投稿者「admin」のアーカイブ

結構簡単でした!?スマホでのGoogleAnalyticsのOpt-out

[追記しました@20131117]
[追記しました@20131019]

最近、ちょっとブックマークレットやChrome拡張にハマッてますが、ついでにひとつ便利ツール(?)を作成しましたので、ここで公開します。

ブログやサイトの運営者の悩みはここから始まる!?

全世界のブログやサイトの運営者は、最近のビッグデータの話題もあり、自分のブログやサイトの利用分析をしています。逆に利用分析をしていないブログやサイトは、利用者のメリットを最大化できる強力なデータを取得できるにもかかわらず有効活用していないということでしょうか。

ブログやサイトの利用分析の最も強力なもののひとつがグーグルのGoogleAnalytics(以下GA)です。GAはサイト訪問の頻度や利用者のブラウザ種類などをサイト運営者にレポートしてくれます。サイト運営者はそのレポートを元に利用者のメリットを最大化するための施策を打ちます。

自サイトへの運営者や運営スタッフのアクセスはカウントしたくない!

こういった利用目的があるので、サイト訪問の頻度などはできるだけ正確に知りたいですよね。そうすると自サイトへの運営者や運営スタッフのアクセスはできるだけ無視できるようにしたい。一方でサイト運営するためのメンテナンスは大変なもので、結構な頻度でアクセスするしかありません。

サイト管理者ならご存知の方が殆どだと推察しますが、PCに特殊な設定を施すだけでそのPCからサイトへのアクセス情報をGAが無視してくれます。例えば、GoogleAnalytics Opt-Outというプラグインがあります(ChromeならChrome拡張)。

スマホ対応のブラウザにはOpt-Outプラグインが適用できない!

ところが、iPhoneやAndroidといったスマホにプレインストールされている、もしくは購入後にインストールして使うブラウザには、こうしたプラグインが使えない場合が殆どです。実際私が主に使っているiOS用ChromeもChrome for mobileも例外ではなくOpt-Out拡張機能がスマホでは設定できません

これで何が困るかというと、スマホで自サイトにアクセスしてしまうとGAのアクセス対象になってしまい、それが分析結果に影響し、効果的な対策が打ちにくくなる、ということです。

そこで、スマホでもこうしたことへの解決策はないか調べ、コードを実装し、検証してみました

解決のヒントはGoogleのサイトに!

するとありました。まるで、コロンブスの卵ですね。

最初、上記の(Chrome拡張や)プラグインと同じようなOpt-Out用コードを準備しておき、AndroidのWebVIewを使って、ターゲットのサイトを呼び出す寸前にコード挿入してやる、なんてややこしいことを考えていましたが、実はもっと簡単に実現できることがわかりました。

ヒントは、
Tracking Basics (Asynchronous Syntax) – Google Analytics — Google Developers
にありました。

たったひとつのWindow変数をGAのコードの実行前に設定すればいい、というものです。

具体的には、

window['ga-disable-UA-123456-1'] = true;

を設定する。これだけです。

具体的には集計対象ページに挿入していた従来のGA用コードを

  var gaProperty = 'UA-123456-1';

  var disableStr = 'ga-disable-' + gaProperty;
  if (document.cookie.indexOf(disableStr + '=true') > -1) {
    window[disableStr] = true;
  }

  var _gaq = _gaq || [];
  _gaq.push(['_setAccount', 'UA-123456-1']);
  _gaq.push(['_trackPageview']);

  (function() {
    var ga = document.createElement('script'); ga.type = 'text/javascript'; ga.async = true;
    ga.src = ('https:' == document.location.protocol ? 'https://ssl' : 'http://www') + '.google-analytics.com/ga.js';
    var s = document.getElementsByTagName('script')[0]; s.parentNode.insertBefore(ga, s);
  })();

に書き換えます。

このコードの後半部分はサイト管理者であれば馴染み深いものだと思います。前半部分にある、window変数の設定が重要なのですが、ここにはサイトやブログのコードをいちいち変えずにcookieの設定だけでwindow変数の設定を有効にしたり無効にしたりするテクニックが仕込まれています。

