まだ波乗りシーズン真っ盛りですよね!あの湘南で気軽にサーフィン体験ができるんですね!

湘南の波は普段は本当に小さいです。

「マイクロウエーブ」という言葉は日本では「電子レンジ」と呼ばれ
元は水の分子の運動を極限まで強めて沸騰させるものですが、
湘南の波も普段は「マイクロウエーブ」と形容していいほどに小さいんですよ。

秋には水も澄んで惚れ惚れする波も

でも、台風シーズンや北向きの風が吹いているときには、これが変貌します。
それこそマシンウエーブのように惚れ惚れするほどで、見ていると時が経つのを忘れます。

最近は、熟女のみなさんも含め、殿方を「ドキッ」とさせる美脚女子が増えていますよね。

男性にとって、いつまでも鑑賞していたい「女性の部位」が、思春期から壮年期にかけて「顔」や「胸」から「大腿」に移行していくのがノーマルな年の取り方だと、米大学の研究結果にあるほどです。

湘南のマシンウエーブは、文字通り「人工波」のように美しく、中高年を悩殺する美脚のように、惚れ惚れさせてくれます。

そうした湘南の海で、前からあったのか知りませんでしたが、サーフィン体験が手軽にできるんですね。

江ノ島のサーフィン体験!|湘南のちょっとヨットビーチハウス江の島

私自身は(真冬以外)10年以上湘南に通った東京都町田市在住の(元)サーファーなのですが、非常に魅力的に感じました。

今では3m弱のロングボードとそれを海まで運ぶための車も手放し、ちょっと寂しい想いをしていましたが、ボードもウェットスーツも貸してもらえて、リーズナブルな値段でサーフィンが楽しめるらしいのですね。
#水着やラッシュガードは自分で調達するのかな?

この夏デビューしてみようかとページ見たり予定をチェックしたりしていましたが気がついたらシーズンを逃してしまった(?)ようです。
#海水温は気温の1、2ヶ月遅れるので実際はまだまだオンシーズンでしょうけどね。夏が終わり水も澄んだ秋の湘南に現れるクラゲの赤ちゃん軍団が懐かしいなぁ!

#実は「サーフィン」はあまり人に教えたくない(?)程楽しいスポーツでした。特に湘南では。理由はサーフィン人口が激増して危険度が増すからでした。

#いっしょにデビューしてくれるひととかいませんよね...ちょっと書いてみただけです。

以上です。