比較」カテゴリーアーカイブ

「さっきのと全然違うのぉー!」音質が違うようです!IP電話 vs 3G電話(3G,LTE)

実家にいる耳の遠い親父と、実際に通話したときの実験(?)です。

こちら側はスマホで向こうは固定電話で試しました。親父も携帯電話を持っていますが
固定電話の方が聞きとりやすいらしい。そういう状況で色々試してみました。

実験してみたのは4種類

色々とはいっても、今回試してみたのは、次の4つ。

スマホ3種類、電話方式2種類の組み合わせです。

  • iPod-touchとIP電話(050)
  • iPhoneとIP電話(050)
  • HTC batterflyとIP電話(050)
  • iPhoneと3G電話(日本通信(ドコモMVNO))

で、結果は、最後の3G電話(日本通信(ドコモMVNO))がダントツ聞きやすかったようで、本人もその違いに驚いていました。スマホ機種に違いによる差はないようでした。日本通信はDocomo回線を使っているのでDocomoのスマホや携帯でも同じことだと思います。あとLTEだとどうでしょうね。

IP電話はまだまだ発展途上なんでしょうか?

050などのIP電話はまだまだ発展途上なんでしょうか?こんなことを書くと、それはたまたまIPの通信状態が悪かったのだと言うひともあるかと思いますが、今回のIP電話は実測35Mbps(ある測定サイトではドラゴン級!)の光経由ですので、3GやLTE越しのIP電話だともっと条件は悪くなるのかなと思っています。

もちろん、耳がそれほど遠くない健康な人との通話では、IP電話で通話は可能ですし、費用も安くできるのでよい選択枝だと思います。ちょっとクリティカルな状況で使ってみると質の違いが出てくるということでしょうか。

送り側と受け側の双方で対策をとった方がよい?

こういう場合は、話す側(送り側)と聞く側(受け側)の双方で対策をとった方がよいようです。受け側の電話(受話器)を骨伝導式にすればよいのかもしれません。近いうちに導入してみようかと思います。補聴器も持っていますが、電話とは相性が悪いようですね。最新のは相性いいのかな?

それぞれ離れた場所に住む兄弟たちでSNS等を使いながらいろいろ話し合ってこういった対策をとっていますが、大変ですね。でも仕事やその他で暫くできなかった親孝行がやっとできる機会ですからね。

以上です。

ストレス解消法!? 電撃殺虫ラケット vs 茶漉し器

夏なので家の中なのにいろいろな虫が悩ませてくれます。残飯などから小バエが大量発生しました。その対策としていろいろ出ているようですが、今回、電撃殺虫ラケット系を使ってみました。

「蚊トリーヌ」で電撃殺法!?

katrine

これは2年ほど前に通信販売で衝動買いした電撃殺虫ラケットです。製品名は「蚊トリーヌ」だったかな。

ストレス解消にもなります

といっても退治したいのは「蚊」ではないんです。うちはマンションの上層にあるので蚊はあまり登ってこないようです。ときどき見かけるのは、エレベータなどでひとやものを介して登ってくる極限られたやつではないでしょうかね。冒頭に書いたようにメインは「蚊」ではなく「小ハエ」です。

2年ほどこの電撃殺虫ラケットのお世話になりました。うまくヒットするとバチっと音がして小ハエが昇天するのが分かります。音がしなくてもぽろっと床に落ちてくこともありました。容器に薬剤をいれて待つ形式のものに比べ、一匹ずつ始末するので時間がかかりますが、これが実は結構なストレス解消になっていたりします。

ただ、蚊と違い小ハエの場合主戦場はキッチンになります。水があったり道具があったりするので、ラケットを振り回すには結構厄介な場所なんですね。すぐ目の前を悠然と飛んでいるのに何もできないことが何度もありました。

溜め水と茶漉し器の組み合わせで小回り抜群

そこで何か他の方法で小回りの効くものはないかと考えてみました。網目の細かい虫取り用の網があればと思いましたが、大きいものは使えません。キッチンや道具を調べてみると半球形の金属網の直径が6cmほどの(使っていない)茶漉し器がありました。

これでシンク周りで悠然と飛んでいる小ハエをサッとすくいシンクやボールに溜めた水に沈めます。小ハエが水面上でモガイてそのうち死んでくれます。溜め水にちょっと洗剤をたらしておくといいのかも知れません。

