投稿者「admin」のアーカイブ

ガス炊飯器が40年振りに我が家に!

[追記しました@20130918]

小さい頃お米はガスで炊いていました。若い方には想像もできないかも知れません。今でも炊飯器といえば電気式の「電気炊飯器」です。それが、ガスコンロの取替えを機に、40年振りにガスで炊いたご飯をいただけるようになりました。

はじまりはガスコンロの不調

マンションに備え付けのガスコンロの調子がいきなり悪くなりました。昨日まで普通に使えていたものが急にこうなると結構困りますよね。ただ、点火がしずらいことが数年続いていましたので、今から考えると、それが前兆だったのかも知れません。

早速メーカに連絡すると型式が古くすでに部品の在庫もないとか。結局新規に購入することになりました。

どうせなら超高出力のものにしたい

ネットで料理のことを調べていると業務用の高出力のコンロに憧れます。そこで、業務用とまで行かずとも家庭用に設置できる高出力のものを探してみました。

すると、ありました。値段を聞くとため息がでそうですが「デザイナーものなので高いですよ」と量販店のひとには言われてしまいました。それがネットで調べるとどうもXXガスが製造しているのではなくガスコンロメーカのOEMのようで、外見が同じで名前の違うものが出ていることがわかりました。こちらは定価の半額以下でした。

ただ、ひとつ問題がありました。なぜか左口の超高出力のものしか販売されていないのです。うちは左口が壁に近いので使いづらくなりそうです。また幅が60cmのものがなく75cmしかありません。左右や幅の選択がないことは日本だとあまり聞かないのでこれはイタリアなり欧米の厨房やキッチン特有の事情があるのかと、未だに不思議です。

今のところ可能性0ですが、もし家を変えることができたら、こうしたコンロや業務用コンロを設置できる家を持ちたいと思います。夢ですね。

DIYは思ったより手強かった

結局デザイナーものは諦めて60cm幅の左右同一大出力のものを通信販売で購入しました。60%近く安くなるんですね。ものによっては量販店などでも結構値引きしていますね。定価はあってないに等しいようです。

 

通信販売で購入したものの、工事費を節約しようと自分で取り外しと設置をするつもりでいました。ガス接続は資格者しかできないようなので、そこだけ業者にお願いしようかと。

でもコンロからガス取り外しするところで敗退。大きなレンチというかスパナがないのです。日曜大工などとは使う道具が全然違うのでした

で、結局ガス会社を介して業者を紹介してもらい、まずは工事の見積もりを、ということでした。工事自体は数週間?待つ必要があるようなことをほのめかされて「本当なら困ったな」と思いました。

紹介の当日に工事業者が来て見積もってもらいましたが、考えていたよりも高くもなく安くもなくといったところでしょうか。見積もり書を渡されるとき「今からすぐ工事できますが、どうします?」と言われ早速やってもらいました。

工事は30分ほどで終わりました。古いコンロの処分はやってもらえないので粗大ゴミに出すことに。重さを聞かれたのですが、今までつかっていたのは20kgあるかないかでしょうか。全面ゴトクなどの備品を入れても新しいものとは重さが全然違うようです。新しいのは箱に40kgと書かれています。ダッチオーブンなどのオプションが重いのかな。

ガスでご飯が炊けること

ガスでご飯を炊いてみました。40年前にはもちろん自分で炊いたことはないのですが、カニの穴をみたのは本当に久しぶりです。海苔を巻いてつくったおにぎりは本当にうまかった。ご飯ってこんなに美味しかったのかと感動しながら、40年前ガス炊飯器で炊いたご飯を両親や兄弟たちと食べていたころの、どこの家庭にもあったごくごく当たり前の幸福感を思い出しました。あのころの両親は本当に幸せだったろうなと。

gas_boiled_rice

今回ガスでご飯を炊くときに使ったのは、実は「ガス炊飯器」ではありません。炊飯専用鍋を使い新しいガスコンロで炊きました。ご飯を炊くには火加減の微妙な調節が必要だったと思います。例の「はじめちょろちょろなかぱっぱあかごないてもふたとるな」ですね。今ではこうした火加減調節がガスコンロでできるんですね。

でも考えてみれば不思議です。40年前に活躍していたガス炊飯器でも同じく火加減調節が必要だったはずです。マイコンなどが発達したからというのはあまりうまい理由にはなりそうもありません。なにかあるのでしょうか。微妙な火加減調節が必要な料理として「温泉たまご」がありますがこれも今の電気炊飯器では調理可能なものがいっぱい出ています。ガスコンロでも調理できてよさそうですね

追記:20130918

餃子ではないですが、炊飯器に羽根が出ます。炊飯器のフタあたりにオブラートのような澱粉の膜ができますね。これも本当に久々に見るもので「ウォーッ」と叫んでしまいました。子供時代にタイムスリップしたような感覚があって、ちょっとですが、懐かしくもあり、楽しくもありですね。