有効/無効のコントロールコマンドはブックマークレットに登録

Opt-Outを有効にするブックマークレットの例

javascript:(function(){document.cookie=disableStr+'=true;expires=Tue,1-Jan-2030 00:00:00 UTC;path=/';window[disableStr]=true;})()

Opt-Outを無効にするブックマークレットの例

javascript:(function(){document.cookie=disableStr+'=true;expires=Fri,31-Dec-1999 23:59:59 UTC;path=/';window[disableStr]=false;})()

これらをスマホのブックマークバー等に登録しておけばスマホ毎に簡単に「有効/無効」を切り替えることができ、元々のサイトのコードには触る必要がありません。

これで思う存分スマホで自サイトをいろいろいじくることができます

[追記:20131019]

AndroidアプリのWebView内での実装には、Cookieを有効にして変数をセットしてあげる必要がありますね。

また、iPhoneやiPadなどiOS系のSafariブラウザでも本ブックマークレットにより制御は応用可能です。ただし、ブックマーク時に「ホーム画面に追加」で作成すると、同じURLにアクセスするものでもSafariブラウザとは異なるCookieになるようです。「ホーム画面に追加」されたアイコン起動の場合ブックマークレットが使えない(ような?)ので、ご注意ください。現在のところ解決策や回避策は不明です。

[追記:20131117]

上記ブックマークレットを使用する場合、GoogleのChromeブラウザの場合、PC版だとターゲットなるページを出しておき登録したブックマークレットを選択すれば済みますが、AndroidOS系やiOS系のスマホのChromeブラウザではそう簡単ではないようです。ターゲットなるページを出したまま登録したブックマークレットを選択する芸当が使えないのですね。その場合には、オムニバー(URLを指定するところ)に登録ブックマークレット名を入れるとopt-out用のブックマークが現れますのでそれを選択すればよいようです。

お世話になったリンク

Tracking Basics (Asynchronous Syntax) – Google Analytics — Google Developers

以上です。

導入から公開まで13時間!Chrome拡張機能の開発[1of6]

先日本ブログにて公開した「ハロワ求人情報検索ページの設定を容易にする」ブックマークレットですが、これをChrome拡張機能として実装してみました。公開も。以下その経験談です。

ブックマークレットは作成も導入も敷居が高い

先日本ブログにて公開したブックマークレットについてですが、「作る」にも「使う」にも、やはり結構敷居が高いなあと感じました。

グーグルの「Chrome」ブラウザであればブックマークをPCとスマホで同期できるので、Android系スマホはまだいいのですが、iOS系の「Safari」にいたってはブックマークレットをそう簡単には導入できません。
私自身は、結構前からiPhoneでも「Chrome」ブラウザに乗り換えましたので、今は特にそうした苦悩はありませんが、PCにしてもスマホにしてもブックマークレットの場合、実装できるコード量や使える機能が限られるので自由度が低いと正直思いました。

それに比べるとChrome拡張機能と呼ばれるアプリ(?)の場合、できそうなことがいっぱいありそうです。逆にできないことって何があるだろうと考えるくらいです。

前々から「プラグインのようなものの開発」に憧れが...

前々から「プラグインのようなものの開発」に憧れていたこともあり、Chrome拡張機能についてちょっと勉強してみました。

「Chrome拡張機能」については使う側としての知識しかありませんでした。しかも1、2個使う程度でしたので、2,3個使っているブックマークレットの方が使う側としても上でした。そこで、まず、「Chrome拡張機能とは何?」というところからのスタート。Google先生んちを訪ねても、系統だったものどころか、あまりまとまった情報を扱っていないように感じていたところに、

Chrome Extensions API リファレンス

のページに出会い、理解が一気に深まりました。情報がちょっと古いような感もありますが、ここ秀逸です。「Chrome拡張機能とは」から「コンテントスクリプトと拡張ページのメッセージ通信」まで丁寧な説明があります。

