投稿者「admin」のアーカイブ

日本では既に情報提供が行われていると見るべきでしょうかね!?

日本での話です。

ある犯罪に、あるメーカのある型番のタイプライターが使われたということで捜査されました。今のように量販店のポイントカードで代表される会員カードがそんなになかった頃の話だと思いますが、販売された数千台の持ち主を殆どトレースできているようでした。今でもそうですがメーカ保証期間サービスにより持ち主の情報がある程度把握できていたからでしょう。

ここで、そのメーカは当初捜査当局に対して生の個人情報は提示していなかったでしょうが、属性に基づいてスクリーニングし、ある程度絞られた後で、連絡先や氏名や性別などの生の個人情報を提示していたのでしょうね。

これが現代であれば、もしテロ犯人がそのタイプライターを使っている可能性があった場合、米国当局からも資料提示の要請があったということかも知れません。

日本の捜査当局にしても米国当局にしても、それぞれ正当な理由があって、こうした個人情報またはそれに関わる属性の提示要請があったのだと理解しますが、いろいろなリスクが出てきます。

犯罪に関わる人に関する情報提示については、一般のひとにはほぼ関係ないので、その情報が必要とされる「関係者以外に情報が漏れないと保証かつ検証できれば」一見問題ないように見えます。

加えて、犯罪に関わる人に関する情報と残りの一般のひとの情報を切り離してしまえばいいのでしょうが、そうすると普通行動との比較が困難になるので、それも難しいのでしょうね。たとえばある催しものでほとんどの人が東に歩いていたとき西に歩いている数人を被疑者と見る場合があるのでしょうが、その場合、「ほとんどの人」の行動履歴が必要になりそれを切り離すことが不可能になります。

結局、玉石混交の情報を相手に、上記の「関係者以外に情報が漏れないと保証かつ検証できれば」という条件を成立させるのは一筋縄ではいかないでしょうね。

日本の捜査当局はその「無誤謬性」を盾に「関係者以外に情報が漏れないと保証かつ検証」できた、とするでしょう。既にその反例が山ほどあるにもかかわらず押し通すかも知れません。

一方、米国当局の場合、ES(江戸語・雪電)の存在自体がそうした「反例」のひとつになってしまいました。

事件解決のトリガはビッグデータだったのか

「母さんお願い詐欺」に関して、つい先日ですが新聞にこんな内容の記事が載っていました。20代と思われる男性がキャバクラで豪遊しており、その男性は「母さんお願い詐欺」に加担しているらしいと捜査当局が目をつけていたとのこと。実際に、その男性が「出し子」と呼ばれるATM引き出しや現金受け取りという末端の役割をしていたところを現行犯で逮捕されたそうです。

ここで問題となるのは、捜査当局がその男性に目をつけたトリガーが何だったかということ。捜査上の聞き込みやら人相やら垂れ込みやら従来の捜査手順を踏んだものか、またはキャバクラで豪遊している20代と思われる男性の店からの情報クレジットカードの履歴情報からか。後者はクラウドから入手可能なものです(恐らく現金を使って足がつかないようにするとは思いますが)。

「キャバクラで豪遊」でも、「高級スポーツカーを現金購入」でも、「競馬で大金を掛ける」でもいいですが、こうした、通常の生業を持つ20代の(独身)男性ではありえない行動情報をキーワードにクラウドから情報入手し、それを元に捜査が行われたと仮定すると、「よくぞやってくれた」とも「怖い」とも言えますね。

こうした犯罪行為であぶく銭の入ったひとは、使う際もあぶく銭のように使うでしょうから(これも本当がどうか不明です)、「入る」方の捜査だけではなく「出る」方の捜査をすればいいのに、と私は数年前から感じていました。もしクラウドからの捜査だとしたらようやくその萌芽が出たというところでしょうか。

恐らく数年前にはこうしたことは不可能で前提となる環境が未熟だったのでしょう。SNS・スマホの普及やビッグデータの扱いが当たり前になりつつある今年や来年あたりからその威力を発揮しているのではないでしょうか。

それにしても、新聞の事件、捜査が先だったのか、クラウド情報が先だったのか、今もよくわかりません

迷宮入りになりそうな誘拐事件や蒸発案件で効果を発揮するビッグデータ

誘拐事件や蒸発その他で、今でも消息不明な方々がたくさんいらっしゃいますが、その有効な手掛かりがビッグデータで掴めないでしょうか。

たとえ蒸発した本人が故意にいなくなったとしても、そしてどこかで幸せに暮らしていたとしても、探している人に取っては、とても辛いことでしょう(もちろん虐待の場合は別です)。

捜査当局があの手この手で把握する目撃者の情報は本当に有効なんでしょうが、たまたま事件の前後に現場に居合わせて何かを目撃したとしても、本人にその自覚がなければ、そもそも記憶を辿ろうともしないでしょう。

でも、そうした目撃者の候補がビッグデータから掴めるとしたら?そして目撃者候補の記憶や証言から有効な手がかりが得られるとしたら?