また、これはデメリットともいえるのか知れませんが、ご飯の粘度が高いのか、ホウロウ仕様の専用炊飯鍋にもかかわらず、結構洗うのが大変です。なにかコツがあるのでしょうかね。

以上です。

Android端末の種類でGoogleカレンダの背景色が微妙に違う!?

iOS系端末とAndroidOS系端末には色々な違いがありますが、アプリ開発者にとって恐らく一番と誰もが認める違いは「端末の種類」でしょう。AndroidOS系端末は現在3000種類以上(ハードの数とOSの版数の掛け算?)あるようです。

こうした膨大な種類があるAndroidOS系で、解像度やボタン配置などのハードの仕様が違うのは当然として、ソフト面でも違うことがあり、Androidアプリを作っていると結構戸惑うことがあります。

今回は、殆どのAndroid系端末にプリインストールされているであろうGoogleカレンダについて、アプリ開発者としての体験談です。

ご存知の方は多いと思いますが、Googleカレンダは複数のカレンダを同時に表示したり検索したりして管理できるのですが、属性のひとつとして「カレンダ背景色」があります

原則的には自動割り当てされますが、仕事や家族や恋愛や信仰などでそれぞれご自分のイメージにあわせた色分けをされている場合も多いと思います。

ちなみに私の場合は、「仕事」は青、「家族」は薄青、「恋愛」関係?はオレンジ、「創造」はピンク、などにしています。今週はどういった時間を使ったかがひと目でわかるため大変重宝しています。

こうした「カレンダ背景色」について、Androidアプリを作成する際にもAPIを通して取得することができますが、私が所持するAndroidOS系端末の種類によって仕様が微妙に異なりました。

挙動に違いについて、最初は単なるバグ(Codingミス)だと思っていましたが、そうではなく「仕様」(または「仕様の周り」)が違うのだということが追々分かってきました。

ソフトウエア技術者は必要最低限の仕様については必ず守ります

仕様が違うといっても、さすがに基本的な「背景色」そのものが違っているわけではありません。ソフトウエア技術者は必要最低限の仕様については必ず守ります。違っていたらそれはバグと認識されて適切に処理されます。

問題は仕様には「陽に」表れなかったであろう「ふるまい」に関するものです。

今回でいえばα(アルファ)要素です。「透明度」と言い換えてもいいと思いますが、これがAndroidOS系端末の種類によって微妙に違っていたのです。

Codeは総取替えになりますが、これが元でテストの完了した端末にも影響がでることになりました。

こうした違いはCodeのいたるところに存在するでしょうね

これを完全に定義するには標準的なCode例を公開したり、上記のような仕様定義の漏れを駆逐していくしかありません。iOS系であまりそうした瑕疵が見られないのは、種類が圧倒的に少ないからです。技術的な戦略が上手だからでソフトウエア開発技術が優秀だからというわけではないでしょう。

以上です。

Docomo版iPhone予約開始。とうとう来ました!スマホの新しい時代が日本にも

[追記しました@20130918]

とうとう来ましたね。スマホの新しい時代が日本にも。

というわけで、以下の看板はヨドバシカメラ町田店前で9:40に撮ったものです。iPhone5cはWEB予約と同じ本日の午後4時から予約開始だそうです。

iphone5c_at_yodomachi

iPhone5sは予約はなしのようですね。

どれくらい並ぶのでしょうね。アップルストアが凄いのかな!

因みに私が興味あるのは日本通信やらOCNやらのSIMカードが使えるのかということなのですが...

追記:20130918

縛りなしSIMカードは使えないようです!

こういう記事が出ていました。

ドコモ版iPhone、SIMロック解除サービス「対象外」、さらにMVNOのLTEサービスも「利用不可」に

これが本当なら(私の興味のある)縛りなしのiPhone5s運用は絶望的ですね。

以上です。

おしゃべりな親の効用

人間の言語能力を測るもののひとつが、「読む速さ」と共に「語彙の豊富さ」であるということは誰もが認めることでしょうが、ベストセラー実用本のひとつ「イノベーションオブライフ」に、おしゃべりな親(?)の効用を述べた記載がありました。

幼少期における親の使う語彙の豊富さがその子の言語学習に大きな影響を与えるということ。言語学習の成熟度はそのまま学歴コミュニケーション能力などの社会的な能力に影響しますから、これは言い換えれば「幼少期における親の言葉が子の年収を決める」傾向があるということのようです。もちろんこれは傾向であって例外はいくらでもありますよ、念のため。

子供の言語能力は親の語彙で測れる?

