサポートページを参照してください。

関連する記事

Gカレンダ暗号化/復号化ツール[MiniCJ2]
Gカレンダ暗号化/復号化ツール[MiniCJ]
Gカレンダ暗号化/復号化ツール「MiniCJ」を本サイトにてリリースしました
以上です。