体験談」カテゴリーアーカイブ

ネット予約と現地予約の差額でフカヒレを堪能

海外で旅行するとき、リピータならある程度こなれたコミュニケーションができるでしょうが、初めての土地や初めての海外旅行や団体ツアーからはぐれてしまった、など、困ってしまうことがあります。「困る」ことの少ない日常から離れ「困る」状況に自分を置けるのは、ある意味「旅行の醍醐味」のひとつでもありますが、やはりね。

  • 怒るときは日本語(母国語)で
  • 米国ではむやみに内ポケットに手をかけない
  • タイでタクシーを呼ぶときは、タッチ式の自動ドアを触るように右腕を前に出してこちょこちょした動作で

など、挙げればキリがないでしょう。

海外での時間の不正確さは、日本の時間の正確さを基準に考えると痛い想いをします。だから余裕をもった計画が必要です。ツアーならコンダクターがいろいろ手配してくれますが、個人なら「行き当たりばったり」でも楽しめる工夫が必要ですね。

個人ならホテルの予約はネットに限る

個人ならホテルの予約はネットに限ります。たとえ泊まる土地にいたとしてもできる限りネットで予約しましょう。

体験談ですが、バンコクの同じホテルに前半に2000B、後半に3000Bで宿泊しました。ネット予約したか、そのホテルに行って直接予約したかの違いです。1000B(3000円)の違いがありました。そのホテルの6階(だったかな)の中華料理のお店で最高級のフカヒレを出していますが、これが約1000Bでした。それくらいの違いがありました。

チップは、受けたサービスへの評価

日本にはチップという習慣がなく、深夜などには定額(一定の割合)でサービス料がかかります。

海外ではチップがあります。チップの適正額というのは現地のひとにも難しいことらしいです。日本人だと多すぎ・少なすぎなどの極端になっているのを見かけます(最近はアジア系の方だと見た目では判別できないので日本人というわけではないのかも知れません)。ただ、チップで生活しているひとも大勢いるので、多すぎず少なすぎず適正な額を渡したいものです。

私自信もそのように気をつけていますが、どこにも意地悪なひともあり、顧客満足を考えないひともいます。そういう場合でもそれなりのチップを置いていきますが、ときどき目に余るときがあり、そういう場合には、最低額のチップをわざと渡します。渡さないと単に「忘れたのか」と思われるので、最低限の「普通ならありえない」額のチップを渡すのです。

ハワイの和食店で一度試したことがあります。会計時のレシートに予めサービス料が(10%程度の額で)打ってあり、それに値するサービスではない酷いものだったと記憶しています。そのお店では日本人以外の客にはサービス料があとから申告できる書式のものが用意されていました。

以上です

十勝豚丼の店が昨日町田にOpenしたそうです

[追記しました@20130829]

十勝豚丼の本場の店が昨日町田にOpenしたそうです。
[A shop for rice-covered-with-pork opened]

※2015年1月現在閉店しています。

うちのポストにちらし入っていました。
[found a leaflet posted in my postbox]

豚丼なまらうまいっしょ町田店今日行ってみる予定です。
[am going to try today for lunch]

豚丼といえば、川崎駅にうまい店があり、よく外出時につかっていました。最近では牛丼大手なども参入してますが、本場にはほど遠い、というか肉そのものが違うのでしょうね。
[one of most recommendable shops for rice-covered-with-pork is near JR Kawasaki station and actually I had many times for lunch.  Recently, major beef-bowl companies deal with pork-bowl, but how far from real things!(my impression).]

今回はどうでしょうか?期待しています
[look very forward to… this time.]

激ウマでした。これで500円しないのは安すぎますね。また行きます
[very satisfied.  Too cheep with this quality.  Swear I’ll go again!]

[追記@20130829]
もう数度(一度は家族全員で)お邪魔しています。平日だととにかく空いてますね。これだけうまいものはメッタにないと思うのですが、値段かな?
[If you are from abroad and 1st time at Machida, try this bowl at lunch. I bet you cannot have no bowl like this in your own country]

以上です。

勝手にiOSアップデートしないで!なぜパスコード認証で防げないんだろう!?

これまでに2度オーナーの承認を得ないでiOSのアップデートが勝手に行われたので、以下その経緯の説明とちょっとした考察をしてみます。

「iOSのアップデートが勝手に行われた」と書きましたが、誤解を招くので補足します。もちろん自動アップデートではなく、ひとが介しています。

「アップデートしときましたよ」と笑顔でひとこと

親戚が来たときのこと、話の途中で用事が出来て中座してしばらくして戻ったところ、自分のiPhoneの画面に何か違和感を覚えました。「何か変だなあ」と触っていると、歯車の設定アイコンにいつも見慣れていたはずの数字が消えているのです。

iosupdate

「えーっ!」と思って設定メニューに入ると、何とiOSのアップデートが完了している。「そんなはずは!」と焦っていると、近くにいた親戚が「アップデートしときましたよ」と笑顔でひとこと。

これで2度目の「えーっ!」。知っているひとは知っているでしょうが、これがもし脱獄iPhoneや下駄iPhoneならiOSアップデートは致命傷になりえます。それが「えーっ!」が出た真因でした。