ブックマークレット方式の欠点を改善してくれる

そのページ中の、ページアクションの説明のところで、対象ページに対して情報を抽出したり情報を書き込んだりできることが書かれており、これは正に先日ブックマークレットにして公開した機能そのもので「本当はこういうふうにしたかったんですよ!」でした。

もともとブックマークレット方式には、パソコン初心者の方等に使っていただくには、大きな欠点があります。

  1. 設定情報の編集からブックマークレット化までの処理が煩雑
  2. リアルタイムで設定情報を更新できない。一つ目のポイントのように、予め固定的な情報のみを編集してもらってそれをブックマークレットに変換後登録して使う、というものなので当然といえば当然ですけれど。

等になります。

Chrome拡張機能だと、非常に制約が少なく、逆にコンテントスクリプトのように拡張部分と処理対象ページとの3者が独立していてコード作成上の副作用が少ないように感じました。

13時間掛けてChrome拡張を開発しWEBストアへ公開した

結局13時間掛けてChrome拡張機能の開発方法デバッグ方法について調べながら、

ちょっとは楽になったかも!?「ハローワークの求人情報検索」ページ簡単設定[1 of 3]

にあるようなブックマークレットで実装した機能(+アルファ)をChrome拡張機能として実装してみました。

HWISCooker_300x210

Chrome拡張機能リンク先:Chrome ウェブストア – HWISCooker

HWISはハローワークインタネットサービスの略。Cookerは設定情報の保存方式として最初Cookieで実装できないか考えていたのでCookerとしましたが、パソコンへの保存方式としては結局HTML5のlocalStorageを使っています。「Cookie」ではなく「Cooker」としましたが、ちょっと違ったかも。

苦労したポイントは、当初ネットでまとまった情報がなかなか得られなかったこと以外に、

  • 生のjavascriptではなく、jQueryを使えるようにするにはどうすればいい?
  • 既存ページの内容を変更する方法は?contentscriptによる方法とexecuteScriptがある?
  • backgroundを含む拡張部分とcontentscriptとはDOMを共有しないので変数や関数が互いに参照できない。その場合の通信方法はどうするの?
  • デバッグ方法。background.jsを含む拡張部分。contentscript部分。

などがありましたが、上記に紹介したページが本当に参考になりました。
(つづく>>>)

関連する記事

導入から公開まで13時間!Chrome拡張機能の開発[1of6]
導入から公開まで13時間!Chrome拡張機能の開発[2of6]
導入から公開まで13時間!Chrome拡張機能の開発[3of6]
導入から公開まで13時間!Chrome拡張機能の開発[4of6]
導入から公開まで13時間!Chrome拡張機能の開発[5of6]
導入から公開まで13時間!Chrome拡張機能の開発[6of6]
ちょっとは楽になったかも!?「ハローワークの求人情報検索」ページ簡単設定[1 of 3]

お世話になったリンク

Chrome Extensions API リファレンス
Sample Extensions – Google Chrome Extensions
ぷりんすの開発メモ: Chrome拡張機能のマニフェストVesrsion2対応についてのメモ
ChromeExtensionを作ってみる | ぼんぼるにっき
Chrome Extension でデバッグを行う – 日頃の行い
ハローワークの「求人情報検索」ページ

以上です。

ちょっとは楽になったかも!?「ハローワークの求人情報検索」ページ簡単設定[3of3]

友人に頼まれて急遽作成した記事になりますが、就活・創出的転職・早期退職等で苦労されている方々に捧げます。

作成の動機は、ハローワークの「求人情報検索」ページは、ログインが出来ないため、検索のためにこのページにアクセスする度に、毎回同じ情報を入れる必要があると理解しました。
#もしかすると自分のWindowsOSの版数が古いせいかも知れませんが。。。

そこで、「求職番号」等毎回同じ情報を入れる手間を省けるようにする工夫を、自分のPCやスマホに施す方法を模索してみました(ネットカフェやハローワークの端末では設定しない方がいいかもです)。以下その説明の第3章です。