茶漉し器は小回り抜群です。でも、さすがに相手もただ飛んでいるだけではなく、茶漉し器をよけます。最初は全然退治できないかも知れません。でも、コツをつかめれば面白いように取れます。相手の飛行ルートを予想し茶漉し器を振ります。あとは反射神経ですね。剣道や卓球など反射神経を鍛えているひとなら簡単にマスターできそうです。

基本はゴミ捨てと掃除

もちろん、基本は小まめなゴミ捨てとキッチンの掃除ですね。蛆や蛹がいろんなところに隠れていますのでまずそれを始末しましょう。

以上です。

 

ネットサービスは連携が命です。DropBoxとの連携でiPhone vs GalaxyS3

先日ある新聞で携帯端末に関する満足度調査の結果が発表されていました。それによると1位がiPhone5、2位がiPad-mini、等と圧倒的にiOS系端末が支持されているようです。見た目やUIが一見圧倒的ですからね。ムリもありません。

スマホの流行とともに一般ユーザの支持が大勢を

iOS系の人気が高いそうですが、やりたいことがマニアック(特殊)になればなるほど、制約の少ないソフトやハードに軍配が上がるのが普通ですから、今回の調査結果は、それだけスマホの流行とともに(マニアックでない)一般ユーザが占めてきた証拠でしょうか。

UIはサービスを生かすもので主役にはなりえない

iOS系端末のUIがいかに使い易いとはいっても他サービスとの連携はうまくなれけば本末転倒です。UIはあくまでそれらのサービスを生かすもので主役にはなりえません。

例えばDropBoxとの連携はちょっと絶望的です。DropBoxの最大の売りは「いつでもどこでもどの端末でも」同じファイルにアクセスできることです。iPhoneでは編集もできないし暗号化ファイルも参照できない。DropBoxが出て結構時間が経っていますが変化の兆しがありません。技術的にはなんら困難なことはないでしょう。端からそうしたサービスを徹底した形で顧客に提供する気がないのでしょうね。でも、恐らく、これは、単に私が有料のアプリを揃えていないからなのでしょうね。

それに比べると、Android系端末は大変便利になりました。暗号化したExcelファイルが「いつでもどこでも」アクセスして参照できるのです。実はAndroid系端末どうこうというより「PolarisOffice」というアプリが入っているお陰なんですね、想像するに。iPhoneにはないんでしょうか。

Android系端末の便利さを知る前は、出先で調べたいときに、iPhone(iPadでも同じ)のDropboxでそうしたファイルが開けず、いざというときに困りはてて、端末を「その場に叩きつけたい」こともありました。

Android系端末でもDropBoxとの連携は「まちまち」

ただ、Android系端末なら何でもいいということでもなさそうです。AndroidOS2.xだとDropBox自体インストールできませんでした。

現在最も成功しているAndroid系端末はGalaxyやHTCやXperiaでしょう。でもそれらとDropBoxとの連携は「まちまち」という感じです。

この記事では、iPhoneとGalaxyとの比較ですのでHTCやXperiaについては他の記事に譲りますが、GalaxyS3ではDropBoxのNativeテキストエディタが使えませんでした。こういった場合によくあるのが文字コードの問題ですがそうではなく、日本語そのものをサポートしていないという感じですね。本当にDB(DropBox)提供なのかという印象を受けました。多言語対応がまだ熟し切れていない?

解決策はあります。テキストファイルのOpen直前に表示される処理可能なアプリのリストから「PolarisOffice」を選択すればOKです。

HTCやXperiaとDropBoxとの連携については別途。

以上です。

日本通信Turboチャージ vs 公衆無線LAN

日本通信のSIMカードを使ったTurboチャージによる高速通信(以下、日本通信Turboチャージ)とモバイルポイントなどの公衆無線LAN(以下、公衆無線LAN)の使用感を比較してみました。使用条件や制約によって当然違いがありますので、参考まで。

高速通信の目的は「いざというときの通信環境確保」を想定

携帯メールやSNS、地図アプリなどいつでもどこでもその場で使いたいものについては、いちいち「近くの公衆無線LANを探して」などというのはあまり現実的ではありませんよね。家族など親しい間なら、携帯メールよりも、2011年から解禁となったキャリア間SMSを使うのも手と思います。文字数制限がありますが非常に便利です。海外とも送受信できますしね。また、最近では高齢者向けに「LINE」による簡単な通信手段が提案されているようです。こちらも試してみる価値がありますね。

以下、仕事で資料をやり取りする、画像データをUP/DOWNする、アプリをインストールするなどしたいとき、とにかく大きな帯域がほしい場合の両者の使用感について報告します。