その親戚もiPhoneユーザですのでアップデートの意味は理解しており、もちろん親切心からだったようです。

実は同じことがちょっと前にiPadで起きてました

実は同じことが数ヶ月と置かず、実家のiPadで起きていました。このとき、私は実家のiPadを管理してましたので、勝手にアップデートされたときにやはり、「えーっ!」と叫んでおりました。これももちろん親切心からです。

「こういうこともあるんだ」とそのときはやり過ごしましたが、同じことが2度あると、「待てよ」と思いました。

「なぜ、iOSアップデートになぜパスコード認証がないんだろう!?」

アプリのアップデートにはそれこそシツコイほどパスコード認証があるのに、なぜ、iOSアップデートになぜパスコード認証がないんだろうと。

やはり、アップルとしてはiOSアップデートの敷居をできるだけ低くしておきたいということなのかと理解した次第です。みなさんも気をつけてください。こういう場合にはデバイス自体のロック(パスコードロック)が必須ということでしょうね

以上です。

料理とイボ

料理とイボ。変な組み合わせだと思われるでしょうが、実際に体験した話です。

かれこれ10数年のイボ歴

10数年前から時々手の指にイボができるようになりました。多いときには数個一度にできていたりします。イボの治療を経験した方ならご存知でしょうが、液体窒素で焼く方法とレーザーで切除する方法があるようです。どちらも経験がありますが、ちょっと痛いです。

周りにはあまりイボを患っているひとはいなさそうでした。結構な頻度でできる私の場合、イボができやすい体質なのかなと思っていました。

料理をするようになって加速

2年前くらいから毎日フルに料理をするようになり、手荒れが酷くなったのか、イボのできる頻度があがったようでした。イボができるとすぐに行きつけの皮膚科の先生に診てもらいます。私の手を見るなり

「荒れてますね」

「料理をするものですから...」

「コックさんか何かですか?」

こうした会話がイボで診てもらう度に言われるので、余程患者の状況を把握していないんだなぁと、ある意味感心したりします。とにかく料理をするとイボのできる頻度が加速してしまったようでした。

ご存知の方も多いと思いますがイボは伝染るものだそうです。特に電車のつり革や会社にあるトイレの洗面所の蛇口など、多くのひとが触れるところがやばいそうです。

通勤時につり革をハンカチを介して持つようにした

恐らくクリームなどをこまめに塗って手荒れを防ぐことが模範的な対策なのでしょう。でも男性なのでそういう習慣がありません。電車のつり革がやばいなら、手袋をするなりして防げばいいと思いました。ただ冬でもないのに手袋というのはなかなか勇気がいりますし暑い季節には大変です。

専用のハンカチをカバンなどに常備して使うようにしました。ハンカチはロゴなどで裏表が区別できるものを選び常につり革と手の触れる面を間違えないように気をつけました。

1年以上イボはできていない

そうした努力の賜物なのか不明ですが、ハンカチ作戦を始めてからイボはできなくなりました。本当に不思議なものです。やはり荒れた手の細かい傷からイボ菌(?)が伝染っていたのでしょうね。

車内でハンカチを介してつり革を持つひとはあまり見かけないですが、イボができやすいひとは試されてはいかがでしょうか。試したことはありませんが手袋も効果あるのではないでしょうか。女性の場合クリームなど塗る習慣をつけるのがいいのでしょうね?

以上です。

一晩で100万円の儲け!?先の株式相場は危険でしたね

今だから言えますが、私の友人が先日株式取引で一晩で100万円稼いだそうです。投入した資金は500万円。証券会社経由で株式にした期間は、23日に起こった大暴落の直前の20日から21日にかけて。株価が2日で100円以上値上がりして(初日はストップ高)、2日目にやはりストップ高近くまで上がったので思い切って売ってしまったそうです。さすがにそろそろ反転するかもと。

ご存知のように相場は調整になり、6月に入ってからの株価は友人が売った値の半分近くに下がったそうですので、本当に運がいいというか、千載一遇のものだったそうです。500万円で100万円の儲けということは、5000万円で取引していたひとは一晩1000万円の儲けになります。アベノミクスで消費が高級志向になり高級車ががんがん売れているような話が新聞にも出ていました。こういう「一晩1000万円、一億円儲けた」というひとが結構な数いらっしゃって高級車などを購入しているのでしょうか。

stock_20130521N225_300x186

23日を境に、上昇相場から一転して調整になりましたが、「1000万、一億の儲け」という景気のいい話は逆に多額の含み損の話になります。現物だといいですが信用でやっている場合だと返済できない程の負債になってしまうかも知れません。

リーマンショックの直後に、都内の電車が人身事故で同時多発的に止まることがありました。これは、ある事故である線が止まってその影響で別の線がとまったというような話ではなく、複数の人身事故が同じ日に起こったということだったと記憶しています。こういう悲劇がまた起こらなければいいのですが。

今回の相場の上昇基調は、この数年で数万人単位のひとが早期退職やリストラで退職した時期とぶつかっています。その中にも上昇と見て退職金を投入して投資を始めた方も結構居られるのではないでしょうか。

一晩100万の友人は、そういう株式投資の初心者個人投資家が相当数参入しているのだろうと見て警戒していたそうです。利益確定や損切りのルールをきちんと設定していないと、こういう調整局面で相当のダメージを受ける。場合によっては人生を破滅させることにもなり家族を不幸にすることにもなる。この調整局面の行く末を見極め次の投資のタイミングを計りたいと話してました。

以上です。