個人情報も大切ですが、扱いさえ正当であれば、殆どひとにとって価値のない情報が「誘拐事件を解決できる」「蒸発したひとの消息が分かる」など、当事者にとってはこれ以上考えられないほどの価値に変貌するでしょう。

そしてたとえ実際の事件で効果が得られなかったとしても、少なくともこれから起きる犯罪に対する抑止効果が期待できるのではないでしょうか?

関連記事

これは脅威!?「消せない火」の次は「壊せない巨大HDD」のある世界
伏兵がいたとは!?パスワード管理の話
遺伝子にまでパッチが当てられる時代なんですね、現代は!
日本では既に情報提供が行われていると見るべきでしょうかね!?

以上です。

本格だしを材料から作る?すぐにやってられなくなりました!

男性は何事にも凝るようです。かく言う私もその典型で、料理を始めた当初もそうでした。たとえば、関西風うどんの場合「だし」が命らしく、ネットでプロ?の方のページを調べ、全工程で半日以上かかる「本格だし」を製作していました。

買出しから料理まで毎日こなすようになってから既に2年以上経ちますが、今ではそうした「本格だし」の製作は面倒でやってられなくなりました。確かに手作りは美味しいですが、出される家族の感想はもとより、作る自分自身にも、

「そこまで手間隙かけるだけのことはあるのか」

と疑問が残ったからです。

今作っている「関西風うどんだし」は、

白だし(市販のもの)、酒(清酒2級)、みりん、薄口しょうゆ、塩、そして水

これだけです。

両親の「このだし、うまいね」で十分

先日大阪に帰省したとき、ちょちょっと作ってあげたときも「このだし、うまいね」と両親。

そんなもんなんですね。これが上記のような「全工程で半日以上かかる本格だし」だと、どうだったでしょうね。「うまくて当たり前」「うまいだろ、このだし」と、何か押し付けがましくなっていたかも知れません。

料理を始めた当初に比べスタンスの変化した食材や料理は、「本格だし」に限らず、いろいろあります。気張らず楽しく料理したいものです。

以上です。

遺伝子にまでパッチが当てられる時代なんですね、現代は!

先日あるテレビ番組で未来の医療に関するテーマをやっていました。その中に遺伝子の異常でものを食べるとすぐ腸に穴があいてしまう難病の子供の話がありました。そして医師や研究者が苦労して見つけた解決策は、遺伝子を(ほんの一部ですが)変更してしまうというもの。遺伝子操作ですね。遺伝子操作した骨髄を移植して身体の内部に広げるのだそうです。患者は見事治癒したようでした。

これを見て思ったのは、

「遺伝子にまでパッチが当てられる時代なんだ。現在は!」

でした。

「パッチ」という言葉をご存知でしょうか?

「パッチ」という言葉をご存知でしょうか?「パッチ」は案外よく使われている言葉です。「つぎ当て」の意味の「パッチワーク」の「パッチ」です。

コンピュータやプログラミングの世界でも「パッチ」という言葉が使われます。高級言語でもない機械語でもない、直接コンピュータのメモリ上に展開される「バイナリプログラム」に「つぎ当て」をすることを「パッチ」を当てるといいます。

世の中には数十年も前から「バイナリプログラム」が存在します。元の高級言語によるプログラムや機械語さえなくなってしまったり、あっても現在ではコンパイル環境が揃えられないものもあります。

現役の「バイナリプログラム」は大きな財産で簡単には取替えが効かず、それでいろいろ困ったことが起きます。困ったことの解決策のひとつとして、上に紹介した「パッチ」があります。

それでは、どういった場合に「パッチ」を当てたいのでしょうか?

例えば「バイナリプログラム」が提供するサービスに「時間制限」があり今仮にそれが24時間だったとしましょう。サービスが24時間を越えると警告するなり処理を中止するなりしたいわけです。

こうした処理は通常「バイナリプログラム」内部では、24というデータと現在のサービス経過時間を比較するプログラムが動きます。

サービスの周辺環境が変化して、「時間制限」を24時間ではなく96時間にしたいとします。

数のデータを変えるだけでいいなら、(データ構造によっては)しかも同じ2桁でいいなら「バイナリプログラム」に「パッチ」を当てるだけでこれが容易に実現できてしまいます。膨大な「バイナリプログラム」内の「24」という数字を「96」に変えればよいからです。

遺伝子という「バイナリプログラム」に「パッチ」を当てること

ここで、話を最初の遺伝子の話に戻すと、遺伝子操作という行為は、遺伝子という「バイナリプログラム」に「パッチ」を当てることにあたり、骨髄移植がその影響を身体の隅々に伝える働きがあるといえそうです。凄いことになっていますね。

これを応用するとカラコンではなく元の眼の色さえ変えることができる!?