スマホ版「Chrome」でブックマークレットを使う方法

スマホ版(iPhoneやAndroid)の「Chrome」でPCと同様にブックマークレットで処理させる方法がみつかりました(関連リンクの方々に感謝いたします!)。
※動作確認したスマホの詳細は下記「テスト機の詳細情報」を参照してください。

ステップS1.スマホの「Chrome」ブラウザでハローワークの「求人情報検索」ページを呼び出します

hellowork_192x288

ステップS2.その状態で、図のようにオムニバー(というらしい)にステップ4で登録したブックマークレット名(この場合「ハロワ求人検索設定」)を入力します

hellowork_002_192x288

※入力が面倒なら「ハロワ」等ではなく「abc」など半角英字で始まるようにブックマークレット名を登録しておいてもよいかと。

ステップS3.オムニバー下のリストから適当なブックマークレット名(この場合「ハロワ求人検索設定」)をクリック(タッチですね)します

ステップS4.図のように求職番号等が自動でインプットされていることを確認します

hellowork_003_288x192

テスト機の詳細情報

HTC J Butterfly
Androidバージョン:4.1.1
HTC Sence バージョン:4+
ソフトウエアの番号:1.15.970.1
HTC エクステンション バージョン:HTCExtension_Sense45_4
※テストプラットフォーム:Chromeブラウザ

Sony Tablet S
Androidバージョン:4.0.3(release1a)
カーネルバージョン:2.6.39.4 integ-build@build5 #1
ビルド番号:TISU0R0220110
※テストプラットフォーム:Chromeブラウザ

Apple iPhone4
バージョン:7.0(11A465)
モデル:MD198TH/A
※テストプラットフォーム:Chromeブラウザ

Sony Xperia SB01
※「Chrome」ブラウザ自体インストールできませんでした。

関連する記事

ちょっとは楽になったかも!?「ハローワークの求人情報検索」ページ簡単設定[1of3]
ちょっとは楽になったかも!?「ハローワークの求人情報検索」ページ簡単設定[2of3]
ちょっとは楽になったかも!?「ハローワークの求人情報検索」ページ簡単設定[3of3]

お世話になったリンク

JavaScript – ブックマークレットで jQuery を使う魔法の 210 文字 – Qiita [キータ]
Bookmarkletを編集して再びBookmarkletにする | 普通のサラリーマンのiPhone日記
bookmarklet maker
ハローワークの「求人情報検索」ページ
モバイル版Chromeでブックマークレットを使う方法

ちょっとは楽になったかも!?「ハローワークの求人情報検索」ページ簡単設定[2of3]

友人に頼まれて急遽作成した記事になりますが、就活・創出的転職・早期退職等で苦労されている方々に捧げます。

作成の動機は、ハローワークの「求人情報検索」ページは、ログインが出来ないため、検索のためにこのページにアクセスする度に、毎回同じ情報を入れる必要があると理解しました。
#もしかすると自分のWindowsOSの版数が古いせいかも知れませんが。。。

そこで、「求職番号」等毎回同じ情報を入れる手間を省けるようにする工夫を、自分のPCやスマホに施す方法を模索してみました(ネットカフェやハローワークの端末では設定しない方がいいかもです)。以下その説明の第2章です。

「求人情報詳細条件入力」のページで使えるブックマークレットの紹介

下記例では「その他の技術者」「技術サービス業(他に分類されないもの)」を設定しています。

(function(f,s){s=document.createElement("script");s.src="//ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/2.0.2/jquery.min.js";s.onload=function(){f(jQuery.noConflict(true))};document.body.appendChild(s)})(function($){
$("#ID_kiboShokushuDetail").val("11");
$("#ID_kiboSangyoDetail").val("74");
})

※ステップ1の「求人情報検索」画面専用の設定と混在させないでください。ここのブックマークレットは「詳細条件入力」画面専用です。

<希望する職種(詳細)>
05:研究者
06:農林水産技術者
07:開発技術者
08:製造技術者
09:建築・土木・測量技術者
10:情報処理・通信技術者
11:その他の技術者
12:医師、歯科医師、獣医師、薬剤師
13:保健師、助産師、看護師
14:医療技術者
15:その他の保健医療の職業
16:社会福祉の専門的職業
17:法務の職業
18:経営・金融・保険の専門的職業
19:教育の職業
20:宗教家
21:著述家、記者、編集者
22:美術家、デザイナー、写真家、映像撮影者
23:音楽家、舞台芸術家
24:その他の専門的職業

