GuruPlugの熱暴走対策と無線アクセスポイントの暗号化

GuruPlugを注文して4ヶ月。やっと来たPlugコンピュータですが、前に取り寄せたSheevaPlugの
設定にかなりの時間を使ったので、しばらくの間放ってました。ちょっと時間ができたので、
嵌るのを覚悟して「GuruPlug Server Plus」と格闘開始。

すでに出荷からそれなりに時間がたっているので、インタネット上にいろいろな情報があがって
いて、今回も助けていただきました。

私自身が困って、かつWEBで探せなくて、結局自分でいろいろ試行錯誤しながら実験して分かった
(仕様を理解しているのではなくてたまたま動いた)ことをここに記してみようと思います。

guruplug_DSC_1586_245x184

いろいろな話題がある中で、ここにあげる最初のテーマは「熱暴走?再起動を防ぐためにeth0を
100Mbpsにする方法」と「無線LANアクセスポイントを暗号化する方法」の2つです。

[熱暴走?再起動を防ぐためにeth0を100Mbpsにする方法]

STEP1 %apt-get install ethtool

まずこれでひっかかった。「ありません」と怒られるたので、/etc/apt/sources.listを見直した

deb http://ftp.us.debian.org/debian/lenny/main contrib non-free

を入れて再度実行し、無事インストール完了。

STEP2 %vi /etc/network/interfaces

auto eth0
iface eth0 inet dhcp
pre-up /usr/sbin/ethtool -s eth0 autoneg on speed 100 duplex full

これで再起動してOKでした

[無線LANアクセスポイントを暗号化する方法]

GuruPlugを、3つあるインタフェースを活かして、ルータ兼DMZ供給のサーバマシンにすること
を考えていますが、まず無線LANアクセスポイント(uap0)が出荷時設定だと「セキュリティなし」
になっているので、暗号化しました。

今回設定した暗号化はWAP2+PSK+TKIPです

STEP1 %vi /root/init_setup.sh

/usr/bin/uaputl sys_cfg_ssid $SSID <=これはもとのコードにあった
/usr/bin/uaputl sys_cfg_protocol 32
/usr/bin/uaputl sys_cfg_wpa_passphrase パスコード(8文字以上の半角英数字)
/usr/bin/uaputl sys_cfg_cipher 4 4
/usr/bin/uaputl bss_start <=これももとのコードにあった

を入れればよいようです。

もちろんクライアント側のPC(PDAやSmartfon等)の設定もあわせないといけないです
これですんなりつながりました。

関連記事

GuruPlugPlusのwlan0モード設定をifupdownに集約してみた
SheevaPlug, GuruPlugPlusの電源回路を取り寄せてみた
GuruPlugの熱暴走対策と無線アクセスポイントの暗号化

以上です

(他プログ2010/06/10JST23:32からの移動記事です)