海外SIMでテザリング使用時のiCloudの盲点、他

定額ブロードバンドに慣れた生活をしていると、海外での仕事や旅行時にネット接続で思わぬ出費になることがあります。乏しい経験の中からですが注意すべきポイントをいくつか紹介します。

モバイルというのは、ネット接続が前提で便利になっています。メールしかりTwitterしかりFacebookしかりです。

ただ、モバイルの通信コストは、FTTHやADSL等の固定型の通信コストに比べて、かなりの割高になります。日本国内ではモバイル定額が当たり前になってきていますが、実速度は固定型の10分の1以下であるのが実情です。なのでかなりの割高であるといわざるを得ません。

これが、海外旅行等で使う機会の多い海外SIMの場合、

  • 500MBいくらというような容量従量制のものを選択
  • 主に使うのはメールやTwitterやFacebookや写真SNS

という前提でネット環境を設計される方が多いのではないでしょうか。

海外SIMでテザリング使用時のiCloudの盲点

最近では、大容量のデータをネット経由で送受信するサービスの中にも、ネット種別によりサービスを制御してくれるものが出てきました。iOSでいうと「FaceTime」にしても「フォトストリーム」にしても、3GやLTEなどのモバイル通信では陽に設定しないと起動しません。

ところが、WIFI経由だと有無を言わさず起動されます。Wifiのもとが定額ブロードバンドだと問題ありませんがPocketWifiなどのルータを使った海外SIMのテザリングによるWifiの場合、困ったことが起こります。

たとえば、

  • フォトストリーム
  • 産経新聞の無料紙面ダウンロード

の場合、WIFI経由だとデフォルトで起動されます。そしてあっという間に大容量を消費してしまいます。とくに、私の場合、産経新聞の紙面のスナップショットを保存する習慣があるのでこれには参ります。

  • フォトストリーム。テザリングしていると、2台構成で2倍に増幅されますので本当に注意が必要です。スナップショット自体はネットを経由しませんがフォトストリームで怒濤の転送が始まります。海外SIM経由の端末はすべて設定変更しなければいけないようです。もちろん、写真を撮る端末がひとつと決まっている場合はそれだけiCloudのフォトストリームを「オフ」すれば他に転送されないので心配ありません。問題なのはいろいろな端末で写真をとって、ひとつの端末でブログなどの記事にそれらを使う場合などです。
  • 産経新聞の紙面コピー。こちらは2台構成で3倍に増幅されます。サーバからのダウンロード。スナップショットを契機としたフォトストリーム(2台分)。こちらはダウンロード自体を諦めるのがいいかと。

海外SIM運用時のdropboxの盲点

上記のように容量の喰うサービスというのは結構3GやLTEモードのとき自動識別してネット転送を制御してくれたりしますが、サービスによっては、うまく認識してくれない場合があります。

そのひとつがDropboxのカメラアップロードです。自動処理なので本当に知らぬ間に貴重なネット資源が消費されてしまいます。短時間に、しかも大量に。

他にも結構あるのかも知れません。この手の盲点は。

以上です。