※ステップ1の「求人情報検索」画面で「希望する職種」として「専門的・技術的職業」を選択した場合の例です。「詳細条件入力」画面にて右クリックでソースを出して文字列検索すればコード(「71」などの2桁の数字)が分かりますので、それを設定することもできます。

<希望する産業(詳細)>
71:学術・開発研究機関
72:専門サービス業(他に分類されないもの)
73:広告業
74:技術サービス業(他に分類されないもの)

※ステップ1の「求人情報検索」画面で「希望する産業」として「学術研究,専門・技術サービス業」を選択した場合の例です。「詳細条件入力」画面にて右クリックでソースを出して文字列検索すればコード(「71」などの2桁の数字)が分かりますので、それを設定することもできます。
(つづく>>>)

関連する記事

ちょっとは楽になったかも!?「ハローワークの求人情報検索」ページ簡単設定[1of3]
ちょっとは楽になったかも!?「ハローワークの求人情報検索」ページ簡単設定[2of3]
ちょっとは楽になったかも!?「ハローワークの求人情報検索」ページ簡単設定[3of3]

お世話になったリンク

JavaScript – ブックマークレットで jQuery を使う魔法の 210 文字 – Qiita [キータ]
Bookmarkletを編集して再びBookmarkletにする | 普通のサラリーマンのiPhone日記
bookmarklet maker
ハローワークの「求人情報検索」ページ
モバイル版Chromeでブックマークレットを使う方法

以上です。

ちょっとは楽になったかも!?「ハローワークの求人情報検索」ページ簡単設定[1of3]

[追記しました@20131016]

友人に頼まれて急遽作成した記事になりますが、就活・創出的転職・早期退職等で苦労されている方々に捧げます。

作成の動機は、ハローワークの「求人情報検索」ページは、ログインが出来ないため、検索のためにこのページにアクセスする度に、毎回同じ情報を入れる必要があると理解しました。
#もしかすると自分のWindowsOSの版数が古いせいかも知れませんが。。。

そこで、「求職番号」等毎回同じ情報を入れる手間を省けるようにする工夫を、自分のPCやスマホに施す方法を模索してみました(ネットカフェやハローワークの端末では設定しない方がいいかもです)。以下その説明です。

ブックマークレットで簡単アクセス

以下に説明するブックマークレットを、一度自分のPC(やスマホ)のブラウザに設定すれば、ハローワークの「求人情報検索」ページに行ってブックマークレットを起動するだけで、10個ほどの手入力を省略することができます。Cookie程ではありませんがONEクリックで済みます。