要するに「おとなしい親」より「おしゃべりな親」が良いのだといっているでしょうね。内容のある話かどうかやTPOを考慮した話なのかはともかく、豊富な語彙を使って子供に接することが良い結果を生むのだと。

「取るに足らないおしゃべり」をする天才のようなひとがみなさんの周りにも一人や二人はいらっしゃると思います。でもそれが子供にとってよい影響を与えるらしい。でも本当に子供の言語能力は親の語彙だけで測れるのでしょうか?外国で育った子供のように日本人の親で英語しか理解できない子の場合はどうなるんでしょうね。これも例外のひとつでしょうか。

データ少佐が真似た「取るに足りないおしゃべり」の天才

海外ドラマ「スタートレック The next genearation」に、「取るに足らないおしゃべり」の天才が出てくるエピソードがあります。ドラマの終盤に出てきますが、ピカード艦長からお手本としてその「天才」を紹介されたデータ少佐が、その「天才」を研究し尽くして「取るに足らないおしゃべり」に延々と興じる姿は真骨頂でした。年のせいかこういう場面を見てるだけで幸福だったのを覚えています。

こういう天才たちが周りにいる子供たちは幸せなのかな。

以上です。

月3000円安くなった!じいちゃん・ばあちゃんの携帯契約の見直しで

[追記しました@20130930]

米国時間9月10日に、ついに、Docomo版iPhone販売の発表がありました。今後いろいろな変化が起きてくるでしょうが、一度契約自体見直してみませんか?

契約を見直すとはいっても自分のだけではありません。自分の契約についてよく知っているひとは、何かあるたびに契約内容を見直しいろいろプランを変えてシミュレーションしたりして十分検討されていると思います。それだけで結構簡単に月300円程度は変わってきます。ですから契約内容をよく分かっていないひとの契約はグンとシェープアップすることができるのは想像に難くないでしょう。

自分以外の契約内容を見直して月3000円程度コスト低減した経験があります。

両親の契約内容は、つっこみ処満載です

それは、田舎の両親の契約でした。

[じいちゃん]
内訳金額(円) 請求内訳等詳細
500 SバリュからSSバリュに変更
372 パケ・ホーダイ ダブル定額料
372 付加機能使用料(iモード/メール等含む)
100 付加機能使用料(ケータイデータお預かり)[月額]
300 ケータイ補償お届けサービス使用料(300)[月額]

メールが使えない親父(じいちゃん)には必要のないものや、そうアクティブでなくなったライフスタイルには不要のものを外しました。

[ばあちゃん]
内訳金額(円) 請求内訳等詳細
500 SバリュからSSバリュに変更
300 付加機能使用料(留守番電話)[月額]
200 付加機能使用料(キャッチホン)[月額]
100 付加機能使用料(メロディコール基本)[月額]
150 iチャネル利用料[月額]
100 付加機能使用料(ケータイデータお預かり)[月額]
300 ケータイ補償お届けサービス使用料(300)[月額]

お袋(ばあちゃん)はメールを使うのでiモード等は外せなかったですが、2011年7月から解禁になったキャリア間SMSで簡単なメッセージは送付可能です。なのでiモード外せばもう350円程度安くなりますね。

私自身もGmailしか使わないのでキャリアの独自サービスについては一切合切外して月額1000円安くしました。

「親父のxxxの契約内容を一部変更したよ。SバリュxからSSにしたり、パケ放題を解約したり、xmodeも解約した。これで来月から1200円安くなる」

「お袋のも今契約変更した。これで月1700円安くなる。契約内容を見て腹が立った。ケxタイデxタおxかりサxビスにいたっては「お客様のご利用機種は対応しておりません!」が出ているにもかかわらず、契約させておいてそのままになっている。酷い対応だね、xxxは!」

 これは昨年秋に帰省して契約内容を調べ契約変更したときに兄弟宛に送付したTweet(非公開ツイート)です。恐らくショップの方にも悪気は一切なく「無料なので1ヶ月だけそのままにしておいてくださいね。契約変更は簡単ですからまたご来店下さい」とか何とかいってそのままにしてたのでしょうが。

それにしても月に3000円も無駄に払っていたなんて。契約者全員見直せたら凄いことになるでしょうね。恐らく携帯キャリアの収益に無視できない数字になるのではないでしょうか。

これからひと波乱ありそう!?

ここ数年、携帯電話キャリアや携帯(スマホ)メーカー各社が大変な時期に遭遇しています。ただでさえMNPの分捕り合戦がありユーザは混乱させられているのに、Docomo版iPhone販売なんかになってしまうと「極まってしまう」のではないでしょうか?

「面白いことになりそう」と私は何か「ワクワク」させられますが、とりあえず、まずは現在の契約内容を見直してこれからの変化に備えてはいかがでしょうか

以上です。