脱獄SIMフリーiPhone3GSが奇跡の復活を!

[追記しました@20121219]

前の記事で、タイで買ったSIMフリーiPhone3GSが実は脱獄SIMフリー機だった話を書きましたが、後日談があります。iOSを6.0.1から4.1にダウングレードできたばかりか、自力でSIMロックまで外せてしまったのです。以下その顛末。何気なく起動してみた脱獄ソフトで奇跡の発端が古い世代のipod以下に成り果てたiPhone3GS(紐あり脱獄済)を未練たらしく弄りながら、ネットで調べものをしていました。iTunesが「アップデートしてもいいですか」のメッセージを出したとき、ふと将来の紐なし脱獄のためにSHSHという認証ファイルを保存しておこうと思いました。

SHSHはデバイス個体毎、iOSの版数毎に準備されるもので、iTunes上でiPhoneやiPadなどのデバイスの復元の際にアップルへの認証に必要だそうです。そしてiOSの版数が上がってしまうと、予め保存しておかない限り、ユーザ側では2度と作成できないものになります。

これを何に使うのかというと、iOSのダウングレードに使います。iOSの版数が上がればあがる程、脱獄は未完成になるのが普通なので、iOSのダウングレードが必要なのです。つまりスムースに脱獄するには古いiOSに対応した適当なSHSHが保存されていなければなりません。

SHSHの保存にはTinyUmbrellaという脱獄用ツールを使いますが、私もその最新版をダウンロードして起動しました。ネットで出ているやり方を真似て容易にSHSHを保存できました。ついでに他のipodやipadのも保存しておきました。

こうして、iPhoneやらiPodやらiPadのSHSHが母艦であるmac-miniの画面に、版数やデバイスの個体番号とともにリストされるのですが、OS6.0.1のなかに見慣れないOS4.1のものがあります。

これはなんだろうか、と少し考えて、これはCydiaサーバから落ちてきたものだろうと直感しました。Cydiaサーバには保存したSHSHファイルが同時にUPされるのでしょう。そうして過去に保存したSHSHファイルがそこにも保存されているのでしょう。サーバという名前は伊達じゃないのですね。

そしてこのOS4.1のSHSHファイルを見て、かつそのデバイスがiPhone3GSのものであると解ったとき、「これは!」と思いました。

落ちてきた(?)SHSHでダウングレードに挑戦してみた

上に書いたように、ダウングレードするにはSHSHが必要でした。ということはOS4.1のSHSHがあればその版数にダウングレードできるのではないかと。

早速ネットを調べてみると、OS4.1の場合はTinyUmbrellaを使って行うようです。何度かエラーが出ました(*1)が、ページ(*2, *3)を参考にhostsファイルの変更等を行いながら、なんとか成功しました。

*1: 「iPhoneを復元できませんでした。不明なエラーが発生しました(20)。」
*2: 復元(リストア)中にエラーが出る場合の対処法を考えてみる
*3: [iOS] iOS 5をダウングレードする方法 & エラー対処法

前記事のようにアクティベートで困ることもなくすんなりとOS4.1にダウングレードできました。今度は前と違ってWifiでメールもSafariも問題なく動作します。iCloud等はありませんが、カレンダも連絡先もメールもGoogleを使っているので問題ありません。ちなみに2ページ目の画面に、「Cydia」というアイコンができてました。

IMG_0020

今度はベースバンドをダウングレードしてSIMロック解除に挑戦した

まだ電話機能が使えません。前記事よりかなり好転しているのに、欲が出てきたようです。古いOSになったのだからSIMロック解除にも挑戦してみようと思いました。

ネットの情報によると、ベースバンド(モデムファームウエア)の版数がipadと同じものになっているようです。OSのダウングレードだけでは駄目なんですね。Limera1nとかいう脱獄ツールでモデムファームウエアを05.13.04にしてみました。これもなぜか不明ですが1度失敗して2度目に成功しました。DFUモードとかのタイミングによるものでしょうか。

IMG_0038

あとからわかったことですが、前の版数でもSIMロック解除できるようですが、ultrasn0wとかいうツールを使いました(*4)。これは意外な程あっけなく終了しました。

デバイスをシャットダウンしDocomoSIMをつけたあとで起動してみると、キャリアにDocomoの文字列が。

IMG_0035

なにか夢を見ているような気分でした。自分が保存した覚えのないSHSHファイルがCydiaから落ちてきて、それを使ってタイで買った時点のシステムにほぼ復活してしまったのです。もちろんデザリングのメニューも出ており使えそうです。Cydiaから有料ですがMyWiというアプリを買えば3GSでは対応しなかった3GとWifiとの組み合わせによるデザリングもできるようです。

IMG_0039

 

脱獄SIMロック解除のiPhoneを誤ってUPDATEしてしまったひとには同じ奇跡がおこるかも知れません

おそらく、SHSHファイルは、タイの携帯屋に出ていたデバイスを業者か個人がSIMロック解除するときにCydiaに保存したものと思われます。なのでSHSHが偶然落ちてきたのではなくて、落ちるべくして落ちてきたのだと思います。

私のように脱獄SIMロック解除のiPhoneを誤って最新OSにUPDATEしてしまったひとには同じ奇跡がおこるかも知れません。幸運を祈ります。

[追記:2012-12-19]

SHSHが取得できたことに関して私は「凄い勘違い」をしていたようです。

ここにこんな記述がありました。

何故iPhone 3GSだけかと言うとiPhone 3GSのiOS 4.1 SHSHだけAppleが提供しているみたい、何故かは知らん。

真相は確認できていませんが、以下の記事にあるように、実際 iOS 4.1のSHSHが取得できています

ですから、今なら(脱獄いかんに関わらず)iPhone3GSの人には「もれなく」奇跡が起こるということのようです。

以上です。最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連する記事:

タイのAISプリペイドSIMの不思議
タイ携帯キャリアAISのSIMカードのオンラインチャージ
脱獄SIMフリーiPhone3GSが奇跡の復活を!
AISプリペイドSIMの有効期限を月15Bで延長できた!?
何でこんなに違うの!?iPhone4S向けSIM下駄の安定度

以上です。

脱獄SIMフリーiPhone3GSが奇跡の復活を!」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: タイで買ったSIMフリーiPhoneがxxだったお話 | クラサーブなICTと共に

コメントは停止中です。