ステップ1.下記ブックマークレットの情報を自分の状況に当てはめて設定する

(function(f,s){s=document.createElement("script");s.src="//ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/2.0.2/jquery.min.js";s.onload=function(){f(jQuery.noConflict(true))};document.body.appendChild(s)})(function($){
$("#ID_kyushokuNumber1").val("12345"); // 求職番号の最初の5桁の数字。雇用保険資格者証の第2面にあります
$("#ID_kyushokuNumber2").val("12345678"); // 求職番号の残りの数字
$("#ID_kyushokuUmu1").attr("checked","");
$("#ID_kyushokuUmu2").removeAttr("checked");
$("#ID_gekkyuKagen").val("200000"); // 希望する賃金の下限(月給の場合)
$("#ID_kiboShokushu").val("B"); // 希望する職種。下記の「希望する職種」でチェックしてください。例は「専門的・技術的職業」です
$("#ID_todofuken1").val("14"); // 都道府県/市区町村名。下記の「都道府県」でチェックしてください。例は「神奈川県」
$("#ID_todofuken2").val("13"); // 都道府県/市区町村名。下記の「都道府県」でチェックしてください。例は「東京都」
$("#ID_todofuken3").val("59"); // 都道府県/市区町村名。下記の「都道府県」でチェックしてください。例は「海外」
$("#ID_todofuken4").val(""); // 都道府県/市区町村名。例は「 」(指定なし)
$("#ID_todofuken5").val(""); // 都道府県/市区町村名。例は「 」(指定なし)
$("#ID_nenrei").val("52"); // 年齢。例は「52歳」。【求人情報の種類】で「一般(フルタイム)」、「一般(パート)」を選択した場合のみ、検索条件に設定できます。
$("#ID_kiboSangyo").val("L"); // 希望する産業。下記の「希望する産業」でチェックしてください。例は「学術研究,専門・技術サービス業」
$("#ID_kyushokuNumber3").val("12345"); // 求職番号の最初の5桁の数字。雇用保険資格者証の第2面にあります(ここから「求人番号を指定して検索する」用の設定です)
$("#ID_kyushokuNumber4").val("12345678"); // 求職番号の残りの数字
$("#ID_kyushokuUmu21").attr("checked","");
$("#ID_kyushokuUmu22").removeAttr("checked");
})

※コメントがあるとうまく動作しないようです(Chromeブラウザの場合)。上記の説明を参照して下記(上記のコメントを外したもの)を適当に修正してコピペして使ってください

(function(f,s){s=document.createElement("script");s.src="//ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/2.0.2/jquery.min.js";s.onload=function(){f(jQuery.noConflict(true))};document.body.appendChild(s)})(function($){
$("#ID_kyushokuNumber1").val("12345");
$("#ID_kyushokuNumber2").val("12345678");
$("#ID_kyushokuUmu1").attr("checked","");
$("#ID_kyushokuUmu2").removeAttr("checked");
$("#ID_gekkyuKagen").val("200000");
$("#ID_kiboShokushu").val("B");
$("#ID_todofuken1").val("14");
$("#ID_todofuken2").val("13");
$("#ID_todofuken3").val("59");
$("#ID_nenrei").val("52");
$("#ID_kiboSangyo").val("L");
$("#ID_kyushokuNumber3").val("12345");
$("#ID_kyushokuNumber4").val("12345678");
$("#ID_kyushokuUmu21").attr("checked","");
$("#ID_kyushokuUmu22").removeAttr("checked");
})

※設定の必要のない項目は行ごと削除してください。

<希望する職種>
A:管理的職業
B:専門的・技術的職業
C:事務的職業
D:販売の職業
E:サービスの職業
F:保安の職業
G:農林漁業の職業
H:生産工程の職業
I:輸送・機械運転の職業
J:建設・採掘の職業
K:運搬・清掃・包装等の職業

<都道府県>
01:北海道
02:青森県
03:岩手県
04:宮城県
05:秋田県
06:山形県
07:福島県
08:茨城県
09:栃木県
10:群馬県
11:埼玉県
12:千葉県
13:東京都
14:神奈川県
15:新潟県
16:富山県
17:石川県
18:福井県
19:山梨県
20:長野県
21:岐阜県
22:静岡県
23:愛知県
24:三重県
25:滋賀県
26:京都府
27:大阪府
28:兵庫県
29:奈良県
30:和歌山県
31:鳥取県
32:島根県
33:岡山県
34:広島県
35:山口県
36:徳島県
37:香川県
38:愛媛県
39:高知県
40:福岡県
41:佐賀県
42:長崎県
43:熊本県
44:大分県
45:宮崎県
46:鹿児島県
47:沖縄県
59:海外

<希望する産業>
A:農業,林業
B:漁業
C:鉱業,採石業,砂利採取業
D:建設業
E:製造業
F:電気・ガス・熱供給・水道業
G:情報通信業
H:運輸業,郵便業
I:卸売業・小売業
J:金融業・保険業
K:不動産業,物品賃貸業
L:学術研究,専門・技術サービス業
M:宿泊業,飲食サービス業
N:生活関連サービス業,娯楽業
O:教育,学習支援業
P:医療,福祉
Q:複合サービス事業
R:サービス業(他に分類されないも
S:公務(他に分類されるものを除く
T:分類不能の産業