眼の色は遺伝子のほんの一部の元素が影響しているそうです。ということは「パッチ」を当てて眼の色を変えられるいうことですね。

将来はいろいろ応用例が出てくるかも知れませんね。美容や健康だけでなく人間の想像力が許す限りの応用例が出てくるでしょう。

ただし、「パッチ」を当てるの前提は、「ほんの一部」を相手にすることです。そうでなければ途方もない労力や費用がかかることでしょうね。

関連記事

これは脅威!?「消せない火」の次は「壊せない巨大HDD」のある世界
伏兵がいたとは!?パスワード管理の話
遺伝子にまでパッチが当てられる時代なんですね、現代は!
日本では既に情報提供が行われていると見るべきでしょうかね!?

以上です。

成田空港でリーダシップを実践したら「どろぼう」と叫ばれてしまった!

巷で評判で新聞でも紹介された「採用基準」という、元マッキンゼー日本支社で開眼されその後独立された方の著書を読んでいました。

【送料無料】採用基準 [ 伊賀泰代 ]

【送料無料】採用基準 [ 伊賀泰代 ]
価格:1,575円(税込、送料込)

成田空港でバンコク行きの搭乗を待っていたときのことです。

日本人には「リーダシップ」が特に足りない!?

この本の中で一番説かれていたのが「リーダーシップ」の重要性。勉強ができてお行儀もよい日本人に(唯一?)足りないものが「リーダーシップ」なんだそうです。

ここに書かれている「リーダーシップ」は、特に難しいことはなくて、本当の基礎編でいいなら、よく観察すれば、その辺の小学生や幼児でさえ実践できるようなことでした。

「そうか。リーダーシップってこんなに簡単なことなんだ」

と納得して本を閉じて、ゲート近くで搭乗アナウンスを待っていると、先にアナウンスされたビジネスクラスの客らしい方が、通りすぎる際にベンチシートのすぐそばに財布を落としたようでした。そばで「あっ、財布!」とか「パース!」とかが聞こえたような気がしました。

「どっ、どろぼう!」と叫ばれてしまった

財布が落ちて1、2秒の間が過ぎました。でも誰も行動しません。私は「リーダーシップってこういうことだよね」と内心思いながら、並んでいた列を離れ財布を拾って今まさに搭乗係りにチケットを手渡そうとしていた紳士に呼び掛けようとしたところ、私の後ろで、

「どっ、どろぼう!」

と叫ぶひとがいました。

そうなんです。その財布は、ビジネスクラスの客のではなく、ベンチシートに座っていた客が落としたもので、落としてすぐに拾わずモタモタしていたのでした。

「なんだ!紛らわしい!」

と思いながら私はUターンして財布をベンチシートの持ち主に返しました。

「リーダーシップ」はこういう恥ずかしい思いから始まることもあるのでしょうね。

以上です。

エコバッグを電子レンジでチンする

昨今、スーパーなどで買い物するとき、普通に袋をお願いするのは大抵中高年の男性です。奥様方はみなエコバッグ。私の感覚としてこの半年で劇的に変わったような想いがありますが、今はどこでもエコバッグに対応しています。エコバッグを用意すると値引きしてくれるところや、逆に「西友」などのように袋も有料なところもあります。主婦には常識なのでしょうね。

エコバッグが感染経路になる!?

実はこうしたエコバッグに関して、数年前(2010年6月)に、衛生上の問題が発生しやすいので注意しましょうという研究結果が発表されてました。

Reusable Grocery Bags Contaminated With E. Coli, Other Bacteria | UANews

「リユーザブル・グロサリー・バッグ」とは、再使用可能な買い物袋のことです。日本流にいうと「エコバッグ」ですね。バクテリアが発生したり感染経路になったりして最悪死に至ることがあると書かれています。

日本語なら以下にリンクがあります。

Rascal’s Daydream エコバッグも洗おうね!

この中に注意すべきポイントが挙げられていました。

  • エコバッグを定期的に洗う必要のあることを明記する
  • エコバッグの使用上の注意を啓蒙する
  • エコバッグには生鮮品とそうでないものを分けていれる
  • エコバッグを目的外に利用しない。例えば書籍や運動着を入れて使わない
  • エコバッグを高温にしない。例えば車のトランクなどに入れない

#日本語のリンク先の方が全然訳がうまいです

私は電子レンジでチンしていますが、いいのかな?

私もよく買い物をします。エコバッグではなくて買い物するそれぞれのお店の袋を準備しておいて使い回しています。上記の注意もそれなりに考慮している積もりですが完全にはできないですね。

なので、ときどき洗ったり、電子レンジで「チン」したりしています。

以上です。