伏兵がいたとは!?パスワード管理の話

セキュアなパスコード(パスワード)の作成方法

にも書きましたが、パスワードの生成の仕方についてちょっとですがTipsをまとめています。

ただ、先日、日経新聞に、「ああやられた!どうしよう!」と個人的に感じた記事が出ていました。

危険!IDの使いまわし メールアドレス 複数使って対策(8/15)

これは、ひとことでいうと、メールアドレスをIDとして使い回していると非常にやばいことになる可能性がある、ということです。

特に、IDのみでなくパスワード(PW)も使いまわしている場合には、以下のリンクのように、複数のサイトから芋づる式に個人情報が抜かれたり、最悪なのは銀行口座等に容易にアクセスされる可能性があるということ。

個人ID盗難 芋づる式 パスワードの使い回し、被害招く 新たな手口、自衛が不可欠 :日本経済新聞(8/14)

パスワードの使い回し、被害招く――個人ID盗難、芋づる式(真相深層) | SECURITY SHOW(こっちは上記の前文が掲載されています)

さすがに銀行などは以前よりセキュリティの意識が隔世的に高くなっていますのでそれだけで実際に金銭的な被害にあうことはないのかも知れません。

しかし、SNS系、ストレージ系、メール系などのデータをアクセスされてしまい個人ビッグデータとして解析されたりすると、検索機能が充実していることが裏目に出て、例えば第二パスワードや取引専用パスコードのような重要な情報がそこから漏れてしまうかも知れません(サイト管理では通常ハッシュとして処理しており文字列がそのまま保存されることはあまり聞きませんが個人管理ならありえる)。

全サイトでPWを変えており暗号化したExcel(表計算)ファイルでそうした情報を管理運用している私にとっても、今回のことは伏兵でした。なので早速やり方を見直しました。この記事が背中を押してくれました。

危険なのはメールアドレスの使い回しだけではないのでは?

この記事では、同じメールアドレスを複数のサイトでIDとして使い回すことの危険性を報告していますが、果たしてそれだけでしょうか。メールアドレスの文字列の一部を他のアカウントのIDとして使っている方も居られるのではないでしょうか。

そうだとすると、ここ最近の「xxのサイトがハッキングされ個人情報が流出した。その数は数万(場合によっては数億)人分に上る」という記事とそれに対するサイトからの「ただちに顧客全員に通知してPWを変更してもらった。今のところ被害は報告されていない」というアナウンスが「それだけで本当に顧客にとってきちんとした対策になっているの?」というものに聞こえます

確かに、そのサイトでの被害はないけれども、それが元で他のサイトでの被害につながるのではないか、ということです。PWをどう作るかや、いつ変更するか等の管理は、サイト責任(どう保存するかサイト責任です)ではなくユーザ責任なので、恐らくあえてその危険性をアナウンスしないのでしょうね。

どこかのサイトからIDとPWが漏れたとき、もし複数の銀行でそれと全く同じIDとパスワードをつかっていたら非常に危険だということは、誰でもわかります。銀行等のサイトでは2重3重の防護の手を打っているので大事に至らないケースが大半と思いますが、ユーザとしてもやはり何か手をうっておくべきでしょうね。

記事にあるようにサイトの重要度で対策を使い分ける

やはりサイトの重要度にあわせてIDやPWを自分なりに管理することが求められそうです。IDをサイト別に変更するのが面倒なら少なくともPWは異なるものを用意すべきでしょう。方法は、

セキュアなパスコード(パスワード)の作成方法

にあるようなものでも結構ですし、上の記事の内容にあるように、マイクロソフトのExcel(表計算)ファイルにまとめておくという手もあります。

ここ最近マイクロソフトのExcel(表計算)ソフトと互換のあるものが出ており、非常に便利になっています。特に(iPhoneなどのiOS系ではなく)Android系端末ではDropboxのファイルでもExcel互換ファイルを使うことができます。読み取り暗号化したExcel互換ファイルの扱いも可能なので、出先で重要情報にアクセスすることもできます(個人的なことですが、実はこれが非常に有用で最近ではiOS系よりもAndroid系の端末を使うことが多くなりました)。

まとめ

IDやPWの使いまわしは極力しない。少なくとも重要サイトのIDやPWはそれぞれ異なったものにする。IDやPWの管理方法は、自分なりの法則を作る、または、Excel等で管理する、のがよいと思います。

やはり将来は生体認証等になるのでしょうかね。海外SFドラマなどではどう表現されているんでしょう。

関連記事

セキュアなパスコード(パスワード)の作成方法
これは脅威!?「消せない火」の次は「壊せない巨大HDD」のある世界
伏兵がいたとは!?パスワード管理の話
遺伝子にまでパッチが当てられる時代なんですね、現代は!
日本では既に情報提供が行われていると見るべきでしょうかね!?

お世話になったリンク

危険!IDの使いまわし メールアドレス 複数使って対策(8/15)
個人ID盗難 芋づる式 パスワードの使い回し、被害招く 新たな手口、自衛が不可欠 :日本経済新聞(8/14)
パスワードの使い回し、被害招く――個人ID盗難、芋づる式(真相深層) | SECURITY SHOW

以上です。