スマホ」カテゴリーアーカイブ

PocketWifi(EM)で外部から自宅LAN内共有ファイルにアクセスする

PocketWifi(EM)で外部から自宅LAN内共有ファイルにアクセスする

<概要>

会社や出先など外部から自宅LAN内共有ファイルにアクセスする際に注意することがある。外部からの
アクセス方法は(セキュアなものに絞ると)VPNかSSH位になると思うが、ここではVPN接続の場合の
注意点。

Androidsshd2

<モチベーション>

自宅LANとネットワークが重ならないようにPocketWifi側のネットワークアドレス
(工場出荷時に192.168.1.0/24になっている)を変更する必要がある。

自宅LANの規模にもよるがPocketWifiのネットワークは最大5台(全部で6台)なので
PocketWifi側を変更するのがいいと思う。

自宅LANも192.168.1.0/24を使っていてネットワークが重なっていると、
Windowsのネットワーク共有ファイルやsambaにアクセスできない。

マイコンピュータを開いてアドレスバーに
\192.168.1.xx
でリターンとタイプしてもなにも返ってこなくなる。

<ネットワークの変更方法>

とりあえず、PocketWifiに無線接続したPCで

1.http://192.168.1.1/で出てくるメニュから
「設定」をクリックする

2.「無線LANの設定」を選択して”192.168.1.x ”
を全て”192.168.n.x ”に変更する。
nは(1以外の)254までの正の整数

3.PocketWifiを再起動(電源OFFしてONするだけ)

4.(PocketWifiのDHCPに有効にしてあれば)
なにもしなくてもPCは接続される

<効用>

これで、自宅LANで作業しているときと同じようにネットワーク共有ファイルに
アクセスできるようになる

以上

Xperiaが常時持ちでなくなる日

Xperia等のAndroidデバイス用に自作アプリまで開発リリースしているのに、Xperiaが常時持ちでなくなる日が来るとは。

iPhoneはソフトバンクの接続環境になるので敬遠していたし、もらったipod-touchがあって
iOS機器の操作等はそれなりに理解していた。ipadも3G版とWifi版を持っている
(実際には3G版は実家で使っており、Wifi版およびipod-touchは娘のおもちゃと
化している)

だから常時持ちのネット環境はDocomoのXperiaだった。それが、PocketWifiでWifi接続できるようにしたら、Xperiaを常時持ちする必要がなくなってしまった。

常時持ちするデバイスがipod-touchになろうとしている。自作アプリでしか「できない」・「面倒」なこと以外に、Xperiaを持つ意味がなくなってしまったから。

なにかこうしたちょっとしたことが画期的なんですね。

ドミノ倒しのように意味やら優先順位やらが連鎖していく。Docomoのプランやオプションについてもこのことは外ではなく、

  • パケホーダイ契約が不要になった(5700円OFF)
  • mopera契約が不要になった(300円OFF)
  • imode-net契約が不要になった(200円OFF)
  • i-mode契約の315円も不要に?

と思ったら、2台持ちで使っているモバイルSuicaのためには最後のi-mode契約が必要らしく、

「じゃあ、ついでにモバイルSuicaをやめてSuicaカードにしようか」

とも考えた。で、JRエクスプレスのEX-ICの代わりにモバイルSuicaを使っていることを思い出して、

「やっぱり色々便利だし、モバイルSuicaは解約しないでおこう」

ということにした。

しかし、これまであって当然と思ってきたi-mode契約まで解約の照準に入ってしまったことが、
私には新鮮な驚きでした。

以上です。