日本通信Turboチャージの使用感

日本通信Turboチャージは私が計測した地点(JR町田駅そばのMAC)では実効速度3Mpps程度で通信可能でした。ここ数ヶ月で設備の改善があったのか、実はちょっと前まで実効速度300Kpps程度だったのです。それが今ではその10倍です。時間軸を常に考慮しないといろいろ判断を誤りそうです。

公衆無線LANの使用感

ワイアレスゲートの月額定額プラン(385円)を試してみました。主にmobilepointですが(というかこれしか繋がらなかった)、これが遅くてとても公衆無線LANとは思えない程悲しい速度(実効速度200Kbps程度)でした。都心など別な地点で測定すると結構出てましたので、これが実力ではないですよね。ここ(JR町田駅そばのMAC)では、何度かアプリのインストールをキャンセルした覚えがあります。

まとめ

日本通信Turboチャージでは月額定額プランがないので高額になってしまう可能性がありますが、いざというときには大変頼もしい存在でした。

公衆無線LANの場合は、場所によってはよいのでしょうが、自宅を含め私の周りではとても「公衆無線LAN」とは言えない通信環境でした。実効速度さえよければ、安価ですし、非常に強力なツールになるには違いありません。上にも書いたように、こうした環境はあっという間に良くなります(悪くもなる?)ので、時間軸の考慮も必要ですね。半年や1年に一度見直す機会を設けるなどしたいです。

以上です。

 

日本通信テザリング vs イーモバテザリング

日本通信のSIMカードを使ったテザリング(以下、日本通信テザリング)とイーモバのEMチャージを使ったテザリング(イーモバテザリング)を比較してみました。使用条件や制約によって当然違いがありますので、参考まで。

初期費用は同等とみなして運用コストで比較

日本通信のスマホ電話SIMカードでテザリングを使う場合、Turboチャージよりも1GB付や2GB付の月額定額のデータ通信プランが断然お得ですが、今回の使い方ではかなり費用がかかりそうです。

イーモバのEMチャージを使う場合初期費用が必要です。元々2年縛りを中途解約したpocketWifiをもっていました。なのでEMチャージ自体の初期費用がよくわかっておりません。

以下、初期費用は同等とみなして純粋に運用コスト等で比較してみたいと思います。

自宅と同じ使い方で2GB/日の通信量だった

大阪にて夏休みにいろいろ周りホテルや知人宅などの宿泊先でゆっくりと自宅と同じような使い方をしたい。具体的には、YouTubeで動画鑑賞、メールやSNS、フォトストリームといった使い方です。

今回6日間で使った通信量は、

  • 受信 1.8GB/日
  • 送信 0.2GB/日

でしたので、2GB/日でした。

日本通信テザリングでの費用見積もり

2,000円(*1) + 3,600円/1GB(*2) x 10GB = 38,000円
(*1:月額定額プラン(2GB)を選択したと想定)
(*2:Turboチャージ(500MB)を選択したと想定)

日本通信の月額定額プランではこの場合2GBまで実行速度5Mpps程度で通信可能ですが、それ以降は150Kbpsになってしまいます。上記のような自宅と同じ使い方は到底望めませんのでオプションとしてTurboチャージを10GB分繰り返したと想定して算出しています。

イーモバテザリングでの費用見積もり

315円/日(*3) x 6日 = 1890円
(*3:一日定額プランを選択したと想定。10末までのキャンペーン価格。通常価格は2倍の630円/日)

現在一日定額プランが315円のキャンペーン価格でお得でした。今回は6日なので一日定額を6回連続プラン更新するという方法です。これがもし7日以上(一週間)だと一日定額よりは一週定額の方が割安になります。キャンペーン期間でなければ「一日定額7日以上」でなく「一日定額4日以上」なら一週定額の方が割安ですね。

まとめ

日本通信テザリングでは帯域制限のない定額プランがないので、今回のように旅行先にて自宅と同等の通信環境を家族に提供するには全く力不足という結果でした。

イーモバテザリングの場合は、通信環境としては申し分ないものの費用はそれなりに掛かります。元々2年縛りがイヤでEMチャージにしたのですが、年数ヶ月以上このような使い方をするなら契約を見直した方がよいかも知れません。

旅行先(家族に自宅環境提供)や出張先(業務用にモバイル環境構築)での使用を想定した場合には、それぞれイーモバのEMチャージによるテザリング、日本通信のSIMカードによるテザリングで十分のようです。

以上です。