ステップ2.ブックマークレットメーカーにアクセスして上段[script:]にコピペする

ステップ3.[bookmarklet:]の隣にあるリンクにマウスを持って行き、右クリックして[リンクアドレスをコピー]を選択する

これでクリップボードにコピーされます

ステップ4.ブックマークレットをブラウザに登録します

ブックマークレットとは、一種のブックマークですが、単に別のページに飛ぶためのリンクではなく、現在見ているページ等に何らかの処理をしてくれるリンクです。本ブックマークレットの場合には、「ハローワークインターネットサービス – 求人情報検索」ページの適切なところに自分の情報を容易に設定して手入力を省く、という処理してくれるリンクです。

ブックマークバーで登録する方法をオススメします。ブックマークバーのところで右クリックして「ページを追加」を選択。「ブックマークを編集」画面にて、「名前」に例えば「ハロワ求人検索設定」、「URL」にクリップボードからのコピペ内容、を入力して「保存」します。これでブックマークレットが登録されました。

これで準備ができました

次はご自分の情報が設定にキチンと反映されているか検証します

ステップ5.ハローワークの「求人情報検索」ページに飛んで、先ほど作成したブックマークレットを実行してみます

上の例だとブックマークバーに登録した「ハロワ求人検索設定」を選択するだけです。

ステップ6.ハローワークの「求人情報検索」ページの中のいろいろな部分に情報がインプットされていることを確認する

ブックマークレット作成時(ステップ1)の情報が自動でインプットされていれば成功です。もしも思っていたものと違う情報が設定されていたり、検索結果が思わしくない場合には、ステップ1で設定すべき情報をいろいろ変えてみてください。逆に、よく変える項目はステップ1で設定しない、もしくは高頻度の内容をとりあえず設定しておくのがいいかも知れません。

テスト環境と推奨環境

十分な人手や資源がないので、テスト環境がそのまま推奨する環境ですが、下記の通りです。

  • PCでテストしたブラウザは「Chrome」のみ。「IE」や「FireFox」等は試していません。
  • 設定の組み合わせの数は1000000通り以上ありますので、全てきちんと動作するか確認できておりません。
  • 【求人情報の種類】で「一般(フルタイム)」を選択している場合(省略時の設定でもある)を想定しています。
  • 本ブックマークレットは2013年10月10日現在のハローワークの「求人情報検索」ページのソースを元に作成しています。ソースに変更(詳細仕様の変更)があれば動作しなくなることも考えられますので、注意してください。
  • AndroidやiOS等のスマホ端末における「Chrome」での動作が確認できていません。「ターゲットとなるページを開いておいてブックマークレットで一部の処理を行う」という技が使えるのか。PCの「Chrome」には実装されている「ブックマークバー」が見当たらないようですね。違うのかな。「Safari」では大丈夫そうですけど。

[追記:20131016]

PC版Chromeユーザの方であればChrome拡張機能が便利です。本ブックマークレット方式に比べ導入や設定が格段に容易になりました。
結構楽になったかも!?「ハロワの求人情報検索」ページ簡単設定

(つづく>>>)

関連する記事

ちょっとは楽になったかも!?「ハローワークの求人情報検索」ページ簡単設定[1of3]
ちょっとは楽になったかも!?「ハローワークの求人情報検索」ページ簡単設定[2of3]
ちょっとは楽になったかも!?「ハローワークの求人情報検索」ページ簡単設定[3of3]
結構楽になったかも!?「ハロワの求人情報検索」ページ簡単設定
導入から公開まで13時間!Chrome拡張機能の開発[1of6]

お世話になったリンク

JavaScript – ブックマークレットで jQuery を使う魔法の 210 文字 – Qiita [キータ]
Bookmarkletを編集して再びBookmarkletにする | 普通のサラリーマンのiPhone日記
bookmarklet maker
ハローワークの「求人情報検索」ページ
モバイル版Chromeでブックマークレットを使う方法

以上です。